「趣味は肉体改造」介護で気づいた大切なこと

──舞台は、稽古期間も含めると、2か月以上は作品に没頭し、公演が始まれば、毎日2時間以上出ずっぱりになります。体力と持久力が求められそうですが、舞台のために何かしていることはありますか?

特に行っていることはありません。私はここ数年、心身の鍛錬や肉体改造が趣味みたいなもので、常に何かをしており、体力も気力も十分にあります。ただ、若い頃と異なるのは、記憶力。昔は台本を見るとすぐに覚えられたのですが、今は自信が持てません。

今、舞台のために行っているのは、心を舞台の方向に添わせること。稽古に入る直前まで、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、前の仕事がなだれ込むなどして、忙しい毎日を過ごしていましたから、心は常に舞台に添わせるようにしていました。

──その「肉体改造」を始めたきっかけについて教えてください。

40歳の手前で始めた登山は体力づくりのきっかけでした。肉体との対話に目覚めたばかりで大きな契機となったのは、50代半ばに始まり、13年間続いた母の介護です。

──市毛さんのお母様は2004年と2005年に脳梗塞を発症し、一時は寝たきりも心配されたとか。2016年にお母様が100歳で亡くなるまで、介護は続いたと伺っています。

介護は孤独で社会から隔絶されたような気持ちになってしまいます。大好きな登山もできず、気持ちもどんどん内にこもってしまう。家の中で母と過ごし、思うように仕事もできず、使える時間も限られて落ち込んでいると体も柔軟性を失い、足の上に体が乗っていないような感覚になってしまうんですね。

あるとき、家の近くで「ボイストレーニング」という看板を発見。俳優の仕事にも役立ちますので、母がデイサービスに行っている間にレッスンを受けようと門を叩いたら、なんとカラオケ教室のようなところだったんです(笑)。歌を歌うつもりはないのに、「好きな歌を歌ってください」と言われて、とまどいながらも短い時間だし、とにかく声を鍛えようと続けることにしました。

声を出すということは、声帯のみならず全身の筋肉を使うことを実感し、筋トレでもしようと考えていたら、親しい友達が「筋トレを一人でやるよりは、ダンスがいいわよ」と誘ってくれたんです。特にそのつもりもなかったのですが、体験レッスンを受けました。「どうしようかな」と迷っていたら「今日なら入会金が無料です」と言われ、「それならば」と入会。実際に社交ダンスを始めると、筋肉を使い、体が鍛えられていくことがわかりました。

そんなあるとき、街で偶然出会った友人から、近所のマッサージサロンの存在を知ったのです。そこはその友人が、わざわざ遠方から通うほどなので、私も行ってみることに。

初回の施術で先生から「普通の人はもう少し楽な体で生きてますよ」と言われたんです。その頃の私の体はアンバランスな筋肉と、心身の疲労で悲鳴を上げていたようです。介護をしていると、自分のことはおろそかになってしまいますからね。母に食事を食べさせて、自分は食べ忘れていることもありましたから。先生はそんな私に「緊張したら緩める。使ったら休む。その両方が大切です」と教えてくれました。

そんな中で救いだったのは、母がどんな状況でも楽しいことを見つけて、毎日を楽しむ気持ちを持っていたこと。それで、私も前向きな気持ちになったんです。

それからは、ボイストレーニング、社交ダンス、マッサージのトライアングルを回るローテーションが確立し、体は年齢を重ねても変わっていくことがわかったのです。

──偶然に出会ったことを、柔軟に受け止め続けていることが肉体改造につながるとは! 市毛さんが多趣味であり、いつまでも若々しく元気な理由がわかりました。

心の在り方が大切なことは母から学びました。今、舞台に心を寄せて、すべてを集中させています。全国各地で公演をしますので、皆さまとどこかでお会いできたらうれしいです。

市毛良枝(いちげよしえ)
1950年静岡県生まれ。文学座附属演劇研究所、俳優小劇場養成所を経て、1971年ドラマ「冬の華」でデビューし、テレビドラマ、映画、舞台など幅広く活躍。登山、ヨガ、社交ダンスなど多彩な趣味で知られており、執筆や講演も多数。特定非営利活動法人 日本トレッキング協会理事・環境カウンセラーとしても活動中。著書に『山なんて嫌いだった』(山と渓谷社)『市毛良枝の里に発見伝~関東近郊の里山21コースを徹底ガイド』(講談社)がある。

●市毛良枝さんの舞台

ala Collectionシリーズ vol.13『百日紅(さるすべり)、午後四時』
出演:市毛良枝、陰山泰、福本伸一、朝倉伸二、岩橋道子、弘中麻紀、瓜生和成、
平体まひろ ほか。
作・演出:鈴木総
66歳の一美が、人生百年を前向きに生きるために、新たな一歩を踏み出すひと夏の物語。夏から秋への移ろいの中で、人の変わりゆく心と決意を、おかしく、愛おしく、繊細に描く笑いたっぷりの大人のホームドラマ。
【可児公演(岐阜県)】2022.9.26(月)〜10.2(日)可児市文化創造センターala・小劇場、【東京公演】2022.10.20(木)〜27(木)
吉祥寺シアターほか、各地にて上演。公式サイト https://www.kpac.or.jp/collection13/

衣装協力/Wild Lily

構成/前川亜紀 撮影/荻原大志

【行動力と決断力、95歳の母と海外旅行も決行! 母が残してくれた大切なこととは……後編に続きます】

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
5月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店