新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

国内最長の運転体験/ふるさと銀河線りくべつ鉄道(北海道陸別町)【一度は乗りたい保存鉄道1】

文・写真/杉﨑行恭

廃線となった旅客線や森林鉄道などを一部の区間で復活し、車両を動態(走れる状態)で保存している鉄道を「保存鉄道」という。今ではなかなかお目にかかれない懐かしい車両が、いまも現役で走っているのだ。そしてもちろん、乗ることができる。

そんな男心をくすぐる全国の保存鉄道の中から、いくつか選んでご紹介しよう。あなたもこれらの鉄道へ乗りに、出かけてみませんか?

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』(平成24年6月刊)からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。写真は初出当時のものです。最新情報については公式サイトにてご確認ください。

■ふるさと銀河線りくべつ鉄道(北海道陸別町)

平成18年(2006)に廃止された「北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線」は、明治時代に建設された国鉄池北線を引き継いだ全長140kmの長大路線だった。その廃止から2年後の平成20年、ふるさと銀河線が住民の足でもあった陸別町で『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』が設立。旧陸別駅構内に残る約500mの線路と、残されたディーゼル気動車を運転する「りくべつ鉄道」がスタートした。

陸別駅で体験乗車と運転体験を行なう「銀河鉄道999」姿のCR75形(左)とCR70形(右)。ちほく高原鉄道から引き継いだ車両で、JR北海道のキハ130形とはほぼ同形である。

復活運転のポイントは「運転体験」で、旧ふるさと銀河線の気動車を元運転士の指導により走らせることができるというもの。鉄道ファンには本物の車両を動かすことができる施設として人気だ。

駅名看板も昔のまま。鉄道が唯一の公共交通機関だった陸別町は最後まで廃止に反対していた。そんな思いが伝わってくる。

現地を訪れて驚かされるのは旧陸別駅舎の立派さだ。現在は道の駅「オーロラタウン93りくべつ」として宿泊施設まで備えた、町の中心施設となっている。その旧陸別駅構内が『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』になっている。

平成12年8月に道の駅「オーロラタウン93りくべつ」を併設した旧陸別駅。宿泊施設や江戸時代の医師「関寛斎資料館」などがある。

運転に使われるのは、ちほく高原鉄道時代そのままの姿を留めるCR75形4両とCR70形2両の6両で、動態保存鉄道としては豪華な車両数である。うち2両は銀河線にちなみ、人気アニメ『銀河鉄道999』のラッピング車両となっている。

古いレールを組んだ跨線橋を渡ると、旧陸別駅のホームには体験乗車の車両が停車中で、駅舎側の線路には体験運転中の車両がゆっくりと走っていた。複数のディーゼル音が響く構内の情景は、まさに現役当時そのまま。構内に立つ、揃いのジャンパーを着た地元ボランティアからも、鉄道への熱い思いが伝わってくる。

運転するのは、元ちほく高原鉄道の運転士がほとんど。体験乗車後は運転士と記念撮影。陸別駅のホームは砂利のままだ。

平成24年5月からは、この陸別駅構内から北側に延びる「銀河コース」と名付けられた約1.6kmの構外運転が開始され、運転体験もできるようになった。これは国内の保存鉄道としては異例の長さで、緩やかなカーブを走り抜ける気動車は、現役当時の鉄道風景を再現している。

陸別駅構内から出て「銀河コース」を走る体験運転。片道1.6kmを2往復できる、国内最長の体験運転だ。

このほか、駅構内では足こぎ式トロッコに乗れたり、保線作業車や排雪車などが展示され、さながら鉄道博物館の趣だ。また平成21年には、100年以上前に設置された道内で最古級という転車台も修復され、実際に車両を転回させる催しも行なわれる。

明治42年(1909)に設置された、北海道最古級の転車台。国鉄池北線時代は、蒸気機関車の方向転換に使われていた。

かつて保線作業に使われた4人乗りの足こぎトロッコ(軌道自転車)に乗り、転車台や車両が展示されている構内を走る。

冬になると、道内で最も気温が下がるといわれる陸別町内だが、「銀河コース」終点からも線路が雄大な自然の中に延びている。その先にはかつての駅舎も残り、鉄道ファンには興味が尽きない。

【施設情報】
『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』
北海道足寄郡陸別町字陸別原野基線69-1
道の駅オーロラタウン93りくべつ内

JR石北本線北見駅から北海道北見バスで終点「陸別」下車すぐ。
車の場合は道東自動車道足寄ICから約1時間20分。

【公式サイト】
http://business4.plala.or.jp/rikutetu/top.htm

文・写真/杉﨑行恭

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。最新情報については公式サイトでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 懐かしいローカル私鉄の風景/片上鉄道保存会(岡山県美咲町)【一度…
  2. 唯一の雨宮製SLが走る/丸瀬布森林公園の森林鉄道(北海道遠軽町)…
  3. 昔ながらの森林鉄道/魚梁瀬森林鉄道・馬路森林鉄道(高知県馬路村)…
  4. 転車台のあるミニSL鉄道/やながわ希望の森公園「さくら1号」(福…
PAGE TOP