新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いたら

文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)

「地上の楽園」「天国のような」と形容される場所は数あれど、今回ご紹介するのはなんと「地獄のような」場所である。

この「地獄への門」という恐ろしい異名を持つスポットは、中央アジアのトルクメニスタンにある。

トルクメニスタンと言われても、ピンと来るという方は少ないだろう。無理もない。何しろ“旅行者が最も訪れない国”というランキングが行われれば必ず10位内にエントリーするほど、知られているとは言えない国だ。

砂漠から産出される天然ガスがもたらす莫大な利益を守るため、政府は人やモノの出入りにやや厳しい姿勢を取っている。そのため知られざる国というイメージを持たれることとなり、「最後の秘境」「未知の国」「謎の国」などの枕詞をほしいままにしている。

「地獄の門」は、そんなトルクメニスタンの中央、国土のほとんどを占めるカラクム砂漠のど真ん中に存在している。

首都のアシガバットから、砂漠をつき切るように敷かれた幹線道路を3時間ほど北へひた走る。道中の景色は行けども行けども砂漠だ。途中にポツポツと集落があったり、放し飼いのラクダの群れが歩いて行ったりする他は、ただひたすら薄茶色の隆起を眺め続けることになる。

そんな景色をすっかり見飽きた頃、車は突然、舗装された道路を外れ、砂漠の中へと入る。そして、深い轍を砂に刻みながら奥へと進む。

方角も左右もわからない砂漠をしばらく進むと、地平線の向こうに、沈みきる直前の夕日のような明かりが見えてくる。それが地獄の門だ。

「地獄の門」は、地面にぽっかりと口を開けた巨大なクレーターだ。その窪みの奥では、灼熱の炎が怪しい光を放ちながらメラメラと燃え盛っている。

クレーターの大きさは、直径70m、深さ30m。その深淵を覗き込もうと近づくと、まず驚かされるのはその音と熱さだ。身を焼き尽くしそうに熱い熱風が、ボウボウ、ゴウゴウと唸りながら激しく吹き上げてくる。顔の皮膚が焦げそうになりつつ覗き込めば、クレーターのそこかしこでマグマのような色をした炎が燃えている。鼻につくのは石油のような癖のある匂い。

宵闇の中で見るそれは、まさに古今東西で人類が恐れと共に描いてきた地獄の業火そのものだ。こんな光景を目の前にすれば、誰もが心の中でこう呟いてしまうだろう。もしも地獄があるならば、罪を犯した人間はこんな中に放りこまれるのだろうか……、と。

クレーターの端に立つ足が思わず一歩後退したのは、熱風に耐えかねたせいだけではないはずだ。

業火の正体は、世界第4位の埋蔵量を誇る天然ガスだ。「地獄の門」出現の経緯については諸説あるが、最も有力なのは、70年代に行われた地質調査の際、地中のガス溜まりに気づかず調査機器を乗せたところ落盤してしまったという説だ。漏れ出したガスの放出を防ぐため致し方なく火をつけると、ガスは尽きることなく燃え続け、今日まで地獄の様を呈することになったのだという。

危険な香りのする場所ではあるが、トルクメニスタンに来たほとんどの外国人はこの場所を訪れる。

「地獄の門」のオススメの楽しみ方は、そこで一夜を過ごし、時間とともに移り変わる風景とのコントラストを味わうことだ。

明るいうちは広大な砂漠とクレーターの対比を楽しむ。近くの丘に登って写真を撮ってみるのもいい。真っ赤な夕日が砂漠に沈むのを眺めた後は、宵闇の中で炎が輝く、まさに地獄そのものの光景を堪能しよう。そして夜も深まる頃には、人工的な光に一切邪魔されない満点の星空を独り占めできる。

トルクメニスタン政府観光局より(http://turkmenistan-japan.com/darvaza/)

*  *  *

もし「地獄」を覗きにいくのであれば、地元の旅行会社に依頼すれば、伝統的な移動式住居ユルタをあっという間に設置して、宿泊の手はずを整えてくれる。

旅行会社の男たちが手際よくユルタを組み立てていく

ユルタの中は絨毯が敷き詰められ、暖炉もあり、とても快適だ

火を起こして、トルクメニスタンの伝統的な食事パロフ(羊肉入りのピラフ)とシャシュリク(羊肉の串焼き)の夕食も用意される。一晩だけの、砂漠の遊牧民気分も味わえる。

パロフ

シャシュリク

この大地を駆け抜けて行った、幾千もの騎馬遊牧民たちの過去に思いを馳せながら眠りにつくとしよう。

訪れる外国人が少ないとはいえ、公認のガイド付きツアーでなら誰でも観光旅行をすることが可能だ。

一通り海外旅行は色々行ったぞという方こそ、この世のものとは思えない風景を見に中央アジア最後の秘境トルクメニスタンを訪れてみてはいかがだろうか。

文/ギュルソユ慈(トルクメニスタン在住ライター)
2015年より夫の駐在先であるトルクメニスタンで暮らす。在留邦人が20名の知られざるトルクメニスタンの素顔をブログや寄稿記事などで発信中。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒ…
  2. ブームを先取り!北部タイ料理の真髄が味わえるチェンマイの名店3軒…
  3. なぜスペインには「日本」という苗字の人々が存在するのか?
  4. 音楽と芸術の都ウィーンにある小さなユニーク博物館3つ
  5. あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ…
PAGE TOP