新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

圧倒的迫力でヨーロッパ絵画の歴史を一望!ロシアの至宝「大エルミタージュ美術館」展

取材・文/池田充枝

1712年から1914年のロシア革命まで、帝政ロシアの都として栄えたサンクトペテルブルク。この街でひときわ優雅で壮麗な姿を見せるのが、かのエルミタージュ美術館です。

エルミタージュ美術館の創立は1764年、エカテリーナ2世(在位1762-1796)がベルリンの実業家から取得した317点の美術品を親しい人々に見せるための場所として作られ、そこをフランス語の“エルミタージュ(隠れ家)”と呼んだことにはじまるといわれます。

同美術館は現在、エカテリーナ2世に続く歴代皇帝が威信をかけて収集した美術品に個人蒐集家のコレクションを加えた約310万点を所蔵しています。そのうち絵画は1万7000点に及びます。

ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》1530年頃 (C)The State Hermitage Museum,St Petersburg,2017-18

ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》1530年頃 (C)The State Hermitage Museum,St Petersburg,2017-18

エルミタージュ美術館の絵画のなかでとくに充実しているのが、16世紀ルネサンスから17~18世紀のバロック、ロココ時代の「オールドマスター」(昔日の、保証付きの、古典的な巨匠の意)たちの作品群で、ヨーロッパ絵画の主要な流派のほぼすべてを網羅しています。

このエルミタージュ美術館が誇るオールドマスターたちによる至高の絵画を観ることができる展覧会『大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち』が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開かれています。(~2017年6月18日まで)

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年(C)The State Hermitage Museum,St Petersburg,2017-18

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年(C)The State Hermitage Museum,St Petersburg,2017-18

本展では、エルミタージュ美術館の中核をなす16世紀ルネサンスから17~18世紀バロック、ロココの画家たちの名画85点を、6つの国・地域別に紹介します。見どころを、広報事務局にうかがいました。

「エカテリーナ2世が在位中に購入した絵画作品は約2500点ともいわれますが、本展には彼女が最初に入手したコレクションの中のフランス・ハルス《手袋を持つ男の肖像》はじめ、そのコレクションが数多く含まれています。彼女が強大な財力と絵画への深い理解に加え、国内外の目利きの助言を参考にしながら名作を収集したことによって、エルミタージュ美術館の礎を築いたことがよくわかります。

また本展では、ティツィアーノ、クラーナハ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラント、フラゴナール、ゲインズバラなど、美術史に燦然と輝く巨匠たちの名画が一堂に会します。連綿と続くヨーロッパ絵画の醍醐味が堪能できる、エルミタージュ美術館展の決定版です」

圧倒的な迫力でヨーロッパ絵画の歴史そのものが眼前に広がります。ぜひ足をお運びください。

【大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
■会期:2017年3月18日(土)~6月18日(日)
■会場:森アーツセンターギャラリー
■住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー52階
■電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
■展覧会公式サイト:http://www.hermitage2017.jp
■開館時間:10時~20時、火曜日は17時まで(ただし5月2日は20時まで)(いずれも入館は閉館30分前まで)
■休館日:5月15日(月)
■料金:一般1600(1400)円 大学生1300(1100)円 中高生800(600)円 ( )内は15名以上の団体料金(添乗員1名は無料)、障がい者手帳所持者と介護者1名は半額、小学生以下無料
■アクセス:東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口よりコンコースにて直結、都営地下鉄大江戸線六本木駅3出口より徒歩約4分、都営地下鉄大江戸線麻布十番駅7出口より徒歩約5分、東京メトロ南北線麻布十番駅4出口より徒歩約8分

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  2. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  3. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  4. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
  5. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
PAGE TOP