新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いたら

文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)

「地上の楽園」「天国のような」と形容される場所は数あれど、今回ご紹介するのはなんと「地獄のような」場所である。

この「地獄への門」という恐ろしい異名を持つスポットは、中央アジアのトルクメニスタンにある。

トルクメニスタンと言われても、ピンと来るという方は少ないだろう。無理もない。何しろ“旅行者が最も訪れない国”というランキングが行われれば必ず10位内にエントリーするほど、知られているとは言えない国だ。

砂漠から産出される天然ガスがもたらす莫大な利益を守るため、政府は人やモノの出入りにやや厳しい姿勢を取っている。そのため知られざる国というイメージを持たれることとなり、「最後の秘境」「未知の国」「謎の国」などの枕詞をほしいままにしている。

「地獄の門」は、そんなトルクメニスタンの中央、国土のほとんどを占めるカラクム砂漠のど真ん中に存在している。

首都のアシガバットから、砂漠をつき切るように敷かれた幹線道路を3時間ほど北へひた走る。道中の景色は行けども行けども砂漠だ。途中にポツポツと集落があったり、放し飼いのラクダの群れが歩いて行ったりする他は、ただひたすら薄茶色の隆起を眺め続けることになる。

そんな景色をすっかり見飽きた頃、車は突然、舗装された道路を外れ、砂漠の中へと入る。そして、深い轍を砂に刻みながら奥へと進む。

方角も左右もわからない砂漠をしばらく進むと、地平線の向こうに、沈みきる直前の夕日のような明かりが見えてくる。それが地獄の門だ。

「地獄の門」は、地面にぽっかりと口を開けた巨大なクレーターだ。その窪みの奥では、灼熱の炎が怪しい光を放ちながらメラメラと燃え盛っている。

クレーターの大きさは、直径70m、深さ30m。その深淵を覗き込もうと近づくと、まず驚かされるのはその音と熱さだ。身を焼き尽くしそうに熱い熱風が、ボウボウ、ゴウゴウと唸りながら激しく吹き上げてくる。顔の皮膚が焦げそうになりつつ覗き込めば、クレーターのそこかしこでマグマのような色をした炎が燃えている。鼻につくのは石油のような癖のある匂い。

宵闇の中で見るそれは、まさに古今東西で人類が恐れと共に描いてきた地獄の業火そのものだ。こんな光景を目の前にすれば、誰もが心の中でこう呟いてしまうだろう。もしも地獄があるならば、罪を犯した人間はこんな中に放りこまれるのだろうか……、と。

クレーターの端に立つ足が思わず一歩後退したのは、熱風に耐えかねたせいだけではないはずだ。

業火の正体は、世界第4位の埋蔵量を誇る天然ガスだ。「地獄の門」出現の経緯については諸説あるが、最も有力なのは、70年代に行われた地質調査の際、地中のガス溜まりに気づかず調査機器を乗せたところ落盤してしまったという説だ。漏れ出したガスの放出を防ぐため致し方なく火をつけると、ガスは尽きることなく燃え続け、今日まで地獄の様を呈することになったのだという。

危険な香りのする場所ではあるが、トルクメニスタンに来たほとんどの外国人はこの場所を訪れる。

「地獄の門」のオススメの楽しみ方は、そこで一夜を過ごし、時間とともに移り変わる風景とのコントラストを味わうことだ。

明るいうちは広大な砂漠とクレーターの対比を楽しむ。近くの丘に登って写真を撮ってみるのもいい。真っ赤な夕日が砂漠に沈むのを眺めた後は、宵闇の中で炎が輝く、まさに地獄そのものの光景を堪能しよう。そして夜も深まる頃には、人工的な光に一切邪魔されない満点の星空を独り占めできる。

トルクメニスタン政府観光局より(http://turkmenistan-japan.com/darvaza/)

*  *  *

もし「地獄」を覗きにいくのであれば、地元の旅行会社に依頼すれば、伝統的な移動式住居ユルタをあっという間に設置して、宿泊の手はずを整えてくれる。

旅行会社の男たちが手際よくユルタを組み立てていく

ユルタの中は絨毯が敷き詰められ、暖炉もあり、とても快適だ

火を起こして、トルクメニスタンの伝統的な食事パロフ(羊肉入りのピラフ)とシャシュリク(羊肉の串焼き)の夕食も用意される。一晩だけの、砂漠の遊牧民気分も味わえる。

パロフ

シャシュリク

この大地を駆け抜けて行った、幾千もの騎馬遊牧民たちの過去に思いを馳せながら眠りにつくとしよう。

訪れる外国人が少ないとはいえ、公認のガイド付きツアーでなら誰でも観光旅行をすることが可能だ。

一通り海外旅行は色々行ったぞという方こそ、この世のものとは思えない風景を見に中央アジア最後の秘境トルクメニスタンを訪れてみてはいかがだろうか。

文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)
2015年より夫の駐在先であるトルクメニスタンで暮らす。在留邦人が20名の知られざるトルクメニスタンの素顔をブログや寄稿記事などで発信中。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅
  2. タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ね…
  3. スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅
  4. フィレンツェからウィーンへ!ヨーロッパの古都をつなぐ寝台列車の旅…
  5. アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?…
PAGE TOP