新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

スタイルさまざま勢揃い!つい巡りたくなる「個性派の角打ち」名店5選

s_DSC_1476

撮影/ヤスクニ

酒飲みの聖地、「角打ち(かくうち)」。店内での立ち飲みが基本なので、そのイメージはある程度決まっているかもしれない。

しかし実際には、旧来のスタイルに縛られることなく進化を遂げている店も多い。

そこで今回は、角打ちの魅力を網羅した書籍『全国名物立ち飲み酒屋特選 男の聖地 角打ちに憩う』から、「個性派角打ち」に焦点を当てて、東西の名店を紹介していこう。

■1:MARU(東京・八丁堀)

マル

サルサやサンバがBGMとして流れるなか、メキシコ系ハーフ美女がオーダーをとり、酒や料理を運んでくれる。そんな、角打ちの常識を一掃したかのような店が「MARU」だ。

明治12年創業で地元からも親しまれてきた老舗の酒屋に、4代目にあたる現店主が新たな風を吹き込んだ店である。ワインと生ハムを楽しむもよし、月替わりのおすすめ日本酒とともに新鮮な刺身をつまむもよし、思い思いに利用できる。

【MARU】
住所:東京都中央区八丁堀3-22-10
電話:03-3551-4538
営業時間:16時半〜23時
土・日・祝定休

■2:モリタヤ酒店(東京・南千住)

森田屋

3代目の店主は、10年ほど前に日曜大工で倉庫を改装し、「角打モリタヤ」という専用の小部屋をつくってしまったという人物。
そこに山登り、自転車、バイク、ヨット、写真、酒など、自分の書身を全部詰め込んだというだけあって、店内は遊び心でいっぱいだ。

たとえ一見さんがひとりで訪れたとしても、抵抗なく溶け込めるような気軽さがあるのも魅力的だ。

【モリタヤ酒店】
住所:東京都荒川区南千住6-17-5
電話:03-3805-2805
営業時間:10時〜21時半(日祝〜21時)
不定休

■3:加島屋酒店(東京・神田須田町)

かしまや

加島屋酒店がある界隈は、かつての住居表示が「神田・連雀町」。明治から続く老舗の蕎麦屋、料亭などが点在する風情ある一角。池波正太郎が足した街としても知られている。

建て替えをしたため昔の面影こそないものの、創業80年の老舗である。池波正太郎のエッセイに周辺の風景が登場することもあり、文学ファンが集っては酒を酌み交わす。

バイキング形式で楽しめるつまみのうまさも、人気のひとつだ。

【加島屋酒店】
住所:東京都千代田区神田須田町1-15
電話:03-3251-2653
営業時間:17時〜21時半
日・祝定休

■4:ピアさんばし(神戸・和田岬)

ぴあさんばし

一風変わった店名の由来は、神戸港に突き出た和田岬に店があるから。そんなロケーションもあって、常連客の大半は造船関係、電気関係の大企業サラリーマンなのだそうだ。

3代目店主が大切にしているのはピア(桟橋)に接岸している客船のキャビンで立ち飲みしているようなイメージ。その心意気を盛り立てるように、若き4代目のキビキビと店内を動き回る。

【ピアさんばし】
住所:兵庫県神戸市兵庫区笠松通7-3-4
電話:078-671-2690
営業時間:16時半〜20時半(月・金)、〜21時(火・水・木)
土・日・祝定休

■5:森山酒店・ちょこっとBar(長崎市・賑町)

ちょこっと

「店のなかでお客さんにちょっとだけでも飲んでもらいたくて、バーに近い雰囲気の店をつくりました」と語るのは、3代目の店主。

「ちょこっと」は長崎弁で「ちょっと」の意味だそうだが、実際にはちょこっとでは帰りたくないほど魅力的だと常連客。
ワインボトルを利用したランプシェードの照明の下、ジャズのBGMをバックに語らえば、たしかに長居をしてしまいそうだ。

【森山酒店・ちょこっとBar】
住所:長崎県長崎市賑町3-9
電話:095-822-4772
営業時間:17時〜21時半
日・祝定休

以上、今回は書籍『男の聖地 角打ちに憩う』から、「個性派角打ち」の東西の名店を5軒ご紹介したが、いかがだろうか?

もしかしたら、角打ちの店にはオーナーの価値観や個性が反映されるのかもしれない。だからこそ、各店の魅力を存分に楽しみたいところだ。

文/印南敦史

【参考図書】
角打ちファン待望の必携書!
全国名物立ち飲み酒屋特選『男の聖地 角打ちに憩う』
(本体700円+税、小学館)

51ZeojRKDZL

昨今、「立ち飲み」「大衆酒場」など、安く気軽にお酒が飲める店が人気ですが、日本では、古くから”酒屋で立ち飲み”する「角打ち」という文化があります。一見すると普通の酒屋のため、その奥の世界はあまり知られていませんが、酒好き達が隠れ家のように集まり、夜ごと好きな酒を飲んでいる、ちょっとディープなその光景を店の紹介とともに伝えます。

昔ながらの正統派からバル風の新スタイルまで、全国54店舗を紹介。読めば必ず、あなたも行ってみたくなる、今までどこにもなかった本格角打ちガイドブックです。

詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  2. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
  3. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  4. 酒は本当に「百薬の長」なのか?医療専門家たちの回答が判明
  5. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
PAGE TOP