繊細な人物だった伊達政宗

伊達政宗(1567~1636)は、「独眼竜」という勇猛な異名を与えられているいっぽうで、じつに繊細な人物でもあった。

政宗は、家臣らに「手を清める心がけを常に持つことが大事である」と言っている。
身の周りの世話をやく小姓たちが、手を洗わずに自分の髪に触れたりすることを政宗は非常に嫌った。
手洗いは清潔を保つと同時に、精神をリフレッシュするためのものととらえていたようだ。

健康の基本は規則正しい生活

規則正しい生活は健康の基本といえる。政宗の生活はまさにそうだった。時間を無駄にせず、政務、学問、趣味などの時間をきっちりと日課に割りふっていた。

昼寝をするときも適当に寝転がるのではなく、布団を敷き、きちんと夜着に着替えて寝た。

健康に気をつけていた点では、冬は薄着で過ごしたこともあげられる。
寒さに慣れることで抵抗力を増し、風邪などの病にかかりにくくなると知っていたのだろう。

文/内田和浩

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店