新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

近所の蕎麦屋こそ、いちばんの「名店」である。

19_dsc1008

どんなに美味しい蕎麦屋があったとしても、新幹線で行かなければならない遠い町にあるのでは、度々食べに行くというわけにはいかない。やはり一番多く通うのは、近所の蕎麦屋だ。味に多少納得がいかなくても、やっぱり蕎麦が食べたくなる。近所の蕎麦屋を自分好みの名店に仕立てる名案は、ないものだろうか・・と考えていた。

近所によく行く蕎麦屋がある。一週間に一度ぐらいは、ここで蕎麦を食べる。手打ちで、なかなか丁寧な蕎麦を打つ。しかし、まだまだもっと美味しくできる余地はある味だ。

けれども、いくら常連で顔見知りだとはいっても、自分の蕎麦の味に自信を持っている店主に、そうは言いにくい。僕はいつも、主人に頼んで大根おろしの薬味を多く付けてもらい、それを蕎麦つゆにたくさん入れて食べていた。こうするだけでも、蕎麦は、かなり美味しくなるのだ。

「お客さんは、大根おろしが好きですねえ」と、主人は大根おろしを小皿に盛り付けながら笑い、僕は「大好きなんですよ」と答えて、それを受け取っていた。

この店は、主人の仕事を、26歳になる息子が手伝っていた。ある日、蕎麦を食べ終わり、蕎麦湯を飲んでいると、主人が話しかけてきた。

「うちの息子がね、やっと店を継ぐ気になってくれたんですよ。蕎麦屋なんていやだって、ずっと言っていたんですけど、就職もなかなか難しい、こんなご時世ですしね」

「それは良かった。蕎麦屋さんは、みんなに必要とされている仕事ですし、やってみればきっと、この仕事に就いてよかったと思うようになりますよ」

「いや、そうならいいんですけどね。まあひとまず、ひと安心ってとこです」

ちょうどいい機会だと思って、僕はかねてから考えていた計画を、実行に移すことにした。「近所の蕎麦屋、大改造計画」である。

店の調理場に顔を突っ込み、息子に声をかけた。

「おめでとう、二代目。がんばってください」

息子は照れたような、少し困ったような笑顔で、「どうも」とだけ答えた。

大根おろしの好きな、へんな客は言う。

「二代目襲名のお祝いに、蕎麦を御馳走したいんだけど、今度の定休日に、つきあってくれませんか?」

息子は、ちょっと驚いた様子で、「え・・」と、僕を見た。

僕は続けて言う。

「いや、ときどき食べ歩きってやつをしていてね、割合近いところに、雑誌なんかで紹介されてる有名店があるんですよ。そこの店、まだ行ったことないんで、一度食べてみたいと思うんだけど、一緒にどうかなと思って」

息子は、「あ、いいですよ」と、半分仕方なしに答えた。

「よかった。それじゃ、今度の定休日、11時くらいに迎えにきていいですか?」

こんなふうにして僕は、半ば強引に、二代目を連れ出すことに成功したのである。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  5. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
PAGE TOP