桜の開花時期に合わせてライトアップされる飯給駅と小湊鐡道のキハ200。元々あった桜の老木が水鏡に映って妖艶な姿を見せる。写真/中井精也

沿線住民が作り上げた水鏡に映る桜の駅
飯給(いたぶ)駅|千葉県・小湊鐡道

JR 内房線の五井駅と上総中野駅を結ぶ小湊(こみなと)鐡道は、大地の小皺のような房総丘陵を貫いて走る非電化の私鉄だ。その列車に乗れば、森やトンネルを抜けるたびに箱庭のような風景が現れ、春になると目を見張るような桜の風景が沿線に続く。なかでも、ぜひ訪ねたいのが飯給(いたぶ)駅だ。難読駅名で知られるこの駅は片面ホームに待合室があるだけの無人駅である。しかし駅をとり囲むように植えられた桜がひとたび開花すると、沿線一の桜駅に変貌する。

以前は耕作放棄地や竹やぶだった駅の周辺。地元のボランティアの活動で美しい里山に。駅の周囲は桜の観賞エリアも設定されている。写真/杉崎行恭
昭和40年代までは駅員が勤務する駅舎があったという。近年、線路に沿って近隣の小学校による植樹が行なわれ、若い桜も多い。写真/杉崎行恭

夕闇に映える駅と桜

「代搔きにはまだ少し早いけどな」と小川から田んぼに水をひく地域の人たち。駅を出て、あぜ道を歩いてホームの真横に出る。この駅では桜の時期に合わせて地元のボランティアの人たちが菜の花を植え、水田に水を張り、水鏡に映る桜の駅を演出する。近年はその景観が知れ渡り、多くのカメラマンが訪れるようになった。

夕暮れになると線路脇の桜がライトアップされ、駅と桜が暗闇に浮き上がる。そして列車が現れると、まるで能舞台に演者が進み出るような春の絶景が展開する。

カメラマンの三脚が並ぶ水田の後ろに、杉が茂る丘がある。山中には壬申の乱(672年・弘文天皇1)で敗れた弘文天皇( 大友皇子)を祀る白山神社がひっそりと佇む。飯給とは、逃れ下った皇族に人々が飯を奉じたことが、地名の由来と伝えられている。それから1000年以上を経ても地元のもてなしの精神は変わらず、春のひととき、類稀な桜と駅の風景を見せてくれる。

近年は自動車での来訪も増えたというが、山里の小駅ゆえ駐車スペースは少ない。ここはぜひ列車で訪ねたい桜駅の聖地だ。

ホームと線路に沿って桜が並ぶ。水鏡になる水田は駅の西側。五井駅から小湊鐡道で約1時間。列車の本数が少ないので訪問の際は要確認。

案内人
杉崎行恭(すぎざきゆきやす)さん
(駅旅ライター・69歳)

昭和29年、兵庫県生まれ。写真家、フリーライター。旅行雑誌を中心に活躍。鉄道全般に造詣が深く、駅と駅舎の専門家としても知られる。著書に『百駅停車』(新潮社)、『あの駅の姿には、わけがある』(交通新聞社)など多数。
※杉崎のさきはただしくは「たつさき」。

※この記事は『サライ』2023年4月号より転載しました。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店