新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

転車台のあるミニSL鉄道/やながわ希望の森公園「さくら1号」(福島県伊達市)【一度は乗りたい保存鉄道2】

文/杉﨑行恭 写真/坪内政美

廃線となった旅客線や森林鉄道などを一部の区間で復活し、車両を動態(走れる状態)で保存している鉄道を「保存鉄道」という。今ではなかなかお目にかかれない懐かしい車両が、いまも現役で走っているのだ。そしてもちろん、乗ることができる。

そんな男心をくすぐる全国の保存鉄道の中から、いくつか選んでご紹介しよう。あなたもこれらの鉄道へ乗りに、出かけてみませんか?

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』(平成24年6月刊)からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。写真は初出当時のものです。最新情報については公式サイトにてご確認ください。

■やながわ希望の森公園の蒸気機関車さくら1号(福島県伊達市)

桜の名所として知られる「やながわ希望の森公園」には、福島盆地を見おろす場所に2000本もの桜が植えられている。この公園西口( 阿武隈急行やながわ希望の森公園前駅に接続)と東口の間、約800mを結ぶのが「さくら1号」と名付けられた蒸気機関車だ。

桜の名所を進む「さくら1号」。それぞれオープンデッキを備えた3両固定編成の客車を従えて走る。東口駅に向かってが上り勾配なので、煙を吐くことが多い。

軌間は762mmの森林鉄道サイズだが、走るのは地元の福島県内にあって、今や国内唯一の蒸気機関車メーカー・協三工業製のBタンクが蒸気を噴き上げて活躍している。

開業した昭和62年(1987)年4月18日にちなみ、「B62-418」というプレートを掲げた蒸気機関車は、3両の客車を従え、山際の曲がりくねった線路を軽快に走る。

本物の蒸気機関車ならではの息遣いを感じさせるBタンク。運転席の丸窓がかわいい。遊覧用とはいえ、完成度は高い。

「さくら1号」は石炭と油の併用焚きで、時速約5kmで走る。伊達市になる合併前は、旧梁川町営の蒸気鉄道だった。

鉄道ファンにとって注目すべきことは、両端の駅に転車台があること。毎回、転回と機回し(機関車を客車先頭に連結すること)を見ることができる。

西口駅と東口駅にある転車台。機関士が下車しなくとも、自動的に転回。到着後の機回しは、あっという間に終わってしまう。

東日本大震災があった平成23年(2011)年も、3か月後の6月4日に運転を再開。煙とともに気を吐いた。風評被害で来園者の減少に悩むだけに、ぜひとも訪れたい本格派の軽便蒸気鉄道だ。

駅名看板はJR東日本風。車庫は西口駅にある。ちなみに阿武隈急行「やながわ希望の森公園前駅」は日本第5位の文字数が長い駅。

 

【施設情報】
『やながわ希望の森公園』
福島県伊達市梁川町字内山1
営業時間:入園自由
阿武隈急行やながわ希望の森公園前駅から徒歩約10分。
車の場合は東北中央自動車道国見ICから約20分。

【公式ページ】
http://www.date-shi.jp/2176

文/杉﨑行恭  写真/坪内政美

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。最新情報については各公式サイトでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 懐かしいローカル私鉄の風景/片上鉄道保存会(岡山県美咲町)【一度…
  2. 唯一の雨宮製SLが走る/丸瀬布森林公園の森林鉄道(北海道遠軽町)…
  3. 昔ながらの森林鉄道/魚梁瀬森林鉄道・馬路森林鉄道(高知県馬路村)…
  4. 国内最長の運転体験/ふるさと銀河線りくべつ鉄道(北海道陸別町)【…
PAGE TOP