新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

姫路産の白いなめし革は、その軽さとしなやかさ、強靭さから戦国武将の馬具や武具に使われていたが…

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

文・写真/ミッチー田中(海外書き人クラブ/ニュージーランド在住ライター)「ニュージーランドといえ…

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

緑内障は高齢になるとともに発症率が高くなり、中途失明の原因の1位です※。 また、かなり進行す…

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

         

    文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内に、このたび新コーナー「大人の逸品 美術館」が開設された。そこに並ぶのは、葛飾北斎、棟方志功、横山大観、川合玉堂、橋本雅邦、雪舟、ゴ…

  2.  

    帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

         

    鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

  3.  

    ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

         

    蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

  4.  

    村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

         

    その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

  5.  

    本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

         

    修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

  6.  

    綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

         

    綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

  7.  

    縞柄綿フラノシャツ|優しい温もりが伝わる大人の休日シャツ

         

    袖に腕を通すと優しい肌ざわり、すぐにほんのりと温もりが伝わってくる。国産の上質な綿フランネル…

  8.  

    ソデール中綿ベスト|袖を出せばジャンパーになる1着2役の防寒ベスト

         

    当品を「ベスト」といってよいものかどうか悩ましい。袖なしの姿は紛うことなくベストなのであるが…

  9.  

    阿波しじら織のスリッパ|柔らかく足が包まれるような至福の室内履き

         

    「バブーシュ」とは、アフリカ・モロッコの伝統的な履物の名である。かかとを踏んで履くことが多く…

  10.  

    純銅おろし器|瑞々しい大根おろしが素早くできる

         

    鍋物の季節が到来。好みのタレに薬味とたっぷりの大根おろしを入れ、水炊きの煮えるのを待つのは至…

  11.  

    1~2泊の旅にぴったりの使いやすい3WAYトラベルバッグ

         

    1~2泊の旅にぴったりなサイズの3ウェイバッグをご紹介。製造元は、街歩きバッグやトラベルバッ…

  12.  

    南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

         

    昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

  13.  

    純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

         

    酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

  14.  

    籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

         

    どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

  15.  

    多機能らくあきワンタックチノパンツ|ゆったりはけて動きやすい“深めポケット”が充実

         

    深い股上で、ゆったりとしたはき心地のチノパンツ。注目すべきは、パンツの両脇に付いている深めの…

  16.  

    けやきの薬箱|薬の量が増えても安心、1週間分を仕分けて収納

         

    1週間分の薬を朝、昼、夕に仕分けて収納ができる木製の薬箱である。引き出しは、上から曜日シール…

  17.  

    壺渋染めショルダーバッグ|柿渋の染料で染めた使い勝手のよい小型鞄

         

    外出時にかさばらない小型のショルダーバッグが人気を集める。本品は、サライ世代のために開発した…

  18.  

    デニムのロールアップ袖作務衣|作業時に袖が邪魔にならないデニムの作務衣

         

    作務衣も生地や色にバリエーションが増え、選ぶ楽しみが加わってきた。ここで紹介するのは、軽快な…

  19.  

    京都・西陣織の2色リンクルカラー|軽い装着感で外出のおしゃれが決まる

         

    当販売部でも多くの読者に支持されている「リンクルカラー」の新色が届いた。京都・西陣で、昭和6…

  20.  

    総桜皮の茶筒|ヤマザクラの樹皮で作った「樺細工」の名品

         

    みちのくの小京都と呼ばれる、秋田県の角館は、ヤマザクラの樹皮を用いる伝統工芸「樺細工」が盛ん…

  21.  

    萬古焼の蓋のない急須|とっておきの茶葉のうま味を最大限に引き出す

         

    上等の茶葉は、少し温めの湯で淹れるとうま味と甘みが増す。とっておきのお茶を静かに愉しむために…

  22.  

    富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

         

    金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

  23.  

    たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

         

    動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

  24.  

    かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

         

    「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

  25.  

    ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

         

    軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

  26.  

    べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

         

    伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

  27.  

    プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

         

    寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

  28.  

    リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

         

    帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

  29.  

    手のひらサイズのミニウォレット|小さなサイズに機能を凝縮した街歩き財布

         

    札入れのほかに、ひとつ持っておくと重宝するのがミニウォレットだ。かさばらず、ズボンのポケット…

  30.  

    総桐のスリム米びつ|最適な湿度で米を保管、省スペースで置きやすい

         

    新米の季節が近づいてきた。おいしいご飯を食べるために、米びつを見直してみたい。紹介す…

PAGE TOP