サライ.jp

文・写真/mimi (海外書き人クラブ/台北在住ライター)

「愛玉を見つけたのは日本人だよ」屋台の店主の謎のことば

台湾の夜市で焼き餃子やソーセージを食べ歩き、人ごみにもまれた後の熱醒ましには、冷たい「愛玉(アイユー)」をさらっと飲み干すのがいい。台湾特有の植物由来のゼリーに、甘さを抑えたレモンシロップに浮かべた愛玉は、消化を助け暑気払いの効果があるのだ。老若男女に親しまれる昔ながらの素朴な味は、愛玉という名の少女が屋台で売り始めて評判を呼び、彼女の名前で台湾中に広まったとも伝えられている。

愛玉専門の屋台は、愛玉と台湾特有の青いレモンが積んである。

この「愛玉」、台湾では中国語で「アイユー」と発音するのが一般的だが、日本では「愛玉子」、台湾語の発音「オーギョーチー」の呼び名が浸透しているらしい。どうして? いつからだろう? 台湾北部の港町・基隆(キールン)の廟口夜市で愛玉を立ち飲みしながら友人とそんな話をしていると
「愛玉を見つけたのは、日本人だよ」
 屋台の店主が教えてくれた。

世界各地で人気となった台湾発祥「タピオカミルクティ」のタピオカは、キャッサバという芋類の根茎から作られる。そのタピオカよりも古くから親しまれている「愛玉」も、クワ科イチジク属の植物由来のものだ。マンゴーに似た楕円形の実の中から取り出した茶色い種の部分をほぐし、布袋に入れ水の中で揉むと、ゆるやかなゼリーが出来る。海抜1000メートル以上の多雨湿潤な地域で育つ植物から生まれた、台湾ならではのデザートだ。


夜市の立ち飲み愛玉。器から直接口に含むのが屋台スタイル。

一杯30元(約100円)ほどで気軽に食べられるこのデザートについて、地元の人たちに聞いても「台湾特有の植物で作る、昔ながらの素朴なデザート」という程度の認識だった。

愛玉を、日本人が見つけた。

週末の夜市で、忙しい店主はそれ以上のことは言わなかった。現地では中国語の「アイユー」で通るのに、日本では台湾語で「オーギョーチー」と呼ばれるのも不可解だった。屋台の電球の灯りの下でゆらめく透き通った愛玉が、謎めいたもののように見えてくる。

戦前、東京帝国大学から台湾へ派遣された植物の父・牧野富太郎

ライトアップされた夜の基隆港を眺めながら台北に戻っても、屋台の店主の言葉が忘れられなかった。愛玉を見つけた日本人とは、誰なのだろう。中国語の資料で愛玉の原料となる植物を調べてみると、俗称は愛玉子、学名は「Ficus pumila L. var. awkeotsang (Makino) Corner」と記されていた。マキノといえば、「雑草という名の植物は無い」の言葉で知られる日本の植物の父、牧野富太郎博士の名前が浮かび上がってくる。

乾燥させた愛玉の種。ほぐして水に揉みだすとゼリー状になる。

台湾の報道や資料によると、植物分類学者として知られる牧野博士は東京帝国大学の命を受け、1896年10月20日に植物調査団として船で基隆港から台湾入りしていた。それから約2カ月、北は基隆(キールン)から南は高雄(カオシュン)まで、台湾を縦断するように植物の調査や採集を行ったという。

牧野博士が台湾で発見し採集した植物では、「高知県立牧野植物園」 (https://www.makino.or.jp/)で観ることのできる「タイワンマダケ」が有名だ。ほかにも、台湾中南部・嘉義で標本を採集した植物が、1904年に新種の植物として報告されている。それがMakinoと記された植物、愛玉だった。

基隆港は現在も台湾北部の海の玄関口として稼働する。

1940年に、牧野博士は完成までに約10年の歳月をかけた「牧野日本植物図鑑」を出版し、2017年には改訂を重ねた最新版「新分類牧野日本植物図鑑」が刊行されている。初版から約80年、没後60年を過ぎてもなお牧野博士の植物への愛情が刻まれ、生き生きとその枝葉を後世に向けて伸ばしているようだ。こうして博士の実績を辿る図鑑や自叙伝、植物園は多く残されているが、台湾での採集の日々はどのようなものだったのだろう。牧野博士と愛玉の経緯に関しては日本よりも台湾に閲覧可能な資料は多いが、現地でどのように過ごしたのか、戦前当時の状況を知るのは難しかった。
 

池波正太郎の銀座日記に登場する、谷中の老舗「オーギョーチー」

そこでもうひとつの謎、愛玉を日本では台湾語の発音「オーギョーチー」と呼ぶいわれに目を向けることにする。すると作家の池波正太郎が現れ、池波と牧野博士の交流、彼の人生を描いた芝居や短編作品の存在が浮かび上がってきた。
 

食通としても知られる作家の人気エッセイ「銀座百景」をまとめた「池波正太郎の銀座日記」には、東京・谷中で50年ぶりにオーギョーチーを食べたと記されている。池波が訪れた1934年創業の老舗の名は、そのものずばりの「愛玉子」。現在も、メニューの愛玉子は「オーギョーチー」と書かれている。東京の老舗に倣い、食通の人気作家のエッセイも手伝って、日本では愛玉を台湾語で呼ぶのが定着したのかもしれない。
日記に詳しい日付はないが、前後の流れから少なくとも秋になる前のようだ。東京の残暑のある日に、池波正太郎も懐かしい味の愛玉で涼んだのだろうか。

台北市内の愛玉で有名な屋台。昔ながらの風情が残る。

生前に交流のあった牧野富太郎と池波正太郎


池波正太郎、台湾、牧野富太郎をキーワードに探していくと、短編集「武士(おとこ)の紋章」にたどり着く。池波が黒田如水や真田幸村、若き日の堀部安兵衛ら誰もが知る武士を描いた短編小説集の最後に、「牧野富太郎」と題した作品が収められていた。「鬼平犯科帳」では江戸時代に実在した火付盗賊方改の長谷川平蔵をモデルに血の通った魅力的な人物に描いた池波が、当時存命だった牧野富太郎の人柄に魅了されたのだという。作家は晩年の博士と交流を持ち、彼が深く関わった劇団にも牧野を主人公に芝居の脚本を書いていた。ならば小説「牧野富太郎」で描かれている台湾から帰国した時の様子は、本人から聞き取った史実に基づいたものかもしれない。博士が持ち帰ったのは植物の標本だけではなく、妻や娘たちへの台湾土産も、実在したのかもしれない。

かつては日本から台湾への玄関口だった基隆の港。牧野富太郎もここから台湾の地を踏んだ。その港に近い夜市の屋台で聞いた一言をきっかけに、作家と博士の交流があった事実にたどり着くことができるなんて。胸が躍り、のぼせ上がりそうになるのをクールダウンしてくれたのは、透き通って静かに揺れるレモンの味の愛玉だった。

臺灣生物多樣性資訊網 http://taibif.tw/zh/namecode/204856
牧野記念庭園情報サイト http://www.makinoteien.jp/index.html

文・写真/mimi (海外書き人クラブ/台北在住ライター)
19年間の香港生活後、2010年より台湾・台北在住。旅行や現地事情寄稿、ニュース翻訳、コーディネーターとして活動する。日本人の目から見た香港人の魅力や広東語のおもしろさを綴ったエッセイ集「當抹茶Latte遇上鴛鴦」を香港一丁文化より出版。海外書き人クラブ会員。(https://www.kaigaikakibito.com/

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア