新着記事

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

青の色と光の洪水の中で聴く音楽|ステンドグラス作家ガブリエル・ロワールが作った平和の象徴、青の教会(ベルリン)

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)

静かに佇んでいるだけで、音楽が聞こえてきそうな場所。ここでご紹介する青の教会は、そんな音楽的な場所の一つ。

教会の中に入り、木のベンチに腰を下ろし、青い光と静けさに包まれると、森や海などの大自然の中に身を置いた時のような、不思議な心地がする。

カイザー・フリードリッヒ記念教会の新館

青の教会は、カイザー・フリードリッヒ記念教会の新館として、1961年に完成した福音主義の教会で、20世紀を代表するフランス人ステンドグラス作家であるガブリエル・ロワール(1904–1996)によりシャルトルで製作された21334枚のステンドグラスが使われている。
ロワールは、日本にも縁があり、箱根の森美術館の“幸せをよぶシンフォニー彫刻”、鬼怒川金谷ホテルエントラスの“天女の舞”、宮城学院女子大学の礼拝堂、カトリック神戸中央教会のステンドグラスは彼の作品だ。

ロワールの青いステンドグラス

伝統的な教会のステンドグラスは、文字の読み書きができない人にキリスト教の教えを伝えたり、光や色彩の美しさによって宗教的・神秘的な経験を増すために作られたというが、シャルトル大聖堂の青にインスピレーションを得たという、ロワールの青いステンドグラスには、具象的な物語はない。

よく見るとステンドグラスは青一色ではなく、黄色や赤、緑などの色が配されている。凪の海のようにも、満月の夜のようにも見え、その時々によって異なる顔を見せてくれる。

パイプオルガンや聖歌隊による音楽礼拝

静かな時間帯の、落ち着いた教会の中で内省的な時間を過ごすのも素敵だが、土曜の夜には、5000本のパイプを持つパイプオルガンや聖歌隊による音楽礼拝が開催されている。また、クラシックのみでなく、ジャズのコンサートも定期的に開催されているので、HPで確認を。

青の色と光の洪水の中で聴く音楽は、コンサートホールで聴くのとは異なる感動を与えてくれる。聴くというよりは、五感で感じに行く、経験しに行くという感じ。コンテンポラリーアートの街、ベルリンらしい経験だ。

入場無料(寄付)。誰でも入れるが、観光客に人気のため、30分くらい前には入場することをお勧めする。

カイザーウェルヘルム記念教会

カイザーウェルヘルム記念教会はもともと、ドイツの初代皇帝、ヴィルヘルム一世を讃えるために19世紀に建てられたネオロマネスク建築の教会で、ベルリン・シャルロッテンブルグ地域の中では最も高い113mの尖塔を持っていた。

教会は、1943年のベルリン空襲により半壊、戦後もしばらくそのまま放置されていた。ベルリン市民の希望により、戦争を忘れないために半壊したままの旧教会を残し、隣に新しい教会を建造することになり、1960年に完成した新館が、青い教会だ。

修復された旧館のエントラスのモザイク。

修復された旧館のエントラスのモザイク。

1900年の旧教会 (C)wikipedia

1900年の旧教会 (C)wikipedia

平和の象徴であるこの教会の周りでは毎年クリスマスマーケットが開かれるが、2016年にトラックが突っ込み12人死亡、50人が重軽傷を負うというテロが起こった。現場には犠牲になった人々の名前が刻まれ、今も花や蝋燭が捧げられている。

今も花や蝋燭が捧げられている

【アクセス】
Bahnhof Berlin Zoologischer Garten (ベルリン動物園駅)の目の前。

[Evangelische Kaiser-Wilhelm-Gedächtnis-Kirchengemeinde Berlin]

Lietzenburger Straße 39, 10789 Berlin
+49 30 218 5023
info@gedaechtniskirche-berlin.de
https://gedaechtniskirche-berlin.de/
開業時間:
教会:毎日:9:00〜19:00
メモリアルホール:月〜土:10〜18:00 日12〜17:30
 礼拝:日曜日の10:00 及び18:00
音楽礼拝:土曜日 18:00

文・写真/宮本 薫(海外書き人クラブ/ベルリン在住ライター)
2001年から2016年までモロッコ、マラケシュ在住、2016年からドイツ・ベルリン在住。著書:「モロッコのバラ色の街 マラケシュへ」「彩りの街をめぐる旅 モロッコへ」共にイカロス出版。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。 一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方…
  2. 圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。 料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シュ…
  3. ビオで栽培されたブドウ。農薬や化学肥料を使わず、下草を生やすことで生物多様性を守る。 オーガニック栽培で造る新しいドイツワイン|ビオワインの中心地、ド…
  4. ガラスのカーテンウォールで覆われた校舎はバウハウスの象徴ともいえる建物。 創立100周年を迎えた「バウハウス」とは何か?|ドイツ・モダン建…
  5. ケルン 列車で巡る「ドイツ」と「イギリス」の穴場観光地5選
PAGE TOP