新着記事

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

睡眠不足はアゴが原因?|アゴと睡眠の深い関係

文/藤原邦康

睡眠不足はアゴが原因?|アゴと睡眠の深い関係

平均睡眠時間が6時間未満の日本人の割合は20歳以上で39.5%

米国の研究機関、ランド研究所のレポートによると、睡眠負債は日本で15兆円に達すると試算されています。厚生労働省の国民健康・栄養調査(2015年)でも平均睡眠時間が6時間未満の日本人の割合は20歳以上で39.5%存在することが報告されており、実に40%近くの現代人が睡眠負債を抱えている事実が浮かび上がっています。「負債」と表現されるのは返済すべき睡眠が借金のように溜まっていくというニュアンスです。睡眠不足が続いて睡眠負債が累積していくと、命を縮め健康を崩しやすくなるとも考えられています。

米シカゴ大学による2014年の研究で、睡眠負債を抱えたマウスに癌細胞が増殖することが判明しました。乳癌については、東北大学の研究によって睡眠時間が平均6時間以下の場合は7時間以上の睡眠に比べてリスクが約1.6倍に及ぶことが判っています。

睡眠が十分でないと体調を崩しやすくなるだけではありません。寝不足では注意力が散漫になることは想像に難くありませんが、実際に集中力が落ちパフォーマンス低下を招くことが証明されています。米ペンシルバニア大学などの研究チームによる実験では、睡眠時間6時間を2週間続けると2日間徹夜したのと同等に脳機能が低下するとのことです。

睡眠負債の蓄積は認知症リスクにもつながることも指摘されています。アルツハイマー病の原因物質ともいわれるアミロイドβというたんぱく質が、不十分な睡眠では排出しきれずに脳に蓄積するためだと考えられています。

これらの事実を鑑みると、睡眠負債は長期に渡って体をむしばんでいくことは明白です。睡眠時間を削って活動することは短期的なメリットしか生まないことを実感しますね。何をおいてもまず、睡眠時間をしっかり確保することが健康で文化的な生活を送るためには欠かせないと言えます。もちろん、ひたすら長い惰眠をむさぼれば良いというわけではなく、睡眠の質も疲労回復効果を十分に得るうえでは重要です。

睡眠の質と大きく関わるのが、自律神経のバランス。つまり、交感神経と副交感神経の切り替えによって、緊張して集中すべきときとリラックスすべきときのタイミングを上手に取ることが大切です。そして、交感神経と副交感神経の均衡を保つうえで大きく関わるのが、脳神経支配によって本能的に基づく反射作用を起こす顎関節の機能です。顎関節はストレスや恐怖などの外的負担によって反射的に働くため、自律神経との関わりが深い「臓器」だと言えます。アゴと睡眠の深い関係性について解説していきましょう。

咳やくしゃみによってアゴや口周りには強いストレスがかかっている

「朝起きるとぐったりしています」「いくら寝ても、眠りが浅く疲れているんです」「寝床についても1時間以上は寝付けません…。」などの眠りに関するご相談を、歯ぎしり・食いしばり癖でお悩みの方から筆者はよく耳にします。

特に、花粉アレルギーが始まる春先には顎関節症の相談が増えます。咳やくしゃみによってアゴや口周りに継続的に強いストレスがかかっているからです。そして、花粉症でお悩みの方は総じて睡眠不足を訴えます。これは鼻炎や鼻づまりによる呼吸の浅さだけが原因ではありません。顎関節のこわばりが抜けず心身がリラックスしづらくなるのがもう一つの理由です。
また、年度替わりで新しい環境にストレスを感じやすい4~5月にかけては自律神経のバランスを崩し、食いしばり癖も生じやすくなります。これは、無意識に食いしばる動作によってβ(ベータ)エンドルフィンという神経伝達物質が脳内に分泌され、鎮痛効果や多幸感を得られやすくなる防御反応です。

ストレスを受けたとき、人は本能的に咀嚼筋が緊張させることで交感神経優位になります。もともと咬みつくことは攻撃であり、食いしばる動作は人間にも備わっている闘争(逃走)本能を呼び起こします。通常は、噛み続ければ心身が疲労し、徐々に口元が緩んで休息モードに切り替わっていきます。ところが、終始ストレスにさらされていたり前傾姿勢によって頸椎のこわばりが続いたりすると、それに耐えるために食いしばり続けるTCH(歯列接触癖)という悪習慣が生じてきます。TCHによる心身の影響や睡眠の質の低下について、次回さらに詳しくお話ししていきましょう。

文/藤原邦康
1970年静岡県浜松市生まれ。カリフォルニア州立大学卒業。米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック。一般社団法人日本整顎協会 理事。カイロプラクティック・オフィス オレア成城 院長。顎関節症に苦しむアゴ難民の救済活動に尽力。噛み合わせと瞬発力の観点からJリーガーや五輪選手などプロアスリートのコンディショニングを行なっている。格闘家や芸能人のクライアントも多数。著書に『自分で治す!顎関節症』(洋泉社)がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。 【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むこ…
  2. W杯アルペンスキーヤーでNHK解説者の清澤恵美子さん 【キーパーソンに聞く|アルペンスキーヤー・清澤恵美子さん】「噛み…
  3. ビジネスパーソンの健康意識と睡眠に関する調査|働く人の眠りを阻害する要因1位は「仕事の悩み」 就寝前の「スマホでニュース」は睡眠に影響なし!?|「仕事上の悩み…
  4. 顎関節モード切り替えで、身体機能をチェンジ|本能の影響を強く受ける顎関節 歯ぎしりは就寝時にストレスを感じると起こる|交感神経の影響を強く…
  5. アスリートが結果を出すには「ポカン口」が重要|口元をリラックスさせることでタイムアップに アスリートの結果を左右する「ポカン口」|口元をリラックスさせるこ…
PAGE TOP