新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:最終10日目《旭川駅~稚内駅》

《10日目》名寄駅 14:52~稚内駅 19:49

稚内行きの列車は14時52分。荷物をもって駅に戻る。列車が発車するのは陸橋を渡った2・3番ホーム。ここのもかつては屋根があったのだが、維持できなくなってしまったのか、いつの間にか撤去されてしまった。開放的と言えば開放的なプラットホームだ。

乗車するのは、ステンレス製の銀色の車体が輝くキハ54。分割民営で生まれるJRへの置き土産として、国鉄が最後に作ったディーゼルカーのひとつだ。10日間の最終ランナーにふさわしい車両かもしれない。

画面右手に広がるのは、名寄の車両基地跡。巨大な機関庫や研修施設があったのだが、現在は見てのとおり。

名寄を発車した時点で、自分を含め乗客は4名。自分の他は、ほろ酔い気味の男性と、旅行者風の男性、大きなカバンをもった若い女性。みんなどこまで乗って行くのだろうか。

キハ54は使用された路線によって座席が交換されたり配置が換えられたりしたため,車両によって椅子の位置が微妙に異なる。椅子は特急車両からのお下がり。窓と座席の配置が微妙にずれているのも、この形式の特徴だ。

今日の502号車は車両の中心に向かい座席がセットされ、センターの席だけがテーブル付きのボックスシートになっている。ここはちょっとした特等席、車窓は少し見づらいけれど。

「これから自宅に帰るところ」という女性は、途中駅で下車していった。

美深駅で約5分の停車。旭川行きの特急「サロベツ4号」の通過を待って発車。

やがて紋穂内駅に停車。緩急車を利用して作られた駅舎は国鉄分割民営化の頃に各地に出現した物だ。すでに設置から30年近く経過し、駅の廃止や建て替えでかなり減少している。おそらくもう建て替えや塗装をする予定はないのだろう。

でもここまでくるともう芸術的! 時代が付いた外観に、つい惹きつけられてしまう。

天塩川の流れとともに走る空気トレイン。ただいまの乗客は3人……。

乗る人もいない、降りる人もいないまま一駅ずつ停車して行く。「ハツノ」「モンポナイ」「オンネナイ」と独特の美しい名前が旅情を誘う。

咲来(さっくる)駅の語源は「サッ・ル」で,その意味は「夏の道」だという。漢字でもアイヌ語でもロマンチックな駅名だ。

16時05分。音威子府駅到着。この駅は1989年まで、宗谷本線と天北線の分岐・合流駅だった。駅の中には「天北線記念館」が作られ、天北線が現役だった頃の音威子府駅構内が再現されている。

ジオラマの中はかつての賑わいそのまま。跨線橋やホームは現在も同じ位置。貨車や客車が留置されていた敷地や機関庫はすでに原野に戻っていた。


右手前に見えるのが,旧音威子府駅舎。ホームや駅周辺までがリアルに再現され、音威子府愛を感じさせられるジオラマだ。

音威子府駅では約一時間の大停車。もしかするとこの長い停車時間は、運転士が休憩時間を取るためなのかもしれない。乗車している自分にもありがたい気分転換の時間だ。

この時間を活かし、名物の駅そばを訪れてみる。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1

2

3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:9日目《函館駅~旭…
  2. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:8日目《ウェスパ椿…
  3. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウ…
  4. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴…
  5. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:5日目《戸狩野沢温…
PAGE TOP