新着記事

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

今年の年越し蕎麦は自分で打つ|自宅で蕎麦打ち入門

秘伝「片浮かせ一本棒、丸延し」を指南

家庭で簡単にできる蕎麦の打ち方を紹介したい。蕎麦打ちの道具を揃える必要はない。家庭にある道具を活用し、気軽に試してみてほしい。今年の年越しには、あなたの手打ち蕎麦が、きっと周りの人を笑顔にしてくれることだろう。

「片浮かせ一本棒、丸延し」で打った手打ち蕎麦。美味しい蕎麦を作る秘訣は、この打ち方をマスターし、極上の蕎麦粉を使うことだ。

「片浮かせ一本棒、丸延し」で打った手打ち蕎麦。美味しい蕎麦を作る秘訣は、この打ち方をマスターし、極上の蕎麦粉を使うことだ。

これから紹介するのは、小菅孝泰さんの打ち方、「片浮かせ一本棒、丸延し」の技法だ。

麵棒の片側をわずかに浮かせて丸く延すことで、生地に必要以上の圧力を加えず、厚みを均一にする技法である。作業は覚えやすく、初めて蕎麦を打つ人でも失敗しにくい。

各地に伝わる「一本棒、丸延し」の打ち方をもとに、蕎麦研究家で日本蕎麦保存会会長の片山虎之介が考案した技法だ。

蕎麦打ちの工程を動画でじっくりご覧いただきたい。

『サライ』手打ち蕎麦の打ち方【片浮かせ一本棒、丸延し】

打った蕎麦の茹で方はこちらです。

『サライ』手打ち蕎麦の茹で方

 
●指導 小菅孝泰(こすげのりやす)さん(『蕎麦旬菜 こすげ』店主)
香り立つ蕎麦を作ることにかけては、当代随一の名手との呼び声が高い。日本蕎麦保存会会員。

香り立つ蕎麦を作ることにかけては、当代随一の名手との呼び声が高い。日本蕎麦保存会会員。

●蕎麦旬菜 こすげ
JR・長野電鉄長野駅から徒歩約4分。小路を入った奥まった場所にある隠れ家のような店。

JR・長野電鉄長野駅から徒歩約4分。小路を入った奥まった場所にある隠れ家のような店。

蕎麦旬菜 こすげ

長野市北石堂町1390-1 電話:026・219・2376

営業時間:11時30分~13時、17時30分~22時(最終注文21時) 定休日:月曜

香りの逸品メニュー「極み」1120円。新蕎麦は12月上旬から。奥は「旬野菜の天ぷら」1020円。右から時計回りに柿、椎茸、オクラ、ナス、ホンシメジ。

香りの逸品メニュー「極み」1120円。新蕎麦は12月上旬から。奥は「旬野菜の天ぷら」1020円。右から時計回りに柿、椎茸、オクラ、ナス、ホンシメジ。

※この記事は『サライ』2019年12月号の大特集『蕎麦は「手打ち」に極まる』より転載しました。本文中の年齢・肩書き等は掲載時のものです(取材・文・写真/片山虎之介)。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP