新着記事

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦(そば)

蕎麦屋を目利きする方法

また、ソバの産地が、いろいろ明記してある店も面白い。そこまで関心を持って仕事をしている店主なら、いろいろ研究しているはずで、旨い蕎麦を出してくれる可能性は大いにある。特に、そのソバ産地の中に「福井」とか「大野」「丸岡」「妙高」「こそば」などの名前がある場合は、アタリの可能性はさらに高くなる。

もうひとつ付け加えるならば、「てんもり」とか「鴨なんばん」など、蕎麦屋の定番メニューのほかに、「冷製、梅サラダそば」など、様々な創作メニューを並べてある店も、思い切って挑戦してみたい。食べてみて、もし失敗だったとしても、「おいしかったけれど、もっと味を薄くしたほうが私は好きです」などと、一言コメントしてあげたい。こういう意欲的な店なら、次に訪れたとき、欠点が改善されている可能性があるからだ。

蕎麦屋さんは、食べてみて、おいしくなくても、できるだけ苦言を呈して、また行ってみるようにしていただけるとうれしい。味に不満があったら、もうその店には行かないとなると、いつまでたってもおいしい蕎麦屋さんは育たない。店は客が、大切に育てていくものだと思う。

だから本当の目利の方法は、一度食べてみて、「遠慮なく苦言を呈してみる」ことではないだろうか。店側が不愉快そうな態度を見せたり、次に行ってみて改善された様子がなかったりしたら、もうそこには行かなければいい。たくさん苦言を呈して、それを参考に改善してくれる蕎麦屋さんを見分けることが、本来の目利というものではないだろうか。その後、何度も通うほどに、その店はあなたの好みの味の、美味しい蕎麦屋に成長してくれるに違いない。

文・写真/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)などがある。

ページ:

1 2

3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  2. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  3. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP