新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた極端な団体ツアーを敢行、佐賀さいこう!(パラダイス山元の旅行コラム 第2回)


夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日は「旅行」をテーマに、パラダイス山元さんが執筆します。

文/パラダイス山元(ミュージシャン・エッセイスト)

小さい頃から、とにかく団体行動が苦手な私でした。

そういえば、旅行代金の安さにつられ、新聞広告に載っていたある団体ツアーに申し込んで、散々な目にあったことがあります。激安ツアーに飛びつく人間のあさましさ、深夜到着、早朝出発とゲンナリするほど無理のある行程。さらに一部参加者の理不尽極まりない身勝手な振る舞いもあって辟易しました。もう一生、二度と団体ツアーになんか参加することはないと。

そんな私自身が「パラダイス山元さんと行く珍魚苑 in 佐賀」の主謀者になっておりました。

↓このツアーのいきなりの目玉は、羽田空港を出発してまもなく、富士山の真上を航行する航路。富士山の火口を真上から眺めることができます。このためだけに、佐賀行きに搭乗する人がおります。自分のことですが。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

3泊5日のハワイツアーに2回は行ける費用をはたいて、九州佐賀国際空港へ降り立った面々。九州各県の中でも、比較的地味な印象の佐賀県ですが、派手な観光地というのは、旅行ガイドブックに何度も掲載されていて、どこもかしこも行き尽くされて、美味しいものも食べ尽くされていたりしているものです。

その点、佐賀県内には、美味しいものだらけな割に、まだあまり知られていない食材、驚きのスポットが至る所にあります。ツアーを組まなくては行けない場所、ツアーに参加しないと食べられないもの、つまり個人ではどうあがいても実現不可能なことを実現させてしまうというのが「パラダイス式ツアー」です。

九州佐賀国際空港で初めて顔合わせする「パラダイス山元さんと行く珍魚苑 in 佐賀」ツアー参加者。

東京に住んでいて、お金さえ払えば、全国各地から集まった美味しいネタのお寿司にありつけると思っている方。間違いとはいいませんが、築地まで運ばれてこないネタというのも、実は結構あります。漁獲量が少ない希少なネタは、地元でこっそり……いや堂々と消費されています。

その筆頭ともいえるのが、有明海に生息する珍魚たち。ムツゴロウ、ワラスボ、ワケノシンノス、アカニシガイ、アカガイ、シラエビなどなど。聞いたことがある名前もあれば、なんですかソレ?というのもあるでしょう。

↓有明海の干潟に生息するシオマネキ(オスの片方のはさみが大きくなるカニ)とムツゴロウ。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

招待制高級紳士餃子レストラン 荻窪餃子「蔓餃苑」と佐賀県が、有明海で獲れる珍魚を広く知ってもらおうと、珍魚を使った餃子のフルコースを提供する「珍魚苑」を期間限定でオープンしたのが2017年の夏。

そして今年、実際に漁船に乗って有明海に漁へ出るところから、キッチンで魚をさばいての餡づくり、さらに包む、焼く、味わい尽くすまで、すべてツアーに組み込みました。完璧すぎます。

海苔の養殖場、干潟……、それこそ観光地として見るとマイナーな印象の有明海は、もちろん遊覧船など運航していません。ならばと、漁船をチャーター、ワラスボ漁に密着します。獲れたてのシラエビをそのまま食べたり、ツアー参加者は大興奮。

↓チャーターした漁船でワラスボ漁に向かうツアー一行。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

↓捕らえられたワラスボ。船上では参加者の悲鳴が有明海に響き渡ります。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

↓初日の夜、佐賀県庁最上階で無料公開中の「星空のすいぞくかん」を見学に行くと、そこには佐賀県のゆるキャラ「壺侍」(つぼざむらい)さんがお出迎え。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

2日目は、早朝、魚市場でセリ見学をした後、いよいよ餃子づくりに励みます。

映画「エイリアン」のモデルとなったと噂されるワラスボは、日本では有明海にしか生息していません。細くて表面がヌルヌルしていて、3枚におろすのは素人には無理と思われましたが、1時間もやっていると全員がプロ並みの腕前に!

さらに、凶暴な顔つきの頭部は、電子レンジで乾燥させ、ポリポリと骨せんべいのような仕上げに!

有明産の魚介類に加え、あの佐賀牛までも餃子になります。

ユーモラスな形のムツゴロウは、丸ごと素焼きにしたものを皮で包んで、キャノーラ油で2度揚げ。ムツゴロウと同じ環境に生息しているシオマネキを潰して塩と香辛料で漬けた「ガニ漬け」(地元の漁師さんがつくったもの)に、マヨネーズをあえたディップソースをたっぷりつけて頬張ると……グロテスクな見た目からは想像もつかないほどふわふわな舌触りと淡白な味わいで、ツアー参加者は大感激。

珍魚苑 特製 ムツゴロウ餃子 ガニ漬けディップ添え。

エイリアンのような 珍魚苑 特製 ワラスボ餃子。

実は、かなりお腹いっぱいです。有明海の珍魚を食べ尽くしました。

嬉野(うれしの)温泉の美肌の湯で汗を流した後は、まるで修学旅行のような相部屋で、お酒を酌み交わしつつ、餃子談義で盛りあがります。私は、早々に撃沈しておりましたが……。

有田焼の由緒ある窯元では、作業場の中まで見学させていただきます。利久窯にて。

↓利久窯にて、エア陶芸。

 

mambonさん(@santa_paradise_yamamoto)がシェアした投稿

利久窯の煙突は煉瓦造り。

毎年、クリスマスツリーの点灯式に来ています。

3日目は、有田焼の窯元を何件も巡り、お気に入りの餃子皿一枚を見つける時間をたっぷりとりました。そして、ここは佐賀なのか? ドイツなのか? と驚くスケールの建築へとご案内。中国人のクルーズツアーの観光客は大勢いても、日本の方は少なめの逆転人気観光スポットで、国際情勢を肌で感じ取ります。

有田ポーセリンパークは、佐賀で唯一のマンボなスポットといえましょう。参加者からは、コスプレの準備してくればよかった……との声も。

九州佐賀国際空港に到着、未来に向かって、よりよき餃子を包むことを互いに誓い合って、羽田へ戻ります。「東京で同窓会やりましょう」「ライングループつくりましょう」と、利害関係のまったくない、パラダイス繋がりなみなさんが集うと、ここまで楽しいかという見本のようなツアーになりました。

九州佐賀国際空港に隣接された公園に、ANKのYS-11が静態保存されています。

集合場所に、集合時間の10分前に行くと、他の参加者はすでに全員お揃いで、以降、白い目で見られる、口も聞いてもらえなくなるという恐怖の掟のシニアツアーが、今大流行中。時間に1分でも遅れると、以後ツアーの参加を断わる旅行会社もあると聞きます。

旅の目的は人それぞれですが、なにも大枚はたいて「風船割りゲーム」みたいなツアーに行かなくてもと思うのは私だけかしら。

歳とったら、ユル~いツアーの方が断然楽しいですよ。

文/パラダイス山元(ぱらだいすやまもと)
昭和37年、北海道生まれ。1年間に1024回の搭乗記録をもつ飛行機エッセイスト、カーデザイナー、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表、招待制高級紳士餃子レストラン蔓餃苑のオーナー、東京パノラママンボボーイズで活躍するマンボミュージシャン。近著に「なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?」(ダイヤモンド・ビッグ社)、「読む餃子」「パラダイス山元の飛行機の乗り方」(ともに新潮文庫刊)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・…
  2. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  3. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  4. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  5. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
PAGE TOP