新着記事

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦(そば)

桜が咲いたら京都で蕎麦を食べよう!

17_2

春が訪れて桜が咲くと、無性に京都の蕎麦が食べたくなる。以前、京都の、桜が満開の古刹近くの蕎麦屋で、この季節限定の「桜切り」を食べたことがある。そのときの感動が桜を見るたび、何年たっても蘇ってくるのだ。

「桜切り」とは簡単にいうと、桜の葉を練り込んだ「更科(さらしな)蕎麦」だ。更科蕎麦というのは、ソバの実の中心部分の粉だけを使って打った蕎麦のこと。良質の更科粉で打った更科蕎麦は、透明感のある白い色をしていて、蕎麦特有の香りは薄い。だから桜の葉とか、柚子など、香りや色に特徴のある食材を練り込んで打つと、その食材の風味を麺に、きれいに移すことができるのだ。

引戸も窓も開け放たれた蕎麦屋で、華やいだ春の風を頬に感じながら味わった桜切りは、上品な香りに心が洗われる思いがした。蕎麦粉を吟味し、丁寧に打たれた蕎麦なので、軽やかで歯切れの良い食感も心地よく、いかにも京都の春にふさわしいメニューだった。

桜切りを食べ終わると、蕎麦湯が運ばれてきた。湯桶と一緒に机に置かれた茶碗に蕎麦湯を注ぎ、一口飲んだ。すると蕎麦湯からも、豊かな桜の葉の香りが立ち上ってきたのだ。湯が熱いためか、その香りは先ほど味わった蕎麦切りよりむしろ、強いように感じられた。

なんと風雅な蕎麦だろうと、思わずため息が出たものだった。透き通る細い麺に、桜の香りを移してそれを愛でる。さらに蕎麦湯に残った余韻までも、余さず楽しむ。日本人の繊細な感性や、自然観のようなものが、この一枚の蕎麦から透けて見えるようだ。

聞けば、この店では、桜の移り香を大切にするため、桜切りは、普通の蕎麦とは別の釜を用意して茹でているとのことだった。つまり桜の香りのする蕎麦湯を供したいがために、料金のとれない蕎麦湯に余分な手間をかけているのだ。これぞ蕎麦屋の心意気というべきだろう。

京都の蕎麦屋の歴史は、東京と比べると格段に古く、蕎麦菓子でも有名な『本家 尾張屋』は、創業が寛正6年(1465)とのこと。創業当初は菓子司であり、いつから蕎麦を手がけたのかは、はっきりしないが、実に540年以上の歴史を有する店ということになる。歴史上、蕎麦切りが販売されるようになった当初は、蕎麦の専門店である蕎麦屋があったわけではなく、『本家 尾張屋』の例からもわかるように、菓子屋が商う商品であったといわれている。

現在、「蕎麦切り」の名前が確認できる最も古い記録は、長野県は木曽の常勝寺で発見された天正2年(1574)に書かれた文献。それよりもさらに古い歴史を持つ蕎麦屋が現存する京都は、日本蕎麦のルーツのひとつとして数えるに値する重要な地ということができるだろう。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  2. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  3. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  4. 水田玉雲堂の唐板 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田…
  5. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
PAGE TOP