新着記事

海底軍艦

東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日本映画 第32回】

文・絵/牧野良幸俳優の高島忠夫さんが6月に亡くなられた。生前は映画だけでなくテレビで…

お盆を迎える前に、今更聞けないお盆の基礎知識

お盆を迎える前に知っておきたい、今更聞けないお盆の基礎知識

まもなくお盆がやってきます。仏教の伝統行事、お盆(7月13日~16日または8月13日~16日…

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

写真・文/矢崎海里食欲のない夏、そうめんやざるそばなど、つるっと食べられる麺類を選び…

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

老舗ものがたり

  1.  

    鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也「くじら餅」と聞いて、皆さんはどんな餅を思い浮かべるだろうか? おそらく「鯨の肉が入った餅」をイメージする方が大半だろうと思う。じつは、くじら餅には鯨肉は含まれていない。米粉、砂糖、くるみを主原料として、製…

  2.  

    夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也和菓子の中でも庶民的なイメージのある串団子。古代から作られていた団子だが、…

  3.  

    日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也日光山内は日光東照宮、二荒山神社、輪王寺からなる聖域だ。世界遺産『二社…

  4.  

    湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也中国発祥の饅頭は、鎌倉時代に中国留学から帰ってきた禅僧によってもた…

  5.  

    肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也日本が戦乱のさなかにあった1543年、種子島に1隻の船が漂着し、日…

  6.  

    來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わらぬ味【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也記紀ゆかりの地、出雲の暴れ川として知られる斐伊川(ひいかわ)。その流域の…

  7.  

    鶴屋の丸房露|大隈重信も激賞した銘菓【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也多くの人が、子供の頃に食べた記憶をもつ「玉子ぼうろ(玉子ボーロ)」。「ぼうろ」と…

  8.  

    藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也浅井長政の信任の厚かった武将・遠藤直経は、姉川の戦いで敗色が濃厚なのを知るや、織…

  9.  

    備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也1620年、徳川家康のいとこであった水野勝成が、福山藩に初代藩主として入府。その…

  10.  

    駄菓子ひとすじ320年!仙台駄菓子の元祖『熊谷屋』の駄菓子【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也伊達政宗が仙台に城下町を築いてから、一世紀近く経た1695年(元禄8年)…

  11.  

    天皇陛下も喜んだ!名古屋『両口屋是清』の銘菓「旅まくら」【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也日本有数の老舗和菓子店として知られる『両口屋是清』。その歴史は江戸の寛永…

  12.  

    函館最古の和菓子店『千秋庵総本家』の名物どらやき【老舗銘菓ものがたり】

         

    文/鈴木拓也北海道函館市で創業した和菓子店として、最も古くからあるのが『千秋庵総本家…

PAGE TOP