新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

革命に翻弄された波乱の王妃!マリー・アントワネットの生涯を辿る展覧会

フランス革命で断頭台の露と消えた悲劇の王妃、マリー・アントワネット。その謎につつまれた実像に迫る大規模な展覧会が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されています(~2017年2月26日まで)。ヴェルサイユ宮殿が監修した展覧会は、本展が初めてとなります。

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランと工房《フランス王妃マリー・アントワネット》〔1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館蔵〕(C)Château de Versailles(Dist.RMN-GP)/(C)Christophe Fouin

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランと工房《フランス王妃マリー・アントワネット》〔1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館蔵〕(C)Château de Versailles(Dist.RMN-GP)/(C)Christophe Fouin

マリー・アントワネットは毀誉褒貶あるきわめてドラマティックな生涯を送った女性として今も多くの人々の関心を寄せています。本展は、王妃にまつわる世界最大のコレクションを有するヴェルサイユ宮殿の企画・監修によって選ばれた美術品や資料などおよそ200点を通してその生涯を辿る、マリー・アントワネット展の集大成ともいえる展覧会です。

ウィリアム・ハミルトン《死刑に処されるマリー・アントワネット 1773年10月16日》〔1794年 ヴィジル・フランス革命美術館蔵〕(C)Coll. Musée de la Révolution française/Domain de Vizille

ウィリアム・ハミルトン《死刑に処されるマリー・アントワネット 1773年10月16日》〔1794年 ヴィジル・フランス革命美術館蔵〕(C)Coll. Musée de la Révolution française/Domain de Vizille

本展の見どころを、日本テレビ・イベント事業部の平野亜由子さんにうかがいました。

「今までにマリー・アントワネット展は何度か開かれていますが、ヴェルサイユ宮殿が監修したのは本展が日本で初めてです。
本展では、容貌を正確に捉えて王妃の信頼を得たエリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランの肖像画はじめ、王妃のために作られた最高級家具や食器、王妃が愛した日本の漆器などヴェルサイユ宮殿が吟味して選んだ品々を出品します。展示品から彼女の芸術的センスをうかがうことができます。

また、フランス革命期の資料を通して、フランス革命を深く理解でき、また王妃が辿った悲劇的な最期を視覚的に理解することがきます。

そして最大の見どころは、ヴェルサイユ宮殿の監修があったからこそ実現した宮殿内の王妃のプライベート空間「プチ・アパルトマン」(浴室、図書室、居室)の再現です。浴室と居室は当時のオリジナル家具などを用いて原寸大で再現、消失した図書室は当時の設計図をもとに最新デジタル技術を使い再現しました。王妃の日常を体感できるコーナーです。

マリー・アントワネットとはどんな女性だったのか、本展を通して新しいマリー・アントワネットを見出していただければ幸いです」

「ベルばら」に胸ときめかせた世代だけでなく、歴史好きには興味がつきない展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実】
■会期/2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)
■会場/森アーツセンターギャラリー
■住所/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1800(1600)円 高校・大学生1200(1000)円 小・中学生600(400)円 ( )内は15名以上の団体料金 ※障がい者手帳所持者と介助者1名は一般900円、高校・大学生600円、小・中学生300円
■開館時間/10時から20時まで、火曜日と10月27日(木)は17時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/会期中無休
■アクセス/東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口よりコンコースで直結、都営大江戸線六本木駅3出口より徒歩約4分、都営大江戸線麻布十番駅7出口より徒歩約5分、東京メトロ南北線麻布十番駅4出口より徒歩約8分

※展覧会公式サイトはこちら

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  2. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  3. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  4. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
  5. 国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義 大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四…
PAGE TOP