新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

恐ろしい「糖尿病」を防ぎ悪化させない対策の基礎知識【予防医療の最前線】

文/中村康宏

糖尿病はどのようにして起こり、なぜ予防しなくてはいけないのでしょうか? 日常の診療において、医師から患者さんにこの答えを短時間で伝えるのは非常に難しいことです。

ただ実際に糖尿病になってしまうと、種々の合併症を誘発し、患者さんの日常生活は著しく損なわれます。それだけでなく、糖尿病になると寿命が約10年も短くなることが知られています(※1)

今回は、近年のライフスタイルの変化と高齢化社会の進展に伴って社会問題となりつつある「糖尿病」の恐ろしさと対策について、その基本を解説します。

■糖尿病の怖さの理由

糖尿病は遺伝や薬剤によって起こることもありますが、その90%は生活習慣が原因となる「2型糖尿病」と言われるものです(※2)。この場合、何かきっかけがあり糖尿病になるというよりも、日頃の生活習慣から徐々に血糖値が上昇し、糖尿病へと至るのです。

糖尿病になると病状は徐々に進み、目が見えなくなる、人工透析を強いられる、手足の細胞が死ぬため切断しなければならなくなる、といった生活が一変するような事態が起こります。自覚症状がないまま進行することが多いため、注意を怠ると手遅れとなることも多いというのが怖いところです(※3)

■糖尿病はこうして起きる

食事などで糖分を摂ると、インスリンやグルカゴンといったホルモンの働きによって血糖値がコントロールされます。このうち、すい臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げるようにさまざまな臓器に働きかけますが、インスリンが大量に必要な状態が続くと、すい臓が疲れてしまいインスリン分泌機能が低下するのです(インスリン分泌不全といいます)。

また、高血糖が持続した状態や、脂肪が蓄積された体の細胞は、細胞内伝達シグナルが障害され、インスリンが効きにくくなる(インスリン抵抗性といいます)。そうすると、さらに血糖値が下がらなくなり、高血糖な状態が持続されてしまうという悪循環に陥るのです。

このように、インスリンの効きが悪くなった、もしくはインスリン量が高血糖を改善するのに不十分な状態が組み合わさり、糖尿病が引き起こされます(※4, ※5)

糖尿病は日頃の悪い生活習慣の積み重ねによって起こり、重大な合併症を引き起こす。その過程は無症状のことが多くその重大性に気づかずに注意を怠ると生活が一変するような事態が生じる。

■糖尿病になるとどうなるか

糖尿病は「血管の病気」と考えられていて、その症状は全身に及びます(※6)

血管の内側は、血液が固まるのを防ぐ物質で覆われており、さらに血管の太さを調整する機能があって、それによって血液の固まりやすさや血管の広がり方を調整していることがわかっています。しかし、高血糖状態が続くと、これらの血管機能が低下してしまうこともわかっていて、血管を詰まりやすくしてしまうのです。

これが小さい血管で起こると、視力低下や腎臓の浄化能力低下、末梢神経の障害などを引き起こし、大きい血管で起こると動脈硬化を引き起こします(※1)。しかし、血管機能低下や動脈硬化の増悪に自覚症状はないため、糖尿病が重篤な合併症を引き起こすにも関わらず、患者の危機意識が低いことが糖尿病治療を難しくする要因の一つとなっています。

■糖尿病にならない/悪化させないための大原則

ヒトは、食後には血糖値が上がりますが、糖尿病予防・管理においてはこの血糖値の上昇を“緩やかにする”ことが重要です。

ここで重要な指標となるのがGI値です。血糖値上昇のスピードを指標にしたものであり、GI値が高ければ高いほど血糖があがりやすく、低ければ血糖の上昇は緩やかとなります(※7)。例えば、白米よりは玄米、うどんよりはそばの方がGI値は低くなります。これは、食物繊維やタンパク質などが多く含まれる食品と考えればわかりやすいでしょう。

■運動はインスリン抵抗性を改善させる

一方、人は運動をすることで、筋肉内に存在する糖分取り込み装置(GLUT)の働きが活発になり、血中から筋肉へと糖分を取り込み、血糖値を下げることになります。それだけでなく、筋肉における脂肪燃焼も促進されます。

それゆえ、運動による筋肉の役割は、血糖値を下げるだけでなく、中性脂肪が減少して、筋肉のインスリン抵抗性を改善させるのです。さらに、肝臓での中性脂肪蓄積を抑制し、肥満をも改善することで全身レベルでのインスリン抵抗性改善効果も期待できます(※8)

*  *  *

以上、今回は糖尿病について解説しました。ほとんどの糖尿病は生活習慣が元に起こるため、予防も生活習慣の改善が基本となります。しかし、糖尿病は無症状で経過が長い病気であるため、それが怖い病気なのです。予防しなくてはいけない、と気づきアクションを起こすまでに時間がかかってしまいがちです。

食事など、1日3度、毎日のことなので、急激に生活を切りかえるというのは難しいものです。1日の中で、白米を玄米に置き換えてみたり、野菜を一緒に摂ることでバランスをとるなど、小さい気配りを「始める」そして「続ける」ことが何より重要です。

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 転倒や寝たきりの原因に!サルコペニアとフレイルの違いと予防ポイン…
  2. 5分でわかる「高血圧」入門:血圧の仕組みから予防のポイントまで【…
  3. 無症状だけに気づきにくい「骨粗しょう症」3つの原因と予防対策の心…
  4. 医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の…
  5. 病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防…
PAGE TOP