新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

街場中華の本領!石神井公園『龍正軒』のレバ入りホイコーロ【大人の東京実用グルメ12】

文・写真/鈴木隆祐

B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値あるものだ。酸いも甘いも噛み分けたサライ世代にとって馴染み深い、タフにして美味な大衆の味を「実用グルメ」と再定義し、あらゆる方角から扱っていきたい。

*  *  *

石神井公園周辺は古くからの住宅街。西武池袋線の急行も止まる駅だが、駅前をちょっと行くと、すっかり町に溶け込んだ老舗の旨い物屋チラホラあって、とても居心地がいい。

なかでも中華の『龍正軒』はかなり住宅街に入ったエリアにある。いつだったか免許の更新で、石神井警察署に行こうとしなければ気づかないままだったろう。せっかくだから昼食を取れそうな店を付近で探すと、同店が浮上した。

日除けに朝顔など蔓草が植えられた独特の外観。早めの夕飯時に訪問したが、ひっきりなしの出前で、このスーパーカブも大活躍だった。

ご近所の方のブログを見ると、“警察御用達”などと書いてある。実際の免許更新は結局、車も止めやすい府中の試験場まで出向いたが、気になって後日訪ねてみて、いっぺんに了解した。本当に石神井署が目の前にある。いわゆる“太客”がいるのでやっていけるのだ。

壁一面のメニュー短冊を眺めて、また驚いた。焼魚やメンチカツなど和も洋も扱っている。警察の食堂代わりを果たしているのだから、メニューも多彩になるわけだ。

またもあれこれ目移りする。ことに滅多に他店にないメニューの「当店自慢ソース炒飯」は気になる。

壁いっぱいのメニューにワクワク。どれも酒肴によさげで、ホッピーが置いてあるのもうなずける。

そういう時は「とりあえずビール」だ。そして、条件反射の餃子も注文。でも、焼き上がるまで時間はかかるな…と思ったら、すかさず小皿もついてきた。これがマヨネーズで和えたベーコンやコーンなど具沢山のレタスサラダ。警官らの健康マネージメントも結果、仰せつかっている店なわけで、気働きが忠実やかだ。これがまたシャリシャリと歯触りもよく、しっかり目の味つけでビールが進む。

切り干し大根も入った、栄養満点のお通しサラダに警察職員への愛情を感じた。

餃子も期待以上に肉々しい。こうなると、もう2品は頼んで〆へと向かいたい。仕事仲間を誘っておいてよかった!

ほどよく焦げ目のついた、むっちり肉感もある餃子に店の実力が推し量れる。

チーズがこってり載ったチキン。まさかこんなメニューが中華屋で食べられるなんて…。

中華屋に来た以上、1品は中華であるべきだ。となると、サバ味噌やチーズチキン、つまり和か洋かで迷う。中華屋でやはりチーズは珍しい。そこで頼んでみると、想像通りのルックスだ。しかし、さほど脂っこさはなく、下味がどうも唐揚げっぽい。なんだかそれが中華屋的だ。

次いで回鍋肉(ホイコーロ)を注文。これが絶品だった。人参もピーマンもキクラゲも入っていて、甜麺醤は控えめで、おろしニンニクが効いている。

さらにアクセントを加えるのが豚肉と一緒に入ったレバー。これが味に一気に複雑さを加えるのだ。さり気なくご亭主に尋ねると、この店の開業前はかなり大店の本格中華で修業もされたようだ。

回鍋肉にレバも入っているのが珍しく、コクと芳ばしさを増していて旨さがいや増す。

ビールはかくして2本目を軽々クリアし、ホッピーに突入。だいぶ腹もくちくなってきたが、初志貫徹でソース炒飯も注文。

店側もプッシュする、これまた変化球のソース炒飯はかなりあっさりと、あまりソースを感じさせず、家庭でも再現したくなる味だ。

このメニュー、御徒町の「来集軒」という店の看板なのだが、そこよりソース味が感じられない。むろん関西のそばめしの濃厚さにはほど遠い。ほんのりとした甘みがナルトやハムなどの旨味を引き出して、あっさり優しくいただけた。

警察にそうしょっちゅう用はないし、あっては困るが、いずれ若い警官でごった返す昼時を狙って再訪してみよう。そんな“戦場”をどう捌くかも見てみたい。それだけ手際のよい、ホットな中華を食べさせる隠れた名店だ。

【今日の実用食堂】
『龍正軒』
■住所:住所:東京都練馬区石神井町7-9-7
■アクセス:西武池袋線石神井公園駅徒歩約10分
■営業時間:11:00~15:00 17:30~21:00
■定休日:不定休

【参考図書】
『東京実用食堂』
(鈴木隆祐・著、本体1300円+税、日本文芸社)
http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/pages/ISBN978-4-537-26157-8.html

ISBN978-4-537-26157-8

文・写真/鈴木隆祐
1966年生まれ。著述家。教育・ビジネスをフィールドに『名門中学 最高の授業』『全国創業者列伝』ほか著書多数。食べ歩きはライフワークで、『東京B級グルメ放浪記』『愛しの街場中華』『東京実用食堂』などの著書がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 昭和喫茶の懐かし洋食!新板橋『パーラーかなめ』のオムライス【大人…
  2. 藤井四段の出前で話題!千駄ヶ谷『みろく庵』は酒肴充実の名居酒屋だ…
  3. 懐かし洋食の濃やかな技が光る!浅草『とんかつ やまと』【大人の東…
  4. よろず屋的大衆食堂の鑑!要町『なみき食堂』の懐かしオムレツ【大人…
  5. 合わせて175歳超の音楽家夫婦が切り盛り!江古田『砂時計』は音大…
PAGE TOP