新着記事

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

アスリートの結果を左右する「ポカン口」|口元をリラックスさせることでタイムアップに

文/藤原邦康アスリートが結果を出すには「ポカン口」が重要|口元をリラックスさせることでタイムアップに

体を柔軟に動かすために意識すべきなのは「ポカン口」

整顎の観点からアスリートにアドバイスするのは、体を柔軟に動かすために意識すべきなのは「ポカン口」を心がけること。顎関節の緊張が緩めば、頭部やアゴから前縦靭帯でつながる筋膜コネクションによってや脊椎から骨盤までが柔軟に連動しやすくなるからです。アゴの力が抜けるだけで背骨にムチのようなしなりが生まれ、動的な安定性が高まります。つまり、動作しながらでも体幹や骨盤の重心が定まり、背骨と下肢をつなぐ腰筋に柔軟性を保てるということ。左右の足の運びも均等になり動きやすくなります。腰筋はほとんどすべてのスポーツ競技において重要な役割を果たしますから、動きの中で体軸が定まります。例えば格闘技であれば突きや蹴りのスピードが出やすくなります。また、顎関節から筋膜で連結している内転筋もリラックスするため、股関節の可動性も高まりハイキックを出しやすくなるメリットもあります。口元が緩むだけで体に一体感が生まれるわけです。ポカン口をすれば大腰筋はリラックスし走る時に後ろに蹴りだしやすくなります。 内転筋もリラックスして開脚しやすくなります。

格闘家が戦いにおいて平常心でいるためにも口元は自然に緩んでいる必要があります。戦いながら適度にリラックスするというのは矛盾するようで難しい課題ですが、「達人」と呼ばれるレベルの武道家は微笑みを浮かべているイメージがしっくり来ますね。心理的に有利に立つという理由もありますが、咀嚼筋や表情筋が適度にほぐれていると体のキレやバランスが良くなるのです。

例えば、総合格闘技で最強と恐れられていたグレイシー一族を含む強豪外国人選手たちを次々と打ち破った全盛期の桜庭和志選手も試合中に時折笑みを浮かべていました。当時の桜庭選手の試合映像を見返すと、口元は適度に緩んでいて頭位が安定しています。しっかりと地に足がついていますが、上半身はリラックスしています。両腕を軽く揺らしながら突進して来る相手を迎え撃つ動作ではバランスの良さが伝わってきます。目まぐるしく変化する状況に合わせて、適時に口元をリラックスしたり引き締めたりすることが、剛柔併せ持つ強さにつながると言えます。

顎関節が緊張すると足の向きがバラバラになってしまう

これまで解説してきたサッカーや格闘技の他には、私はプロスキーヤーのコンディショニングをする機会があります。スラローム競技において、つま先の角度に左右差が生じるとタイムロスに直結します。左右で一方の腰筋群(大腰筋および小腰筋)の過緊張によるつま先の角度の偏りはスキーヤーにとっては死活問題。ところが、ストレスや競技前の緊張によって食いしばりが起こると、筋膜を介して大腿骨の外旋の左右差が増幅します。

アゴから背骨や腰筋群を経由して股関節につながる筋膜コネクションや食いしばりの悪癖によるつま先の向きのバラつきについては以前に解説したとおり。本来は両足が均等な角度を保っているべきですが、顎関節が緊張すると足の向きがバラバラになってしまいます。

裸足ではたった数ミリのつま先の開きの左右差が、スキー板の先端では数センチの差に増幅されます。足の角度に左右差があれば(利き足とは関係なく)左右どちらかにターンしづらいという問題が生じます。感覚的には「体はターンしているのに足先がついてこない」という状態で、大回りやコースアウトに直結しますからタイムトライアルでは不利ですね。

食いしばりによって増幅される左右に偏った腰筋の過緊張は、実はポカン口を意識することで防ぐことができます。口元がリラックスすると背骨をつなぐ前縦靱帯も適度に緩み、腰椎から股関節に伸びる左右の腰筋の筋のトーンが左右均等になって足の角度も均等に揃います。

文/藤原邦康
1970年静岡県浜松市生まれ。カリフォルニア州立大学卒業。米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック。一般社団法人日本整顎協会 理事。カイロプラクティック・オフィス オレア成城 院長。顎関節症に苦しむアゴ難民の救済活動に尽力。噛み合わせと瞬発力の観点からJリーガーや五輪選手などプロアスリートのコンディショニングを行なっている。格闘家や芸能人のクライアントも多数。著書に『自分で治す!顎関節症』(洋泉社)がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 睡眠不足はアゴが原因?|アゴと睡眠の深い関係 睡眠不足はアゴが原因?|アゴと睡眠の深い関係
  2. 東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。 【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むこ…
  3. W杯アルペンスキーヤーでNHK解説者の清澤恵美子さん 【キーパーソンに聞く|アルペンスキーヤー・清澤恵美子さん】「噛み…
  4. 顎関節モード切り替えで、身体機能をチェンジ|本能の影響を強く受ける顎関節 歯ぎしりは就寝時にストレスを感じると起こる|交感神経の影響を強く…
  5. インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係
PAGE TOP