新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

「食欲がないけどなにか食べないと・・・」
これから暑さが本格化すると、食欲の落ちる日が増えてくる方もいるかと思います。
さっぱりメニューに活用したい食材が「レモン」。
爽やかな香りや酸味だけではなく、レモンに含まれるクエン酸には、暑さで疲弊した体力を回復する効果もあります。

また、ビタミンも豊富なため紫外線でダメージを受けた肌のサポートもしてくれます。
今回はレモン汁を活用したレシピを2品ご紹介します。
生のレモンがなくても、果汁で作れますのでぜひお試し下さい。

かいわれ入りレモン豚丼

かいわれ入りレモン豚丼

【材料】(1人分)

豚こま肉 80g
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
かいわれ大根 1パック
サラダ油 小さじ1
★レモン汁 小さじ2
★鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
★ごま油 小さじ2
いりごま 少々
ごはん 一膳

【作り方】

1.豚こま肉は食べやすい大きさに切り、酒・片栗粉を揉み込む。
2.★の調味料を混ぜておく。
3.かいわれ大根は根を落とす。
4.フライパンに油を熱し、1を中火で炒める。

フライパンに油を熱し、1を中火で炒める

5.火が通ったらかいわれ大根を入れ、1分ほど炒める。
6.★の調味料を入れ混ぜたら火を止め、いりごまを振る。
7.温かいご飯の上に乗せて、完成。

食欲が落ちやすい夏は、食べやすい丼タイプのメニューがおすすめです。
さっぱりレモンの風味や、かいわれのピリッと感がアクセントになり、こってりたれの豚丼と比べて食べやすくなっています。
豚肉は疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富で、不足しがちな栄養も補給できます。

食塩相当量:1.3g(牛丼チェーンの豚丼と比較し約70%減塩)
鮭のムニエルレモンバターソース

 

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【材料】(1人分)

鮭 1切れ
胡椒 少々
小麦粉 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
醤油 小さじ1
バター(有塩) 10g
レモン汁 小さじ1

【作り方】

1.鮭は水気を拭き取り、胡椒・片栗粉をまぶす。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、やや中火で鮭を両面焼いていく。

フライパンにオリーブオイルを熱し、やや中火で鮭を両面焼いていく。

3.火を止め、鮭をお皿に盛り、フライパンの油をさっと拭き取る。
4.醤油、バターを入れ弱火で加熱し、バターが溶けたら火を止める。
5.最後にレモン汁を加え、3の鮭にかけたら完成。

バターのコクとレモンのさっぱりとしたソースがやみつきになる一品です。
バターはあえて有塩のものを使うことで塩気を生かし、醤油の使用量を減らしています。
お皿に残ったソースは、パンにつけて食べたくなるほど。
今が旬のとうもろこしと合わせてもいいですね。

食塩相当量:1.2g(通常のムニエルと比較し約20%減塩)

* * *

レモンは食事だけではなく、スイーツ、飲み物にも活用できます。
はちみつレモンや砂糖漬けも簡単に作れるのでおすすめです。
酸味や香りで食欲増進・減塩効果を狙いましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ねっとり里芋の焼きコロッケ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かし…
  2. |秋の味覚の名脇役!すだちをつかった手作りポン酢レシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚の名脇役!すだちをつかっ…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬の秋鮭を使った減塩レシピ 「秋鮭の味噌マヨ七味焼き」「秋鮭と豆腐のふわふわつくね」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の秋鮭を味わう「秋鮭の味噌マヨ…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と…
PAGE TOP