新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

花の森四十八滝野草花園|野花が織りなす「花の絨毯」を撮る【とっておきの花景色】(岐阜県)

再リサイズD11-005482-2

群生するクリンソウを撮影した市川さんの作品( 45mmシフトレンズ使用、絞り:f20、シャッター速度: 1/4秒)。

四季折々の花に彩られた日本の風景を撮り続ける写真家・市川 傳(いちかわ・つたえ)さん。花の名所から穴場まで知り尽くす市川さんに、これからの季節に見ごろを迎える花景色の中から、とっておきのスポットを案内してもらいます。

風景撮影のちょっとした技やコツも紹介しますので、カメラを片手に訪ねてみてはいかがでしょうか。

初夏から盛夏まで一面に広がる花々の群生

「花の森四十八滝野草花園」は、岐阜県高山市から飛騨古川方面へ向かう途中にあります。宇津江四十八滝という12の滝が連なる渓谷に隣接してつくられた園地です。広さは約3万5000㎡、自然の地形を生かし、白樺や楢、杉などの森林と植栽される花々の群生を楽しむことができます。

5月下旬~6月中旬にかけてはクリンソウ(九輪草)、6月中旬からはササユリ、7月上旬からはアジサイと、初夏から盛夏にかけて、花の群生が広がります。中でもクリンソウは約15万本という圧倒的な数。園内の遊歩道を歩きながら色鮮やかな花の絨毯を堪能することができます。

クリンソウは、北海道から本州、四国の山間部に分布するサクラソウ科の多年草で、渓谷などの湿り気のある環境を好みます。花径は2cmほどで花の色は濃い紅紫色が一般的ですが、ときにピンクや白なども見られます。草丈は大きなもので90cmほどにもなり、サクラソウ科の中でもっとも大型な部類になります。仏塔の頂上部に付く装飾・九輪に似ていることから、この名があります。

リサイズ/クリンソウアップ

色鮮やかな花を咲かせるクリンソウを接写(180mmマクロレンズ使用、絞り:f7.1、シャッター速度:1/80秒)。写真/市川 傳

高い位置から狙って花の奥行きを出す

撮影日を選ぶならば、雲ひとつない日差しの強い晴天は避けましょう。花の色をしっかり際立たせるために、雲を待ちながら光が均一に当たるように、3時間ほど粘って撮ったのが、全景の写真です。もちろん人物も入れないようにしました。花の奥行きを出すコツは、ちょっと高い位置から撮影できる場所を探すことです。

ただし、あまり高いアングルにしてしまうと、花と花との空間が目につき、密集度が薄れてしまいます。群生という最大の特徴を画面にうまく納めるためには、アングルに気を配り撮影することが大切です。

また、群生する草花を撮影する際は、花のアップもおさえておきましょう。花そのものも大いに魅力的です。この園地には広い遊歩道があって三脚の使用も可能ですが、花見客の通行の妨げにならないように撮影する気遣いをお忘れなく。

花の森四十八滝野草花園
住所/岐阜県高山市国府町宇津江3232-1
開園/5月下旬~8月初旬、9時~16時
入園料/300円(清掃協力金)
アクセス/JR高山駅から車で国道41号を経由し約30分。
問い合わせ/宇津江四十八滝総合案内所TEL0577-72-3948

市川 傳(いちかわ・つたえ)
1945年、東京生まれ。ヨーロッパアルプス登山を機に写真の道に入り、東京写真専門学校卒業後、建築写真を主に撮影しながら、風景写真を学ぶ。北海道から沖縄の自然を四季にわたり撮影し、カレンダー、雑誌等に写真を提供。ライフワークとして、桜・城・花のある風景を撮り続ける。公益社団法人 日本写真家協会会員。

文/関屋淳子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴…
  3. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
  4. 雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮…
  5. 鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】
PAGE TOP