サライ.jp

取材・文・撮影/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』最新号の特集は「朝めし」。一日を健やかに過ごすために必須のメニューを取材しているが、あわせて「朝めし自慢の宿」もたっぷり紹介している。

宿に1泊する場合、夕食は外の美味しい店で食べればいいし、それが旅の大きな楽しみでもあるが、朝食は宿で摂るしかない。だから宿選びでは、朝めしが選択の鍵を握る。

私自身は、仕事が不規則なこともあって、ふだんはなかなか朝めしを食べられない。でも泊まりがけの出張に行くと、夜更かしをしないせいか、布団に入るときから朝めしが楽しみになる。宿の朝めしが美味しければ、その日一日を幸せな気分で過ごせて、取材もうまく行くことが多いのだ。

5月30日に、京都駅八条口に開業する『ホテルヴィスキオ京都』は、そこに注力したホテルである。京都駅直結の『ホテルグランヴィア京都』の系列だが、グランヴィアが総合サービスの充実を目指すのと違い、ヴィスキオは「宿泊主体型」。観光こそが旅の主目的、という人にうってつけの形態だ。

5月30日に京都駅八条口に開業した『ホテルヴィスキオ京都』。JR京都駅八条口より徒歩約2分の好立地だ。

この『ホテルヴィスキオ京都』の最大の特徴は、朝食の充実。ブッフェスタイルで、毎朝100種類以上の料理が並ぶ。

朝食会場となるレストラン「ヴィスキオガーデン」。朝食は7時~10時(最終入店9時30分)。184席(個室あり)。

ステーキやベーコン、ソーセージは目の前で焼きたてが供される。肉の焼ける香ばしい匂いが、朝の胃袋を目覚めさせてくれる。

ヴィスキオの名物になりそうなフォワグラバーガー。大きめの饅頭ほどのサイズ。フォワグラの旨みと柚子ジャムがよく合い、デザートにもなりそうだ。

定番のジュースにもひと工夫。トマト&レモン、キウイ&ピーチなど、複数の素材を組み合わせて独自の味を作りだしている。トマト&レモンはトマトジュースの苦手な方にもオススメ。

白いご飯は、茶碗を置いてボタンを押すと給仕される。味気ないように見えるが、ジャーと違ってフタの開閉をしないので、炊きたての品質が保たれる。極めて合理的なのだ。京丹波産のコシヒカリにもち米を1割混ぜ、粒立ちとしっとり感を両立。玄米も選べる。

レストランをプロデュースしたのは、JR西日本ホテルズ総料理長の佐藤伸二さん(62歳)。

「京都市内ではホテルの開業ラッシュが続きます。その中で抜きん出るにはどうしたらよいか。部屋の広さや寝心地では、なかなか明確に差がつくものではありません。ならば、朝食で圧倒するしかない、と」

佐藤さんは三重県生まれの大阪育ち。子どもの頃に食べたコロッケやハンバーグに憧れ、洋食の道へ。堂島浜の『クラブ関西』でフレンチのあらゆる仕事を修業したのが、今日の糧になったという。フランス料理における長年にわたる功績から、フランス共和国農事功労章シュヴァリエを受章している。

写真はヴィスキオガーデンシェフの八橋さん。ミディアムレアのステーキは柔らかく旨みもたっぷり。「お肉は美味しく食べていただけるよう、下ごしらえに工夫を凝らしています」(佐藤さん)。

そんな佐藤さん肝いりの朝食は、地元京都の素材とフレンチの出会いが面白い。グラタンを生麩、里芋、西京味噌でアレンジしたり、フォワグラのテリーヌに京都水尾の柚子ジャムを合わせたり。酒処・伏見の酒粕を生かしたかす汁には、ラーメンを入れて楽しむ趣向もある。

ベシャメルソースに西京味噌をブレンド。具に生麩と里芋を使ったグラタン。京の食材とフレンチの出会いが楽しい。

もちろん京都ならではのおばんざいやだし茶漬けもあり、毎朝供されるメニューは和洋あわせて100種類以上。

鰹だしでいただく「だし茶漬け」の具材が9種類。中央のちりめん山椒は京都名物だ。

「数が多すぎるとも言われるんですが、連泊するお客さまも大勢いらっしゃいます。何泊しても毎朝、新しい発見をしていただき、新鮮な気持ちでお出かけいただきたいのです」(佐藤さん)

驚くべきは朝食の値段で、大人ひとり2000円(税別)。宿泊しない、朝食のみの利用もできる。

朝食ブッフェより、洋食の盛り付け例。パンは14種類で全粒粉を使ったものもあり、健康に留意する人にも嬉しい品揃え。

明日の朝はヴィスキオで朝食だから、今晩は軽めにしてさっさと風呂入って寝よう――そんなことさえ思わせる、充実の朝めしである。

モデレートツインの部屋(21.5㎡)。ベッドはシモンズ社製で、寝心地は『ホテルグランヴィア京都』と同等。バスとトイレは完全に独立している。

ヴィスキオは3B(ベッド、バス、ブレックファスト)の充実を目指す宿泊主体型ホテル。その一翼を担う大浴場があり、25時まで利用できる。男湯にはドライサウナ、女湯にはミストサウナを備える。

ホテルヴィスキオ京都●アクセス:JR京都駅八条口より徒歩約2分。室料:モデレートダブル/モデレートツイン3万5000円(21.5㎡)~。チェックイン15時、チェックアウト11時。全423室。公式サイト https://www.hotelvischio-kyoto.jp/

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア