新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

使用場面に合わせてショルダー、手提げ、クラッチと3通りに使える、便利な薄型のバッグをご紹介。…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

医学部合格へ向けて直前対策できていますか?センター試験も終わりいよいよ医学部受験がスタートし…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

明智光秀が初めて主人公となる大河ドラマ『麒麟がくる』の放映で、光秀ゆかりの地が注目を集めている。その…

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)軍師――「軍機をつかさどり謀略をめぐらす人」というのが広辞苑…

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

取材・文/鳥海美奈子【その1はこちらです】小山田さんが志向するのは、日本の風土を表現…

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

取材・文/鳥海美奈子「ワイン造りは、農業としての芸術表現だ」山梨県にあるドメ…

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

30代を過ぎると、10代・20代の頃には無縁だった肌トラブルや悩みが出てきます。何歳になって…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

大人の逸品

  1.  

    伊賀焼の片手ポット|伊賀の粗土で作った、多様に使える小さな土鍋

         

    三重県北西部の伊賀の地で盛んな伊賀焼。その起源は約1300年前の奈良時代といわれ、茶の湯が盛んになった桃山時代には、窯元・長谷園のある伊賀の丸柱でも水差しや花入れなどの茶陶が焼かれるようになった。このような伊賀焼の発展の裏に…

  2.  

    鉄打出し炒め鍋「HANAKO」|鉄板を数千回も叩いて仕上げたプロも認める本格炒め鍋

         

    中華料理の名店がひしめく横浜・中華街で料理人たちから圧倒的な支持を集める中華鍋がある。製造を…

  3.  

    津南桐の米びつ|米の鮮度を保つ、新潟津南桐と群馬の職人技

         

    真冬には3m以上もの積雪に覆われる豪雪地帯として有名な新潟県津南地方。その地で育つ桐は、厳し…

  4.  

    十二支のお守り本尊 古美金|高岡銅器の伝統を継ぐ古色の美仏

         

    400年の歴史を持つ銅器の町・高岡。流麗な古代着色の仏像に、鋳物の技術と美が宿る。…

  5.  

    黒柿の念珠ブレスレット|人の目を惹きつける文様は、唯一無二の自然の芸術

         

    柿の木は樹齢100年を超えると、稀に内部に美しい黒の紋様が現れる。これを黒柿と呼ぶ。現れる紋…

  6.  

    こころりん|自然な響きで心和む、癒やしの音色 暮らしに取り入れてリラックス

         

    400年以上前から、富山県高岡市で一大産業として築かれ引き継がれてきた伝統的工芸品、高岡銅器…

  7.  

    ことりん|自然な響きで心和む、癒やしの音色 暮らしに取り入れてリラックス

         

    400年以上前から、富山県高岡市で一大産業として築かれ引き継がれてきた伝統的工芸品、高岡銅器…

  8.  

    糸魚川産翡翠の念珠|甲府の熟練職人が手がける希少な天然翡翠の念珠

         

    古くは玉と呼ばれ、金以上に珍重されてきた翡翠。徳や富、権力が授かる「帝王の石」といわれ、魔除…

  9.  

    高さが変わる座椅子|家具職人と医学者が共同研究した画期的な座椅子

         

    「畳に座ったり、立ち上がったりがつらくなってきた」という世代に朗報。本品は生活シーンに合わせ…

  10.  

    たためるスプリングマットレス フォールドエアー|理想の寝姿勢と通気性を実現 朝の目覚めが驚くほど快適に

         

    健康な毎日を送るためには十分な睡眠時間をとるだけでなく、質のよい睡眠を心がけることがポイント…

  11.  

    ペーパーグラス マットシリーズ|老眼鏡の概念を変えたスタイリッシュな極薄眼鏡

         

    国産眼鏡フレームの95%以上を製造する“眼鏡の聖地”福井県鯖江市。眼鏡工房・西村プレシジョン…

  12.  

    浴室用畳マット「浴座好」|研究20年で完成した理想の畳マット 心地よさは温泉宿でも大評判

         

    イグサの生産地・熊本で畳の原料を卸売りする畳ギャラリィ燈心草は、素材の開発や仕入れを通じて畳…

  13.  

    「うまくいく」岡染めマグカップ|炎が生み出す白き芸術。躍動する青き馬が福を招く

         

    一流ホテルやレストランのみならず、宮内庁や迎賓館でも使われている白磁器専門の高級洋食器メーカ…

  14.  

    プレミアムルームシューズフットローブ婦人用|履いた瞬間ふわっと包み込まれる今までにない極上の履き心地

         

    足の裏は第二の心臓とも呼ばれる重要な器官。だが、そんな足元をぶかぶかの室内履きで過ごし、危う…

  15.  

    プレミアムルームシューズフットローブ紳士用|履いた瞬間ふわっと包み込まれる今までにない極上の履き心地

         

    足の裏は第二の心臓とも呼ばれる重要な器官。だが、そんな足元をぶかぶかの室内履きで過ごし、危う…

  16.  

    高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」|皇室も愛用する、ビニール傘の最高峰

         

    ビニール傘を発明したのはなんと日本の中小企業。雨風から人々を守る安心・頑丈な傘を目指し、…

  17.  

    高級ビニール傘「かて~る16桜」|皇室も愛用する、ビニール傘の最高峰

         

    ビニール傘を発明したのはなんと日本の中小企業。雨風から人々を守る安心・頑丈な傘を目指し、…

  18.  

    紳士の牛革トートバッグ|皇室にも縁のある高級鞄店が技と美意識を結集した、品格あふれるトートバッグ

         

    明治7(1874)年に創業し、古くから銀座の目抜き通りに店舗を構える老舗鞄店「銀座タニザワ」…

  19.  

    鯖江のバングルウォッチ MAKIE|「漆器×眼鏡」作りの職人技が光る高雅な時計

         

    ビッグフェイスの文字盤に描かれた幾何学模様は、矢印、植物の葉、松がモチーフ。いずれもモダンな…

  20.  

    シルバーパールのアクセサリー|厳選された真珠だけが放つ、銀色の清楚なきらめき

         

    「月のしずく」「人魚の涙」などの美しい異名を持ち、世界最古の宝石ともいわれる真珠。その高貴な…

  21.  

    オールタイムサングラス|レンズメーカーの意地が結実した逸品 さりげなく顔に溶け込む透明サングラス

         

    太陽からの紫外線、パソコンやスマホなど、私たちの目は一年中、あふれる光にさらされている。「目…

  22.  

    3wayダレスリュック|機能美あふれる、男のカジュアルバッグの理想形

         

    今日は手軽にトートバッグにするか、それともショルダーバッグか。両手が空くリュックサックも捨て…

  23.  

    消防刺子のハンチング|江戸時代から受け継がれた火消し魂が宿るハンチング帽

         

    かつて、江戸の火消したちは、町にひとたび火事が起こると消防刺子の半纏を身にまとい、水を頭から…

  24.  

    カードをたくさん入れても薄い財布 ブッテーロレザー|こだわりぬいたサライの財布。この薄さは感動もの

         

    増える一方のカード類に対応し、財布も進化しなくては。『サライ』限定特別仕様の財布は、本革製で…

  25.  

    純銀製 招き猫に小判の耳かき|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

         

    叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

  26.  

    銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

         

    叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

  27.  

    牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

         

    来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

  28.  

    倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

         

    奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

  29.  

    炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

         

    昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

  30.  

    絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

         

    萬古焼の老舗窯元・藤総製陶所が13年ほど前から急須を作り始めたのは、代表の藤井健司氏の「おい…

PAGE TOP