新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

遠州綿紬ロールアップ作務衣|織姫さま所縁の遠州で伝統を守る綿紬の作務衣

遠州綿紬ロールアップ作務衣

浜松市の初生衣神社が祀るのは、七夕で有名な織姫さま。平安時代末期に「御衣」と呼ばれる織物の紬を織って、神に捧げていたのが織姫さまであるという言い伝えがある。そんな織姫さまに所縁のある遠州は、伝統織物「遠州綿紬」を代表に一大織物産地として発展した。この遠州綿紬を現代に伝える「ぬくもり工房」に『サライ』が別注をかけて作ったのがこのロールアップ作務衣だ。生地は雨だれ柄の遠州綿紬を使用し、軽い着心地で動きも軽やか。木綿の肌触りも心地よい。最大の特徴は袖と裾をまくってボタンで留められるというロールアップ機能だ。もともと作務衣とは、禅宗の僧侶が日常の雑事(作務)の折に着た作業着。裾や袖を固定できることは、その機能性に大きく貢献する。「遠州綿紬も時代に合わせた革新をめざしたことがありました。しかし、天然繊維の味わいが再評価されつつあることに着目し、昔ながらの織機ではた織りするという、伝統を守ることへの回帰を選んだのです」と語るのはぬくもり工房の大高茂明氏。

安価な海外製品が巷にあふれる時代に下した遠州綿紬の決意は、その価値をさらに高めることに成功した。

遠州綿紬ロールアップ作務衣

伝統的な作業着である作務衣に、ロールアップという現代的で機能的な味付けをしたのが本品。
モデル身長170cm 。Mサイズ着用。

【今日の逸品】
遠州綿紬ロールアップ作務衣

『サライ』×ぬくもり工房
27,000円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの…
  2. 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日…
  3. 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン
  4. リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー…
  5. 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠
PAGE TOP