新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバードのキリスト像」はどうやって作られた!?

●電車とエレベーターを乗り継いでそれから登るキリスト像

海抜710mにそびえ立つポルトガル語で「クリスト・へデントール」と呼ばれるキリスト像は、山を一つ登るようなくらい高い所にあるため、まず専用の登山電車で登ります。途中、ゲストハウスや学校もあり何駅か停まるので、ローカルっぽさがあってほのぼのします。

コルコバードの丘を緩やかに登る赤い電車

コルコバードの丘を緩やかに登る赤い電車

緩やかな斜面を登りきった後には険しい山肌に設置されたエレベーターに乗り継ぎます。このエレベーターを降りると雲の中に入ったようにいきなり温度が下がるので、観光の際は羽織るものを用意した方が良いでしょう。

険しい斜面にあるエレベーターの入り口

険しい斜面にあるエレベーターの入り口

●コルコバード観光は午前中に済ませるべき

最後に、このコルコバードのキリスト像は東に向かって建っているので、陽が正午を過ぎると像の後ろに入ってしまい、せっかく写真を撮っても逆光になってしまいます。そのため地元のカリオカ(リオデジャネイロっ子)達は必ず「コルコバードは朝に行くべき」と合言葉のように言います。せっかくの神々しいキリストを拝むなら、光に照らされたベストショットをおさめたいですものね。キリスト像はもちろんのこと、コルコバードの丘の上から眺める青いグァナバラ湾とリオの町並み岩山がそびえ立つパノラマの景観は、2012年に世界遺産にも登録されており、壮大な眺めに心奪われること間違いなしです。

世界遺産に登録されたコルコバードの丘からの絶景

世界遺産に登録されたコルコバードの丘からの絶景

◆コルコバードキリスト像オフィシャルサイト

https://cristoredentoroficial.com.br/

◆コルコバードチケット事前予約(※当日券は廃止されたため要予約)

https://ticket.corcovado.com.br/

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)
2012年よりブラジル移住。日系コミュニティで働く傍ら、旅や美容についてのレポートを多数執筆。趣味のサンバではリオ1回、サンパウロ6回、浅草9回の出場経験有。海外書き人クラブ所属。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP