新着記事

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

太宰が残した130もの「絶望名言」を読む|『太宰治の絶望語録』

文/印南敦史

『太宰治の絶望語録』

「太宰治の作品は“はしか”のようなものだ」などと言われることがある。

少年期は精神が未熟で、危うい部分が残っているものだが、そんな弱さと太宰作品は親和性が高い。だから読むと傷を舐め合うような感覚に陥り、それが「曖昧な救い」のようなものに感じられるわけだ。

つまり“はしか”のように、弱った子どもの心に入り込んでしまうということである。

もっとも、多くの場合は時間の経過とともに、その「救いのようなもの」に違和感を覚えるようになるのだろう。その結果、太宰作品を卒業していくことになるのである。

それは、“はしか”が治ったということだ。いいかえれば、大人になったということだ。

私も10代のころにその病に冒され、なんとか抜け出たことがある。『太宰治の絶望語録』(豊岡昭彦 編、WAVE出版)を純粋に楽しむことができたのも、そんな経験があるからなのかもしれない。

ここには太宰が残した130もの「絶望名言」が収録されている。「作家と仕事――現実と理想」「生と死――人生と自殺」「人間と生活――自己と生き方」「幸福と苦悩――恐怖と罪」「女と男――愛と嫉妬」という全5章構成だ。

担当編集者のことばによれば、本書のコンセプトは「絶望に浸り、そのなかから共感や感動、希望を見出そう」ということのようだ。絶望を知るからこそ、人はもっと強く生きていけるのではないかという考え方である。

たしかに、そのような解釈も可能ではあるだろう。しかし現実問題として、太宰のネガティブ思考は希望に結びつくものではないという気もする。だからダメだということではなく、ましてや感じ方は人それぞれだろうが。

むしろ個人的には、別の“魅力”がどうしても気になる。太宰が示す「絶望」の端のほうに見え隠れする「ユルさ」「ツッコミどころ」にこそ、大きく惹かれてしまうということだ。

 死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。【葉】(本書49ページより引用)

 幸福の足音が、廊下に聞えるのを今か今かと胸のつぶれる思いで待って、からっぽ。ああ、人間の生活って、あんまりみじめ。生れて来ないほうがよかったとみんなが考えているこの現実。そうして毎日、朝から晩まで、はかなく何かを待っている。みじめすぎます。生れてよかったと、ああ、いのちを、人間を、世の中を、よろこんでみとうございます。【斜陽】(本書51ページより引用)

「おれは、ことし三十になる。孔子は、三十にして立つ、と言ったが、おれは、立つどころでは無い。倒れそうになった。生き甲斐を、身にしみて感じることが無くなった。強いて言えば、おれは、めしを食うとき以外は、生きていないのである。ここに言う『めし』とは、生活形態の抽象でもなければ、生活意慾の概念でもない。直接に、あの茶碗一ぱいのめしのことを指して言っているのだ。あのめしを噛む、その瞬間の感じのことだ。動物的な、満足である。下品な話だ。……」【兄たち】(本書69ページより引用)

たとえばこうした文章を読むと、ちょっと笑いそうになってしまうのだ。馬鹿にしているわけではなく、読めば読むほど、その文脈にユーモアのようなものを意識してしまうのである。

それは意図的なものかもしれないし、あるいはそうではないのかもしれない。いずれにしてもそこに味わい深さを感じ、だから惹かれるのである。

そのように考えてしまうのは、私が“はしか”の時期をはるか昔に通りすぎ、大人になってしまったからなのだろうか?

その反面、太宰の最期を思い起こすと、ユーモアが成立していない下記の文章には、漠然とした重みを感じたりもするのだが。

 窮極の問題は、私がいま、なんの生き甲斐も感じていないという事に在ったのでした。生きる事に何も張り合いが無い時には、自殺さえ、出来るものではありません。自殺は、かえって、生きている事に張り合いを感じている人たちのするものです。最も平凡な言いかたをすれば、私は、スランプなのかも知れません。恋愛でもやってみましょうか。【夏の頼り】(本書89ページより引用)

どうあれ、弱さ、矛盾、不思議な魅力など、さまざまな太宰の表情を改めて感じることのできる一冊であることは間違いないだろう。

『太宰治の絶望語録』

(豊岡昭彦/編 WAVE出版 価格:1500円+税
2018年11月発売

『太宰治の絶望語録』

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  2. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  3. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  4. 失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』 40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」…
  5. 一日一文 英知のことば 平成最後の日に読みたい名言|『一日一文 英知のことば』
PAGE TOP