新着記事

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

イングランドで最も美しい村「バイブリー村」石造りの美景

文・写真/音生ざくろ

イギリス、ロンドンからバスで北へ約2時間ほどのところにある丘陵地帯コッツウォルズ。ここを訪れる観光客は、誰もがおとぎ話の世界に入り込んだような気持ちになる。

コッツウォルズには10以上の村や集落があるが、今回はその中から、イギリスの詩人ウィリアム・モリスが「イングランドで最も美しい村」と評したバイブリーについて紹介したい。

バイブリーは、映画などのロケでも使われることのある村で、日本人にとっても有名な場所である。特徴と言えばはちみつ色の石を使って作られた建物群。コッツウォルズの中でも全体的に明るめの印象を与える村だ。

アーリントン・ミルという水車小屋の隣には、小さなカフェと併設されたお土産屋があり、コッツウォルズで取れたはちみつや、そのシーズンでしか作られない季節限定の紅茶が売られている。魚が売られているゾーンでは、この土地でとれるマスも手に入る。

バイブリーの村には、コルン川というテムズ川の支流が流れており、そこに白鳥と黒鳥がやってくる。白鳥の雛のかわいい姿に、ずっとカメラを構える人も少なくない。

バイブリーで最も有名な見どころは、アーリントン・ロウと呼ばれる14世紀に作られた建物である。日本でいう長屋のようなもの。

14世紀頃からある古い建物は、多くの人々を魅了してやまない。現在建物の大部分は、定年退職した人々が買って住んでいるという。リタイア後に、こういう静かな場所でゆっくり暮らせるのは、実に優雅でうらやましい。

美しい田園風景の中、古い石造りの伝統的な建物をいまも見られるバイブリー。イギリスに旅行にいく際は、ロンドンなどの都市だけでなく、昔ながらの美しい景観を今も保ち続けるコッツウォルズ地帯を訪れてみてはどうだろうか。

文・写真/音生ざくろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  2. ラグビー イングランド、ウェールズ、ニュージーランド、南アフリカ|ラグビー…
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP