新着記事

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

夜空を埋め尽くす世界一の4尺玉!新潟・小千谷市片貝の『浅原神社秋季例大祭奉納大煙火』【花火を撮りに行く】

撮影メモ: 40mmレンズ 絞りf11 バルブ撮影。

40mmレンズ 絞りf11 バルブ撮影(撮影:市川 傳)

談/市川 傳(写真家)

越後三大花火大会のひとつが、片貝の花火大会です。柏崎が海の花火、長岡が川の花火、そしてこの片貝は山の花火と呼ばれています。

花火の打ち上げ場所の後ろが屏風状の小高い山になっていることから、音が反響して地響きのような炸裂音を楽しむことができます。

「奉納大煙火」の名の通り、個人や企業が奉納する花火で、子供の誕生祝や結婚祝い、社業発展など、様々な想いが込められ、打ち上げ毎に、コメントが披露されます。地元や新潟県内はもちろん、全国各地から花火を奉納する人が年々増えています。

秋季例大祭ですので、毎年9月9日と10日と日程が決まっています。2日間での打ち上げ予定数は1万5000発。有料の桟敷席のほかに、片貝小学校グランドや神社周辺などで楽しむことができます。

この花火大会の目玉は、ギネスブックにも登録されている世界一の4尺玉。玉の直径は約120cm、重さは約420kg。打ち上げ時の開花直径は800mにもなります。

この4尺玉は、9日・10日の午後10時に打ち上げられるので、この花火の撮影は両日でも2回のみ。まさに一発勝負です。私の写真も、片貝に5~6年通い、何とか納得できる撮影ができた1枚です。

撮影は、浅原神社の東側方向から行います。早めに現地へ行き、三脚を立てて場所を確保。昼に3尺玉が上がりますので、それで予行演習をします。大玉はスターマインや連発花火が打ちあがる場所とは違いますので、この時に打ち上がる方向などをある程度確認し、夜に備えます。

本番の撮影では、花火が打ち上がってから開くまでの間、シャッターを開き、花火が開いた瞬間にシャッターを閉じます。

どのような花火なのか、その内容は事前にわかりますので、あらかじめ調べておくことも重要です。今年は9日が「昇天銀竜黄金すだれ小割浮模様」、10日が「昇天銀竜黄金千輪二段咲き」。例年ですと「4尺玉打ち上げです」のアナウンスの後、高く高く打ちあがり、空を埋め尽くすように広がり、そして大歓声があがります。

4尺玉ともなると、煙や多少の雨では全く影響がありませんので、その大迫力を存分に楽しみ、撮影に挑戦してみてください。ただし、画額に収めるのは大変難しい花火です。

【浅原神社秋季例大祭奉納大煙火】
■日時:平成28年9月9日(金)、10日(土)19時30分~22時20分 雨天決行
■打ち上げ場所:小千谷市片貝町
■交通:JR上越線小千谷駅から越後交通バス長岡駅行きで約20分、片貝一之町下車、徒歩約10分
■問い合わせ:片貝町煙火協会 電話:0258-84-3900

写真・談/市川 傳(つたえ)
1945年東京都生まれ。ヨーロッパアルプス登山を機に写真の道に入り、東京写真専門学校卒業後、建築写真を主として撮影しながら、風景写真を学ぶ。北海道から沖縄の自然を四季にわたり撮影し、カレンダー、雑誌等に写真を提供。ライフワークとして、桜・城・花のある風景を撮影。公益社団法人 日本写真家協会会員

取材・文/関屋淳子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 写真家・長濱治が撮影したアナログレコードのような味わいを持つ ブ…
  2. 《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》 1850年代初期 ガラス、鉄、真鍮、木  東京都写真美術館蔵 幕末から明治の日本の姿を伝える貴重な写真の歴史【日本初期写真史 …
  3. コンデジでも星の軌跡を表現した撮影ができる(本書69pより) カメラ初心者でも夜空の星を撮影できる! 星空写真の写しかた
  4. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  5. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
PAGE TOP