新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

「食欲がないけどなにか食べないと・・・」
これから暑さが本格化すると、食欲の落ちる日が増えてくる方もいるかと思います。
さっぱりメニューに活用したい食材が「レモン」。
爽やかな香りや酸味だけではなく、レモンに含まれるクエン酸には、暑さで疲弊した体力を回復する効果もあります。

また、ビタミンも豊富なため紫外線でダメージを受けた肌のサポートもしてくれます。
今回はレモン汁を活用したレシピを2品ご紹介します。
生のレモンがなくても、果汁で作れますのでぜひお試し下さい。

かいわれ入りレモン豚丼

かいわれ入りレモン豚丼

【材料】(1人分)

豚こま肉 80g
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
かいわれ大根 1パック
サラダ油 小さじ1
★レモン汁 小さじ2
★鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
★ごま油 小さじ2
いりごま 少々
ごはん 一膳

【作り方】

1.豚こま肉は食べやすい大きさに切り、酒・片栗粉を揉み込む。
2.★の調味料を混ぜておく。
3.かいわれ大根は根を落とす。
4.フライパンに油を熱し、1を中火で炒める。

フライパンに油を熱し、1を中火で炒める

5.火が通ったらかいわれ大根を入れ、1分ほど炒める。
6.★の調味料を入れ混ぜたら火を止め、いりごまを振る。
7.温かいご飯の上に乗せて、完成。

食欲が落ちやすい夏は、食べやすい丼タイプのメニューがおすすめです。
さっぱりレモンの風味や、かいわれのピリッと感がアクセントになり、こってりたれの豚丼と比べて食べやすくなっています。
豚肉は疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富で、不足しがちな栄養も補給できます。

食塩相当量:1.3g(牛丼チェーンの豚丼と比較し約70%減塩)
鮭のムニエルレモンバターソース

 

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【材料】(1人分)

鮭 1切れ
胡椒 少々
小麦粉 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
醤油 小さじ1
バター(有塩) 10g
レモン汁 小さじ1

【作り方】

1.鮭は水気を拭き取り、胡椒・片栗粉をまぶす。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、やや中火で鮭を両面焼いていく。

フライパンにオリーブオイルを熱し、やや中火で鮭を両面焼いていく。

3.火を止め、鮭をお皿に盛り、フライパンの油をさっと拭き取る。
4.醤油、バターを入れ弱火で加熱し、バターが溶けたら火を止める。
5.最後にレモン汁を加え、3の鮭にかけたら完成。

バターのコクとレモンのさっぱりとしたソースがやみつきになる一品です。
バターはあえて有塩のものを使うことで塩気を生かし、醤油の使用量を減らしています。
お皿に残ったソースは、パンにつけて食べたくなるほど。
今が旬のとうもろこしと合わせてもいいですね。

食塩相当量:1.2g(通常のムニエルと比較し約20%減塩)

* * *

レモンは食事だけではなく、スイーツ、飲み物にも活用できます。
はちみつレモンや砂糖漬けも簡単に作れるのでおすすめです。
酸味や香りで食欲増進・減塩効果を狙いましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポークソテーシャリアピンソース 【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化!…
  2. アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガス…
  3. ほたてフライ生姜タルタルソース 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のホタテの濃厚な旨味とプリプリ…
  4. ミニトマトの塩昆布和え 【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしく甘みたっぷりのミニト…
  5. 新じゃがとベーコンのオーブン焼き 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新じゃがを使ったアレンジポテトサ…
PAGE TOP