新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

今年の夏休みはどのように過ごすか、もう決められましたか? 株式会社エイチ・アイ・エスが夏休み(2019年7月13日~9月30日)の予約状況から、2019年の海外への旅行動向をまとめました。
今年のゴールデンウィークは、10連休の効果により過去最高の出国者数となり話題になりましたが、日並びの良さはこれから迎えるお盆も負けてはいません。お盆は最大9連休になることから、人気出発日上位は軒並みお盆出発がランクインしています。
2019年はどの都市が人気なのでしょうか、早速見ていきましょう。

■話題のハワイが今年もやっぱり1位

今年の海外旅行人気ランキングは下記のような結果が出てきました。
<海外旅行人気ランキング>

海外旅行ランキング

調査日:2019年6月18日、調査対象:H.I.S.の海外ツアー・航空券、対象出発日:2019年7月13日~9月30日(前年同日比) ※自由旅行とは、航空券のみ又は航空券とホテルなどの手配を組み合わせた予約のこと ※パッケージツアーとは、H.I.S.が主催し募集をかけた、旅の素材をパッケージした商品のこと。

 2019年も自由旅行、パッケージツアー、総合予約の全部門においてホノルルが堂々の1位となりました。ANAが5月24日より、世界最大の旅客機A380を成田-ホノルル線に就航させたことも影響し、夏季スケジュール日本発着ホノルル線の座席供給量が前年比+5.6万席 (注1)と大きく増加したことも人気を後押ししています。
(注1):ANA総合研究所「2019年度夏季スケジュール国際線航空輸送座席供給量」より

そのほか、地政学リスクや減便などが続き、去年は4位と渡航者が減少していたグアムですが、今年は前年を上回る予約があり、需要回復が見受けられます。
総合5位に入ったシンガポールは、今春公開の劇場版「名探偵コナン~紺青の拳」とタイアップした公式ツアー人気で、ランキングを押し上げました。20~30代の女性が牽引しており、現地で走らせている映画の舞台を巡る「コナンラッピングバス」は満席が続き、急遽2台目が投入されることになったそうです。

■注目株がいっぱい! 夏休み予約急上昇ランキング

続いて、前年に比べて、大きく人気を伸ばしている注目の都市を要因とともに、ご紹介します。

海外旅行ランキング

海外旅行ランキング

<1位>前年比約3倍、イスタンブール(トルコ)!

地政学リスクにより観光需要の減少していたトルコは近年回復し、昨年の伸び率3位(前年比254%)に続き、今年は1位になりました。トルコへの外国人旅行者数は、現地通貨の下落や治安改善により2018年は過去最高の3,948万人に達しており(注2)、世界中からの観光客の来訪により、イスタンブールのホテル稼働率は欧州方面の中でも好調です。
(注2):トルコ文化観光省より

<2位>ウラジオストク(ロシア)

極東ロシアのウラジオストクは、日本から直行便で約2時間半、時差1時間と、「日本に一番近いヨーロッパ」として、今女性を中心に人気を集めています。通常、ビザの取得が必要となるロシアですが、ウラジオストクはインターネット経由で取得が可能な電子ビザで入国することができるので、渡航手続きの容易さが人気を押し上げた大きな要因と考えられます。
治安も良く可愛いカフェが多く、新しい女子旅のトレンドになっています。

<3位>ヤンゴン(ミャンマー)

今年9月末までビザが緩和されているミャンマーがランクインしました。昨年10月より1年限定で試験的に緩和したことにより、ミャンマーへの日本人渡航者数は24%増加しました。(注3)
世界三大仏教遺跡のひとつパガン遺跡は、今年、世界遺産に登録の勧告がされており、決定した際にはますます注目度が上がることでしょう。
(注3):ミャンマー観光連盟2019年1月~4月の渡航者数より

<4位>西安(中国)

中国西北地方最大の都市でシルクロードの出発地点でもある西安がランクインしました。「長安」として1,000年以上栄えた歴史を持つ都市を体感できます。近年、漫画や映画でも公開された秦の始皇帝にゆかりの地でもあり、40~50代男性からの予約が多い傾向です。
また、7月1日より、関空-西安線が週3便で、静岡-西安線が週4便で新規就航することから、各地域から行きやすくなったことも背景にあると考えられます。

<5位>バルセロナ(スペイン)

バルセロナがランクインしました。ガウディの没後100年の節目となる2026年にはサグラダファミリア大聖堂が完成する予定です。現在2つのファサードが出来ていますが、完成後は正面も変わり、今とは外見がかなり違ったものに感じられそうです。

***

働き方改革、有休取得の義務化により、以前に比べて企業で働く方たちのお休みは取りやすい環境になりつつあるようです。また、今年は増税前最後の夏休みということも海外旅行の決定に影響しているのかもしれません。海外へ行くことにしても、家でくつろぐにしても、どちらにしても有意義な夏時間が過ごせるといいですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 雪見風呂が恋しい季節!「雪見露天風呂が楽しめる人気温泉宿ランキン…
PAGE TOP