新着記事

ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】 えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング 手塚雄二・朝めし自慢1 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」 飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

阿波しじら織半袖シャツ|伝統の織物で仕立てた着心地軽やかな夏のシャツ

阿波しじら織半袖シャツ

「阿波しじら織」は、干していた着物が雨に濡れて縮んだことに着目して作られたという。 経糸と緯糸の張力差によって生地に凹凸が生まれる。裾は短め。胸ポケット×1。

風通しがよく、肌にべとつかず涼しい着心地が持続する。これぞ「夏シャツ」といえる快適な逸品だ。

生地は徳島県の「阿波しじら織」である。明治の初めから続くこの織物は、県の伝統的特産品に指定されている。織り上がった布をいったん熱湯にくぐらせ、乾燥させることで、糸の張力差により表面に独特のシボ(凹凸)が生まれる。これが肌ざわりのよさの秘密。古くから夏の和装に使われてきた伝統の織物を『サライ』読者のために涼しげな半袖シャツに仕立てた。

袖を通すとサラサラの感触が心地よい。素肌に着けても張り付かず、動きも軽やか。濃紺に絣模様の縞柄がなんとも粋だ。夏の旅行や外出にぴったりの一着。チノパンやジーンズなどと合わせ、普段着のお洒落を愉しみたい。

阿波しじら織半袖シャツ

一見、素朴な紺のシャツだが、和風の柄がさりげなくお洒落。裾が短めなのでシャツを出してもスタイルが決まる。

【今日の逸品】
阿波しじら織半袖シャツ

『サライ』×ハニカム(日本)
10,260円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場
  2. 楽々ドクターサンダル|足裏の形を記憶し究極の履き心地を実現
  3. ダチョウの毛バタキ|軽く払えば埃がきれいに取れる天然素材のハタキ…
  4. けやきの大きなめん鉢と箸|麺が食べやすい山中漆器の薄く軽いめん鉢…
  5. アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き
PAGE TOP