niku3

「焼酎・農業・美味豚」と並べると、何やら落語の三題噺めくが、これは鹿児島の西酒造が取り組んでいる循環型農業のテーマである。西酒造といえば「薩摩宝山」「富乃宝山」で知られる焼酎の蔵元だが、育苗ハウスや精米施設も持っており、深く農業と関わっている。そして良質な豚の育成も提案する。

蔵元が考える循環型農業とは、焼酎の原料である芋栽培の土作りから始まる。良き芋を栽培するためには良き土が必要。そのため黒豚を飼育し、その糞や尿から良き堆肥を作り、土に混ぜ込む。豚を飼育する際には、焼酎造りの過程で発生する焼酎粕を与える。焼酎粕を食べた豚はほろ酔いとなり、ストレスを溜めることなくおいしい肉を身につけるという。

「焼酎粕にはアミノ酸を含む発酵エキスと微量のアルコール成分が残っています。酸味による食欲増進、また液餌が豚の習性に合います」(西酒造・有馬健晃工場長) そして、その黒豚の糞尿を土に還元して、循環型農業が完成する。

niku2
循環型農業の概念図。焼酎粕は産業廃棄物扱いされるが、これを上手に飼料、肥料として使用することで、旨き焼酎、旨き豚肉を生み出す。契約農家との二人三脚の取り組みだ。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品