新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

恐ろしい「糖尿病」を防ぎ悪化させない対策の基礎知識【予防医療の最前線】

文/中村康宏

糖尿病はどのようにして起こり、なぜ予防しなくてはいけないのでしょうか? 日常の診療において、医師から患者さんにこの答えを短時間で伝えるのは非常に難しいことです。

ただ実際に糖尿病になってしまうと、種々の合併症を誘発し、患者さんの日常生活は著しく損なわれます。それだけでなく、糖尿病になると寿命が約10年も短くなることが知られています(※1)

今回は、近年のライフスタイルの変化と高齢化社会の進展に伴って社会問題となりつつある「糖尿病」の恐ろしさと対策について、その基本を解説します。

■糖尿病の怖さの理由

糖尿病は遺伝や薬剤によって起こることもありますが、その90%は生活習慣が原因となる「2型糖尿病」と言われるものです(※2)。この場合、何かきっかけがあり糖尿病になるというよりも、日頃の生活習慣から徐々に血糖値が上昇し、糖尿病へと至るのです。

糖尿病になると病状は徐々に進み、目が見えなくなる、人工透析を強いられる、手足の細胞が死ぬため切断しなければならなくなる、といった生活が一変するような事態が起こります。自覚症状がないまま進行することが多いため、注意を怠ると手遅れとなることも多いというのが怖いところです(※3)

■糖尿病はこうして起きる

食事などで糖分を摂ると、インスリンやグルカゴンといったホルモンの働きによって血糖値がコントロールされます。このうち、すい臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げるようにさまざまな臓器に働きかけますが、インスリンが大量に必要な状態が続くと、すい臓が疲れてしまいインスリン分泌機能が低下するのです(インスリン分泌不全といいます)。

また、高血糖が持続した状態や、脂肪が蓄積された体の細胞は、細胞内伝達シグナルが障害され、インスリンが効きにくくなる(インスリン抵抗性といいます)。そうすると、さらに血糖値が下がらなくなり、高血糖な状態が持続されてしまうという悪循環に陥るのです。

このように、インスリンの効きが悪くなった、もしくはインスリン量が高血糖を改善するのに不十分な状態が組み合わさり、糖尿病が引き起こされます(※4, ※5)

糖尿病は日頃の悪い生活習慣の積み重ねによって起こり、重大な合併症を引き起こす。その過程は無症状のことが多くその重大性に気づかずに注意を怠ると生活が一変するような事態が生じる。

■糖尿病になるとどうなるか

糖尿病は「血管の病気」と考えられていて、その症状は全身に及びます(※6)

血管の内側は、血液が固まるのを防ぐ物質で覆われており、さらに血管の太さを調整する機能があって、それによって血液の固まりやすさや血管の広がり方を調整していることがわかっています。しかし、高血糖状態が続くと、これらの血管機能が低下してしまうこともわかっていて、血管を詰まりやすくしてしまうのです。

これが小さい血管で起こると、視力低下や腎臓の浄化能力低下、末梢神経の障害などを引き起こし、大きい血管で起こると動脈硬化を引き起こします(※1)。しかし、血管機能低下や動脈硬化の増悪に自覚症状はないため、糖尿病が重篤な合併症を引き起こすにも関わらず、患者の危機意識が低いことが糖尿病治療を難しくする要因の一つとなっています。

■糖尿病にならない/悪化させないための大原則

ヒトは、食後には血糖値が上がりますが、糖尿病予防・管理においてはこの血糖値の上昇を“緩やかにする”ことが重要です。

ここで重要な指標となるのがGI値です。血糖値上昇のスピードを指標にしたものであり、GI値が高ければ高いほど血糖があがりやすく、低ければ血糖の上昇は緩やかとなります(※7)。例えば、白米よりは玄米、うどんよりはそばの方がGI値は低くなります。これは、食物繊維やタンパク質などが多く含まれる食品と考えればわかりやすいでしょう。

■運動はインスリン抵抗性を改善させる

一方、人は運動をすることで、筋肉内に存在する糖分取り込み装置(GLUT)の働きが活発になり、血中から筋肉へと糖分を取り込み、血糖値を下げることになります。それだけでなく、筋肉における脂肪燃焼も促進されます。

それゆえ、運動による筋肉の役割は、血糖値を下げるだけでなく、中性脂肪が減少して、筋肉のインスリン抵抗性を改善させるのです。さらに、肝臓での中性脂肪蓄積を抑制し、肥満をも改善することで全身レベルでのインスリン抵抗性改善効果も期待できます(※8)

*  *  *

以上、今回は糖尿病について解説しました。ほとんどの糖尿病は生活習慣が元に起こるため、予防も生活習慣の改善が基本となります。しかし、糖尿病は無症状で経過が長い病気であるため、それが怖い病気なのです。予防しなくてはいけない、と気づきアクションを起こすまでに時間がかかってしまいがちです。

食事など、1日3度、毎日のことなので、急激に生活を切りかえるというのは難しいものです。1日の中で、白米を玄米に置き換えてみたり、野菜を一緒に摂ることでバランスをとるなど、小さい気配りを「始める」そして「続ける」ことが何より重要です。

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 水のガブ飲みはNGだった!? 医師が教える正しい熱中症対策のイロ…
  2. がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?
  3. 予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは…
  4. 異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは
  5. がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは
PAGE TOP