新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

清流のなかの梅花藻(バイカモ)を撮る/醒井の地蔵川(滋賀県米原市)【とっておきの花景色】

清流とバイカモ 撮影/市川 傳 24~105mmズームレンズ・絞り f10 ・ シャッター 1/8

清流とバイカモ 撮影/市川 傳(24~105mmズームレンズ・絞り f10 ・ シャッター 1/8)

滋賀県米原市の醒井(さめがい)は、中山道第61番目の宿場町として栄えた地です。古代から交通の要衝であり、豊富な湧き水があったことで知られています。

記紀にも登場する加茂神社の湧水「居醒の清水(いさめのしみず)」は現在もこんこんと湧き続け、環境省の『平成の名水百選』にも選ばれています。この清水を源流とする地蔵川に沿って、今も落ち着いた宿場町の風情が遺されています。

地蔵川には、滋賀県と岐阜県にしか棲息しないという「ハリヨ」という貴重な淡水魚が泳ぎ、キンポウゲ科の「バイカモ」(梅花藻)が水の流れの間から小さな花をのぞかせています。

水温は年間を通しても平均14度ほど。バイカモは冷たい流れのある川で群生する水草で、春から秋にかけて白梅に似た花を咲かせます。見頃は7月中旬~8月で、地蔵川では、今年は最盛期の7月23日(土)~8月7日(日)の夜7時30分から1時間、ライトアップが行われます。

バイカモの撮影は、地蔵川に架かる小さな橋の上からと、清水を利用するために設けられた川に続く階段から行います。時間帯は10時~12時頃がベストです。光線もちょうどよく、川の水量も少ないような気がします。水量が多くなるとバイカモが水の中に沈んでしまいますし、さらに水の中で反射してしまい、撮りづらくなります。ですので大雨が降った翌日などは避けたほうがいいでしょう。

川の中にポンポンと群落があるので、ちょうど撮影しやすい群落を選びます。場所柄、あまりローアングルで撮影ができないので難しいのですが、水の流れも緩やかなのでシャッタースピードも普通で撮影しています。

花のアップ 撮影/市川 傳(180mmマクロレンズ ・ 絞り f3.5 ・ シャッター 1/200)

花のアップ 撮影/市川 傳(180mmマクロレンズ ・ 絞り f3.5 ・ シャッター 1/200)

花のアップの写真は、百日紅の赤い花びらがちょうど水面に漂い、いいアクセントになりました。偶然の産物ですが、粘って撮影をしているとこのようなシャッターチャンスも巡ってくるものです。

醒井は、宿場町の名残りをとどめるように、宿場をきりもりした施設「問屋場」が昔のままの姿で残りますし、川で西瓜を冷やす地元の方々の姿もあります。そんな長閑な風景も写真に収めてみてはいかがでしょうか。

醒井宿
滋賀県米原市醒井
交通:JR醒ヶ井駅から徒歩約5分
問い合わせ:米原観光協会 電話0749-58-2227

市川 傳(いちかわ・つたえ)
1945年、東京生まれ。ヨーロッパアルプス登山を機に写真の道に入り、東京写真専門学校卒業後、建築写真を主に撮影しながら、風景写真を学ぶ。北海道から沖縄の自然を四季にわたり撮影し、カレンダー、雑誌等に写真を提供。ライフワークとして、桜・城・花のある風景を撮り続ける。公益社団法人 日本写真家協会会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴…
  3. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
  4. 雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮…
  5. 鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】
PAGE TOP