新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

革命に翻弄された波乱の王妃!マリー・アントワネットの生涯を辿る展覧会

フランス革命で断頭台の露と消えた悲劇の王妃、マリー・アントワネット。その謎につつまれた実像に迫る大規模な展覧会が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されています(~2017年2月26日まで)。ヴェルサイユ宮殿が監修した展覧会は、本展が初めてとなります。

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランと工房《フランス王妃マリー・アントワネット》〔1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館蔵〕(C)Château de Versailles(Dist.RMN-GP)/(C)Christophe Fouin

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランと工房《フランス王妃マリー・アントワネット》〔1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館蔵〕(C)Château de Versailles(Dist.RMN-GP)/(C)Christophe Fouin

マリー・アントワネットは毀誉褒貶あるきわめてドラマティックな生涯を送った女性として今も多くの人々の関心を寄せています。本展は、王妃にまつわる世界最大のコレクションを有するヴェルサイユ宮殿の企画・監修によって選ばれた美術品や資料などおよそ200点を通してその生涯を辿る、マリー・アントワネット展の集大成ともいえる展覧会です。

ウィリアム・ハミルトン《死刑に処されるマリー・アントワネット 1773年10月16日》〔1794年 ヴィジル・フランス革命美術館蔵〕(C)Coll. Musée de la Révolution française/Domain de Vizille

ウィリアム・ハミルトン《死刑に処されるマリー・アントワネット 1773年10月16日》〔1794年 ヴィジル・フランス革命美術館蔵〕(C)Coll. Musée de la Révolution française/Domain de Vizille

本展の見どころを、日本テレビ・イベント事業部の平野亜由子さんにうかがいました。

「今までにマリー・アントワネット展は何度か開かれていますが、ヴェルサイユ宮殿が監修したのは本展が日本で初めてです。
本展では、容貌を正確に捉えて王妃の信頼を得たエリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランの肖像画はじめ、王妃のために作られた最高級家具や食器、王妃が愛した日本の漆器などヴェルサイユ宮殿が吟味して選んだ品々を出品します。展示品から彼女の芸術的センスをうかがうことができます。

また、フランス革命期の資料を通して、フランス革命を深く理解でき、また王妃が辿った悲劇的な最期を視覚的に理解することがきます。

そして最大の見どころは、ヴェルサイユ宮殿の監修があったからこそ実現した宮殿内の王妃のプライベート空間「プチ・アパルトマン」(浴室、図書室、居室)の再現です。浴室と居室は当時のオリジナル家具などを用いて原寸大で再現、消失した図書室は当時の設計図をもとに最新デジタル技術を使い再現しました。王妃の日常を体感できるコーナーです。

マリー・アントワネットとはどんな女性だったのか、本展を通して新しいマリー・アントワネットを見出していただければ幸いです」

「ベルばら」に胸ときめかせた世代だけでなく、歴史好きには興味がつきない展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実】
■会期/2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)
■会場/森アーツセンターギャラリー
■住所/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1800(1600)円 高校・大学生1200(1000)円 小・中学生600(400)円 ( )内は15名以上の団体料金 ※障がい者手帳所持者と介助者1名は一般900円、高校・大学生600円、小・中学生300円
■開館時間/10時から20時まで、火曜日と10月27日(木)は17時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/会期中無休
■アクセス/東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口よりコンコースで直結、都営大江戸線六本木駅3出口より徒歩約4分、都営大江戸線麻布十番駅7出口より徒歩約5分、東京メトロ南北線麻布十番駅4出口より徒歩約8分

※展覧会公式サイトはこちら

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
  2. 死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃① 有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八…
  3. 唐獅子図屛風 狩野永徳筆 六曲一双のうち右隻 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 「紡ぐプロジェクト」が発信する日本美術の至宝展【美を紡ぐ 日本美…
  4. 国宝 《一遍聖絵》(巻2、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、通期(巻替あり)*この場面は前期(4/13~5/12)展示 国宝『一遍聖絵』が全巻一挙公開! 時宗を総合的に紹介する京都初の…
  5. グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年  ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館  (C)Belvedere,Vienna,Photo:Jonannes Stoll 東京で約30年ぶりに開催! 過去最多のクリムト作品が一堂に会す展…
PAGE TOP