ボルドーを代表する5大シャトーのひとつ、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの2013年ラベル・デザインが発表

シャトー・ムートン・ロスチャイルド、といえば、ワイン愛好家で知らない人はいないでしょう。フランス・ボルドーを代表する5大シャトーのひとつで、シャガールやピカソなど、毎年、ラベルの絵に著名な画家を起用することでも知られています。年(ヴィンテージ)によって絵が異なるので、そのヴィンテージ・ラベルを収集する人や、自分の誕生年、あるいは子供や孫の誕生年のボトルを入手したがる人も多いのです。

画家

このシャトー・ムートン・ロスチャイルドの2013年のラベル・デザインが発表になりました。今回の画家は、1936年に韓国に生まれ、現在、日本で活躍しているリ・ウーファン氏。2000年の上海ビエンナーレでユネスコ賞、2001年のジャパン・プレミアム・インペリアーレなどを受賞し、パリのジュ・ド・ボーム美術館、ニューヨークの近代美術館などで作品が展示されています。

ワインラベル

ウーファン氏が手がけた2013年のラベルは、写真のように赤ワインを連想させる赤紫色の線描だけという、非常にシンプルで含蓄に富んだ個性的なもの。色のない余白の部分にも意味を感じさせる、哲学的な作品ともいえるでしょう。 

ワインを事前に試飲して絵を描いたというウーファン氏。2013年のフランス・ボルドー地方は、雨の多い春だったのに、夏は降水量が少なく、38℃もの最高気温を記録するなど不順な気候で、難しい年だったといいます。ですが、さすがに超一流のシャトー。丁寧な収穫、醸造を経て、最高の状態に仕上げられました。

その味わいは、渋みを感じさせないやわらかなタンニン、ブラックチェリーなど果実の香りを持ちながら、舌あたりも非常に滑らかです。通常は何年も寝かせないと飲めないイメージのある偉大なボルドーワインですが、これは今飲んでもとても美味しい。飲み疲れのない優しさは、ラベルの絵と共通するものがあるかも知れません。

ふつうは立派なフランス料理と合わせるのでしょうが、これなら和食にも寄り添ってくれそうです。

2013年に生まれたお子さんやお孫さんがいる方は、奮発して入手してみてはいかがでしょうか。

当主と画家

発表会には、ボルドーからオーナーファミリーのジュリアン・ド・ボーマルシェ・ド・ロスチャイルド氏も駆けつけました。

 

ワイン3本

シャトー・ムートン・ロスチャイルド 2013

750ml/5万5000円(本体価格)
問い合わせ先/エノテカ
電話番号/0120-81-3634(フリーダイヤル)
エノテカの公式サイトはこちら
※発売直後に品切れとなり、現在、4月入荷予定分のプレオーダーを受付中。

 

肉とワイン

ワインはもちろん、肉料理との相性がいいですが、機会があれば、和食に煮魚とも合わせてみたいですね。