新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

清流のなかの梅花藻(バイカモ)を撮る/醒井の地蔵川(滋賀県米原市)【とっておきの花景色】

清流とバイカモ 撮影/市川 傳 24~105mmズームレンズ・絞り f10 ・ シャッター 1/8

清流とバイカモ 撮影/市川 傳(24~105mmズームレンズ・絞り f10 ・ シャッター 1/8)

滋賀県米原市の醒井(さめがい)は、中山道第61番目の宿場町として栄えた地です。古代から交通の要衝であり、豊富な湧き水があったことで知られています。

記紀にも登場する加茂神社の湧水「居醒の清水(いさめのしみず)」は現在もこんこんと湧き続け、環境省の『平成の名水百選』にも選ばれています。この清水を源流とする地蔵川に沿って、今も落ち着いた宿場町の風情が遺されています。

地蔵川には、滋賀県と岐阜県にしか棲息しないという「ハリヨ」という貴重な淡水魚が泳ぎ、キンポウゲ科の「バイカモ」(梅花藻)が水の流れの間から小さな花をのぞかせています。

水温は年間を通しても平均14度ほど。バイカモは冷たい流れのある川で群生する水草で、春から秋にかけて白梅に似た花を咲かせます。見頃は7月中旬~8月で、地蔵川では、今年は最盛期の7月23日(土)~8月7日(日)の夜7時30分から1時間、ライトアップが行われます。

バイカモの撮影は、地蔵川に架かる小さな橋の上からと、清水を利用するために設けられた川に続く階段から行います。時間帯は10時~12時頃がベストです。光線もちょうどよく、川の水量も少ないような気がします。水量が多くなるとバイカモが水の中に沈んでしまいますし、さらに水の中で反射してしまい、撮りづらくなります。ですので大雨が降った翌日などは避けたほうがいいでしょう。

川の中にポンポンと群落があるので、ちょうど撮影しやすい群落を選びます。場所柄、あまりローアングルで撮影ができないので難しいのですが、水の流れも緩やかなのでシャッタースピードも普通で撮影しています。

花のアップ 撮影/市川 傳(180mmマクロレンズ ・ 絞り f3.5 ・ シャッター 1/200)

花のアップ 撮影/市川 傳(180mmマクロレンズ ・ 絞り f3.5 ・ シャッター 1/200)

花のアップの写真は、百日紅の赤い花びらがちょうど水面に漂い、いいアクセントになりました。偶然の産物ですが、粘って撮影をしているとこのようなシャッターチャンスも巡ってくるものです。

醒井は、宿場町の名残りをとどめるように、宿場をきりもりした施設「問屋場」が昔のままの姿で残りますし、川で西瓜を冷やす地元の方々の姿もあります。そんな長閑な風景も写真に収めてみてはいかがでしょうか。

醒井宿
滋賀県米原市醒井
交通:JR醒ヶ井駅から徒歩約5分
問い合わせ:米原観光協会 電話0749-58-2227

市川 傳(いちかわ・つたえ)
1945年、東京生まれ。ヨーロッパアルプス登山を機に写真の道に入り、東京写真専門学校卒業後、建築写真を主に撮影しながら、風景写真を学ぶ。北海道から沖縄の自然を四季にわたり撮影し、カレンダー、雑誌等に写真を提供。ライフワークとして、桜・城・花のある風景を撮り続ける。公益社団法人 日本写真家協会会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
  2. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  3. 満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴…
  4. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
  5. 雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮…
PAGE TOP