新穂高温泉|夏に行きたいアルプスを望む温泉地【魅惑の温泉案内 第81回】

岐阜県高山市、奥飛騨温泉郷にある新穂高温泉は、北アルプス・穂高連峰の登山拠点として古くから親しまれている温泉です。深緑が香るこの時期、うんざりするような都会の暑さを離れるには最適な場所のひとつです。

おすすめは新穂高ロープウェイでの空中散歩。国内で唯一の2階建てのゴンドラで、標高2000m以上を駆け上がります。山頂展望台からの北アルプスを望む360度の大パノラマは圧巻です。

また、ロープウェイ第1乗り場と第2乗り場の中間に広がる鍋平高原の散策もぜひ。溢れるばかりの木々の間の散策路は所要1時間ほどで、槍ヶ岳や笠ヶ岳などのビュースポットも楽しめます。

散策のあとは大自然に囲まれる「新穂高の湯」へ。蒲田川沿いにあるダイナミックな混浴露天風呂(水着着用可)で、営業は10月末までです。宿泊施設も湯量豊富な温泉を備える宿ばかり、泉質は単純温泉です。絶景露天風呂が自慢の宿が多く、源泉かけ流しの湯が溢れ、心身が元気になるリフレッシュの湯です。

新穂高温泉imasia_5036961_XL

写真提供:PIXTA

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で