新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

藤井四段の出前で話題!千駄ヶ谷『みろく庵』は酒肴充実の名居酒屋だった【大人の東京実用グルメ14】

文・写真/鈴木隆祐

B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値あるものだ。酸いも甘いも噛み分けたサライ世代にとって馴染み深い、タフにして美味な大衆の味を「実用グルメ」と再定義し、あらゆる方角から扱っていきたい。

*  *  *

千駄ヶ谷の蕎麦屋『みろく庵』が話題になっている。将棋史を塗り替えた、破竹の29連勝の若き天才・藤井聡太四段がいつも出前を取るため、全国区で知られるようになったのだ。

ごく普通の町の蕎麦屋だが、一風変わっているのが定食なども出す、懐の深さを持っている点。そして、深夜1時まで営業という、辺りに飲食店が乏しい中、まるで駆け込み寺のような役割も果たしていることか。

駅前の好立地で、今年創業35年となる老舗だが、将棋会館が近いこともあり、棋士もよく訪れる。かつてはひふみんこと加藤一二三九段も直接来店し、渡辺明竜王は今もよく姿を見せるとか。

ぼくもその評判を聞き、遅ればせながら訪問した。

国立能楽堂などもあり、神宮球場も近いので、よく来る千駄ヶ谷だったが、灯台下暗しだった。

渡辺竜王のお気に入りは肉豆腐定食(味噌汁抜き)と里芋煮。丸山忠久九段はからあげ定食よく注文するらしいが、通常の3個入りをダブルで6個にすることから、この定食は別名『丸山定食』と呼ばれるのだとか。

訪れたのは、ちょうど加藤一二三九段の引退会見の取材を済ませた後だった。ちなみに加藤九段も、メニューも見ずに出前で『みろく庵』でのお気に入り「カキフライ」と「チキンカツ定食」を同時注文したところ、春を過ぎたのでカキフライはないと断られたエピソードを、テレビのバラエティで披露し、観客の笑いを誘っていた。

『みろく庵』は、藤井四段が出前で注文する定番メニュー「豚キムチうどん」食べたさの来客で、一挙に賑わうことになった。現にぼくが訪れた際も、客の7〜8割方は、熱々の鍋焼きで提供されるこの話題のメニューをハフハフと啜っており、女将も押し寄せる報道陣に嬉しい悲鳴を上げていた。

その光景を尻目にぼくと担当編集は、ひとまず大瓶ビールをもらう。そして、品書きのつまみの多さに息を呑み、3〜4品一気にオーダーした。

そして、びっくり。それらのいずれもがなかなか美味い! お薦めを訊いても、とっさに答えられないわけだ。

お袋の味系統に自信ありと見た。このつくね大根煮にはホルモンも入っており、その旨味があっさりの中にもコクを加えていた。これは老若の棋士たちを虜にするわけだ!

つくね大根煮(380円)、納豆天ぷら(380円)、鯨刺し(650円)、とどれも量もそこそこあり、お値打ちこの上ない。小鉢のお通しは薄味で炊いた冬瓜に酢味噌がかかった代物。そこに季節も感じた。

とりわけ唸ったのが手羽先にんにく焼き(380円)である。出てくるのに多少時間がかかったが、肉付きのよい手羽がこんがり芳ばしく、見事な色合いで焼き上がっている。味は薄からず濃からず、くどくない程度にニンニクの香りが肉の芯まで染み渡っている。

こんな逸品を町の蕎麦屋で食べられるとは…。というほど、パリッとした焼き上がりで、噛むほどに込み上げる下味の付け方がまた抜群だった。

こやつに添えられたカットレモンをちょいと絞る。すると、味がグンと引き締まる。七味もかけてみたが、ないほうがこの絶妙な味つけを堪能できる。

味つけのベースは唐揚げと一緒だろうが、よりヘルシーで、ビールを進める力は変わらない。私たちはあっという間に大瓶を干してしまい、日本酒は奈良の「嬉長」を置いているというので、そちらにすかさず移行した。

むろんこれも食べておかないと……と、途中で頼んだ豚キムチうどんはさして辛くなく、さらりと食べられた。

これだけ酒飲みのツボを心得た当てを用意されては、つい酒も進んでしまう。昼からの通し営業だし、居酒屋としても使える穴場の店である。

【今日の実用食堂】
『みろく庵』
■住所:東京都渋谷区千駄ケ谷4-19-14
■営業時間:11:30〜25:00
■定休日:年末年始

【参考図書】
『東京実用食堂』
(鈴木隆祐・著、本体1300円+税、日本文芸社)
http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/pages/ISBN978-4-537-26157-8.html

ISBN978-4-537-26157-8

文・写真/鈴木隆祐
1966年生まれ。著述家。教育・ビジネスをフィールドに『名門中学 最高の授業』『全国創業者列伝』ほか著書多数。食べ歩きはライフワークで、『東京B級グルメ放浪記』『愛しの街場中華』『東京実用食堂』などの著書がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 昭和喫茶の懐かし洋食!新板橋『パーラーかなめ』のオムライス【大人…
  2. 懐かし洋食の濃やかな技が光る!浅草『とんかつ やまと』【大人の東…
  3. 街場中華の本領!石神井公園『龍正軒』のレバ入りホイコーロ【大人の…
  4. よろず屋的大衆食堂の鑑!要町『なみき食堂』の懐かしオムレツ【大人…
  5. 合わせて175歳超の音楽家夫婦が切り盛り!江古田『砂時計』は音大…
PAGE TOP