新着記事

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

【ビジネスの極意】こんなに違う!? 信頼関係がある職場・ない職場

映画のロケーションガイドブック

映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

日本一美味しい土鍋ご飯を味わえる、新潟・南魚沼の山間にたたずむ隠れ宿

【山本益博の「私のお気に入り」~第119回】  新潟・南魚沼の湯宿『里山十帖』 

里山十帖1;露天風呂_s

晴れた日の夜には天の川をはじめ、満天の星空が楽しめる『里山十帖』の露天風呂。

東京から上越新幹線に乗って越後湯沢駅で下車、そこから車で約20分ほどで、山間にたたずむ一軒の宿『里山十帖』へ着きます。宿の名前としては極めてユニークで、これだけではなかなか旅館のイメージが湧いてきませんが、この宿に宿泊する客の誰もが、「食・住・衣・農・環境・芸術・遊・癒・健康・集う」といったテーマで忘れがたい「十の物語」を体験できるという素敵な旅館です。

電柱が1本も見当たらない大自然に囲まれるようにして宿は立っています。部屋に案内された後、露天風呂に浸かっていると、都会の垢が瞬く間に落ちてゆきました。やさしい木の香りも漂ってきて、これこそ森林浴です。

里山十帖3;レセプション_s

華美な装飾を排した、じつに落ち着く内装。

ここから「十の物語」が始まります。

宿は古い木造家屋を改築した母屋と、新築の客室とで出来上がっており、太い梁を巡らしたフロントのある母屋は、とても趣きがあります。

里山十帖7;サロン_s

デザイン性に優れた椅子やテーブルが館内のあちこちに配されています。

設えられた家具はモダンなデザインのものばかりで、これらが温もりあふれる宿の内装と見事にマッチしています。現代作家によるアート作品も飾られていて、それらが洗練された空間をさらに引き立てています。

里山十帖11;夕食山菜_s

食膳に並ぶのは、ほとんどが野菜料理。素朴だが滋味深い山の幸を堪能できます。

食事は野菜中心の料理が供されます。今の季節は春から初夏にかけてということで、蕗の薹、しどけ、ぜんまいなどの「山菜」が満載の食膳でした。

里山十帖12;夕食御飯1_s

南魚沼の中でも最上級といわれる大沢地区のコシヒカリを使った宿自慢の炊きたてご飯。おかずがなくても箸がすすみます。

いうまでもありませんが、「南魚沼」は日本一の米どころです。南魚沼の中でも宿のある大沢地区は、とびきり上等なコシヒカリの生産地だそうです。

土鍋で炊き上げられたご飯の美味しさは、筆舌に尽くしがたいほどの味わいで、日本人にとって「美味しい御飯」が最高のご馳走であることを再認識させられました。この土鍋ご飯を味わうだけでも宿に来る価値はあります。

【里山十帖】
住所/新潟県南魚沼市大沢1209-6
電話/025-783-6777(予約受付時間11:30~20:00)
フロント営業時間/9 : 30~11 : 00、15 : 00~22 : 00
チェックイン /15 : 00、チェックアウト / 11 : 00

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  2. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  3. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  4. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
  5. 名店の味を継承!日本橋人形町『そよいち』のビーフかつれつ【山本益…
PAGE TOP