新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌」を作ろう!

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう!
春の訪れを感じる山菜、ふきのとう。
天然物は2月の下旬から出回り初め、4月頃まで店頭で見かける季節ものです。
ふきのとうはほのかな苦みが特徴で、天ぷらやおひたしとしてよく食べられています。

今回は苦みを生かしたふき味噌の作り方と、ふき味噌を使った減塩レシピをご紹介します。

ふき味噌の作り方

ふきみそ
【材料】(作りやすい分量)

ふきのとう 5~6個(80g)
味噌 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
砂糖 お好みで

【作り方】

1.ふきのとうはよく洗い、周りの汚れた葉と根元を落とす。
2.食べやすい大きさに裂き、30分水にさらしあく抜きをする。
※苦みを和らげたい場合は、沸騰したお湯で3~4分茹でて下さい。
3.味噌とみりんを合わせておく。

ふきみそ

4.2のふきのとうの水をよく切り、粗いみじん切りにする。
※切ったらすぐに炒めないと変色し、えぐみが出てしまうので注意して下さい。
5.フライパンに油を熱し、ふきのとうを手早く炒める。

ふきみそ

6.ある程度水気が飛んだら、3で合わせた調味料を加え、程よい固さまで練る。
※味見をして、お好みで砂糖を足して下さい。
7.あら熱が取れたら、清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存して下さい。冷蔵で1週間ほどが目安です。

市販で売られているふき味噌よりふきのとうを粗く刻み、苦みを生かしたレシピになっています。
苦みが苦手な方はよくあく抜きをし、味見をしながら砂糖を加えて下さい。
通常の作り方より味噌の量を減らしているので、作ったらなるべく早く食べきりましょう。

ご飯に乗せたり、温野菜やステーキにつけて食べるだけでも美味しいふき味噌ですが、今回は旬のさわらを使ったふき味噌焼きをご紹介します。

さわらのふき味噌焼き

さわらのふきみそ焼き

【材料】(1人分)

さわら 1切れ
酒 大さじ2
ふき味噌 20g

【作り方】

1.さわらは10分ほど酒に漬けておく。
2.さわらをグリルで焼き、火を通す。
3.一度取り出し、ふき味噌をのせる。

さわらのふきみそ焼き

4.味噌にほんのり焦げ目が付くまで、再度焼き完成

さわらは「鰆」という漢字の通り、関西では春が旬の魚です。脂がのっていて上品な白身は、味噌焼きや粕漬け焼きが合います。
最後にふき味噌を焼くことで香ばしさもプラスされ、春を感じる一品です。

食塩相当量:0.8g(さわらの西京焼きと比較し、約60%減塩)

* * *

ふきのとうの風味や苦みも、減塩に大切なポイントとなります。季節を感じながら、おいしく健康を目指しましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  2. さつま汁 【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差…
  3. 鶏だしチャプチェ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取…
  4. さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|…
  5. 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干…
PAGE TOP