新着記事

木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】 生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】 生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】 夫婦の寝室、別への分かれ道は「結婚10年目」 リアルな夫婦の寝室事情|別室への分かれ道は「結婚10年目」 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠 タイトな靴 巻き爪、外反母趾・内反小趾、腰痛|「タイトな靴」による体への影響【快適に過ごせる靴との出会いvol.9】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

阿波しじら織半袖シャツ|伝統の織物で仕立てた着心地軽やかな夏のシャツ

阿波しじら織半袖シャツ

「阿波しじら織」は、干していた着物が雨に濡れて縮んだことに着目して作られたという。 経糸と緯糸の張力差によって生地に凹凸が生まれる。裾は短め。胸ポケット×1。

風通しがよく、肌にべとつかず涼しい着心地が持続する。これぞ「夏シャツ」といえる快適な逸品だ。

生地は徳島県の「阿波しじら織」である。明治の初めから続くこの織物は、県の伝統的特産品に指定されている。織り上がった布をいったん熱湯にくぐらせ、乾燥させることで、糸の張力差により表面に独特のシボ(凹凸)が生まれる。これが肌ざわりのよさの秘密。古くから夏の和装に使われてきた伝統の織物を『サライ』読者のために涼しげな半袖シャツに仕立てた。

袖を通すとサラサラの感触が心地よい。素肌に着けても張り付かず、動きも軽やか。濃紺に絣模様の縞柄がなんとも粋だ。夏の旅行や外出にぴったりの一着。チノパンやジーンズなどと合わせ、普段着のお洒落を愉しみたい。

阿波しじら織半袖シャツ

一見、素朴な紺のシャツだが、和風の柄がさりげなくお洒落。裾が短めなのでシャツを出してもスタイルが決まる。

【今日の逸品】
阿波しじら織半袖シャツ

『サライ』×ハニカム(日本)
10,260円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン
  2. リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー…
  3. 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠
  4. 招福 健康パートナー|手のひらで福の神が戯れ、健康と福運を願う
  5. オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポッ…
PAGE TOP