文・五本木基邦

8月下旬、新型コロナウイルスに感染した。第5波がピークを迎え、東京都の感染者が連日4000人を越えていた最中のことだ。感染者の約9割は50代以下と発表されていたが、私は61歳。雑誌『サライ』の嘱託編集のほか、書籍の企画編集やライター仕事を生業としており、散歩と自転車が趣味で、人ごみが嫌い。そんな“おじさん”が、新型コロナにかかり、寝込み、回復する(現在も回復途中)までの一部始終を紹介する。

1日目 始まりは発熱から

■体温 37.4℃

夕方、突然の発熱。
その日は在宅ワークで、少し根を詰めて仕事をしたから頭が重くなったのかと思ったが、ふと額に手を当てると妙に熱い。体温を測ってみると37.4℃あった。

このご時世である。「新型コロナか!?」と疑ってはみたものの、「ありえん。そんなはずはない」と打ち消す気持ちのほうがずっと強かった。

前週、前々週は『サライ』編集部に数日顔を出しただけだ。しかも雨天以外は自転車で通勤している。外食もしていない。感染経路の心当たりなどまったくなかった。

翌日がワクチンの第2回目接種の予定だったから、明日になって熱が下がっていれば受けた方がいいんじゃないか、とも考えた。やっと取れた予約である。発熱の基準は37.5℃だから、つまらん発熱でこの機会を逃したくなかった。

喉の痛みと咳が増しているのは気になったが、高熱ではないし食欲はある。味も匂いもわかる。どうしたものか、と小一時間迷ってから、知己の医師にメールした。

症状と経過を短く伝えるとともに「明日午後、ワクチン(ファイザー)の2回目接種の予定ですが、もし多少熱が下がった場合は受けてもかまわないのでしょうか? 今後高熱が出た場合はどう対応すればいいですか?」と、メールに書いた。

「もしコロナだったら、結構マズい状況なんじゃないの?」と、不安が募ったのだ。ちょうど第5波がピークを迎えたころで、軽症者は自宅療養である。東京都では自宅療養の患者が2万人を超えており、呼吸困難になって救急車を呼んでも、受け入れ先の病院がないケースが頻発していた。

メールを送った相手は、新型コロナ感染症への漢方治療を実践してきた渡辺賢治医師。この8月に刊行されたばかりの『漢方で感染症からカラダを守る!』(ブックマン社・刊)の著者で、日本の漢方医学の第一人者である。まったく幸いなことに、私は、この本の企画・構成でお手伝いをしていたのだ。

「感染しても無症状や軽症で止められるか否かは、体の中で猛烈なスピードで増殖するウイルスと、これを排除しようとする生体防御能との競争にかかっている」と、渡辺医師は強調していたから、もし新型コロナなら、一刻も早く治療を始めたかった。

夜、渡辺医師から「今は誰がなってもおかしくない状況です」で始まる返信があった。私の喉の痛みや頭痛は、デルタ株で多く見られる『上気道症状』らしい。

さらにメールには、ワクチン接種は見送った方がよく、その上でPCR検査を受けること、家族と動線を分けるようにというアドバイスと、明日には漢方薬を送ると記されていた。

先生の助言を実にありがたく、心強く思いつつも、「ワクチン接種はダメかぁ」と、がっかりした気持ちも大きかった。

2日目 味と匂いがわからない

■体温 最高37.8℃〜最低36.9℃ 酸素飽和度(SpO2) 97

午前中、渡辺医師から、新型コロナウイルス感染症に対して開発された『清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)』と、免疫力の底上げを図る生薬のカプセルがバイク便で届けられた。どちらも1週間分である。
家族(妻)の感染予防用として同じ生薬のカプセルと、感染が疑われる症状(発熱)が現れたときのための漢方薬も処方してもらった。

新型コロナウイルス感染症の治療のため、中国で開発された「清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)」。60分ほど煎じ、2〜3回に分けて服用する。

さっそく清肺排毒湯を煎じたところ、得もいわれぬ色の液体となった。熱いうちに飲むと、ショウガのような気配は感じたものの苦いのか甘いのか、ほぼ味がわからない。匂いもしなかった。新型コロナで特徴的な味覚・嗅覚障害が出てしまった。いちばんショックだったのがこのときだ。

煎じ薬は水が半量になるくらいまで煎じる。写真の「マイコン煎じ器」は以前から使っていたもの。自室で煎じることができて便利。

アマゾンで購入したパルスオキシメーターも到着。発熱とは関係なく、1週間ほど前に興味本意で注文したが在庫切れだったものが、タイミングよく届いたのだ。

この日以降、数時間ごとに体温と酸素飽和度(SpO2=パルスオキシメーターの数値)を測り、メモしておいて、朝夕メールで渡辺医師に報告することになった(冒頭の数値はそのメモから抜粋したものだ)。

枕元に体温計とパルスオキシメーターを置き、数時間おきに測定してメモしていた。この数値を朝晩2回、渡辺医師にメールした。

新型コロナが怖い理由のひとつに、何の前触れもなく肺炎が急激に悪化して呼吸困難を起こす点がある。その兆候をつかむには、パルスオキシメーターによる酸素飽和度の監視が必須となる。

アマゾンでポチッと注文したときは、まさかこんなことなるとは思いもしなかった。あのポチッは虫の知らせだったのだろうか。

明日は、PCR検査を受けて新型コロナか否かをはっきりさせようと思う。やはり陽性なのだろうか……。

頭痛、咳、倦怠感、記憶まで無くした…【『サライ』編集者の新型コロナウイルス闘病記】2につづく。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品