新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1.  

    世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ

         

    文/鈴木拓也「ご飯を炊く」というのが、「炊飯器のスイッチを入れる」とほぼ同義になって久しい。炊飯器の蒸気口から立ち昇る湯気を見て、かまどで炊いていた時代に思いをはせるということもまずないはず。しかし、『世界一美味しい…

  2.  

    おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

         

    文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

  3.  

    えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4種

         

    文/鈴木拓也「ウイスキーの家飲みの仕方」と聞いて、ストレート以外に何が思い浮かぶだろうか?「…

  4.  

    金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ

         

    文/鈴木拓也大永2年(1522)に開創した古刹、真言宗豊山派の金剛院(東京都豊島区)…

  5.  

    日本各地の食の魅力を再発見!LEXUS × SUGALABOが贈る季節限定のひと皿

         

    「日本の各地をクルマで旅し、日本の魅力をもっと知ってもらいたい」との想いから、地域に眠る魅力…

  6.  

    東京の名店で味わえる「とっておきの名物まぐろ料理」4つ

         

    『サライ』本誌12月号の大特集は「まぐろに幸あり」。日本人の食生活に欠かせない魚である「まぐろ」に、…

  7.  

    これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

         

    刺身からステーキまで、まぐろの食べ方は多種多様。より旨く食べるには、まぐろを知り尽くした料理人に聞く…

  8.  

    まぐろの目利きになる!日本で食べられている「まぐろ」の種類と部位の違い

         

    日本人にとっての“ご馳走魚”の筆頭「まぐろ」。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高の…

  9.  

    下等な魚だった「まぐろ」が日本人の「ご馳走魚」に成り上がった理由

         

    今や「まぐろ」は、日本人にとっての“ご馳走魚”。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高…

  10.  

    まぐろ好きなら巡礼したい!極上まぐろを満喫できる日本の3つの港町

         

    いうまでもなく、まぐろは日本人にとっての“ご馳走魚”。さまざまな食べ方が考案され、江戸前鮨では最高の…

PAGE TOP