新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

取材・文/末原美裕間もなく史上初の10連休という長いゴールデンウィーク(以下GW)が…

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

文/一乗谷かおり 災害時、どう愛猫を守るか昨年7月の西日本豪雨の際にはインターネット…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

         

    軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の外出をサポートする数々の機能が備えられている。大きく開くマチ付きの開口部が特徴で、収納が一目で分かり、取り出しやすい。折りたたみ傘や…

  2.  

    べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

         

    伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

  3.  

    プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

         

    寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

  4.  

    リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

         

    帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

  5.  

    手のひらサイズのミニウォレット|小さなサイズに機能を凝縮した街歩き財布

         

    札入れのほかに、ひとつ持っておくと重宝するのがミニウォレットだ。かさばらず、ズボンのポケット…

  6.  

    総桐のスリム米びつ|最適な湿度で米を保管、省スペースで置きやすい

         

    新米の季節が近づいてきた。おいしいご飯を食べるために、米びつを見直してみたい。紹介す…

  7.  

    岡山デニムのフラップショルダーバッグ|日帰り旅行にも活躍する万能バッグ

         

    国産ジーンズ発祥の地、定評のある岡山県産のデニムを使ったシンプルな作り。本誌『サライ』(ほぼ…

  8.  

    脱げにくいストレッチサンダル|伸縮するベルトで足とサンダルが見事に一体化

         

    大阪の食いだおれ、京都の着だおれ、そして神戸は履きだおれと呼ばれる。そんな靴の街から、なんと…

  9.  

    スペイン製シーグラスハット|通気性がよく涼しい!天然素材で編み上げた夏の帽子

         

    草の匂いがほのかに漂うシーグラス(い草に似た水草の一種)で編み上げたスペイン製のハットである…

  10.  

    川上澄生の木版画トランプ|東西の情景を小粋に描いた木版トランプの名作を復刻

         

    木版画家の川上澄生(1895~1972)が、昭和14年に制作した「とらむぷ繪」をそのままトラ…

  11.  

    阿波しじら織半袖シャツ|伝統の織物で仕立てた着心地軽やかな夏のシャツ

         

    風通しがよく、肌にべとつかず涼しい着心地が持続する。これぞ「夏シャツ」といえる快適な逸品だ。…

  12.  

    左官職人が考えた小さな野菜蔵|野菜のおいしさが長持ちする土壁の収納箱

         

    土蔵に入ると、夏でもひんやりとした空気に包まれる。土壁は、温度だけでなく湿度の吸放出性に優れ…

  13.  

    9号帆布の2ウェイサコッシュ|絶妙な大きさで旅のサブバッグにもぴったりの鞄

         

    ちょっとした外出にちょうどよい小型バッグをお探しの方に、ぜひお使いいただきたい“サコッシュ”…

  14.  

    アクティブストレッチボード|毎日乗るだけで硬くなった全身の筋肉が伸びほぐれる

         

    加齢とともに、筋肉から柔軟さが失われていく。なんとかしようとストレッチ運動を始めるも、毎日続…

  15.  

    黒柿のブックカバー|柔軟で丈夫で美しい、木目の美しい愛読書カバー

         

    ブックカバーは数あれど、木製の品は珍しい。素材の「黒柿」は、木目の美しさで珍重される貴重な木…

  16.  

    擦りスリ小町|素材が詰まらず食卓に映える、溝のないすり鉢

         

    昔ながらの調理器具にも「変革」は起きている。このすり鉢もそのひとつ。通常、すり鉢には縦方向に…

  17.  

    綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

         

    快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

  18.  

    墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

         

    水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

  19.  

    サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

         

    魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

  20.  

    大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

         

    デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

  21.  

    綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

         

    庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

  22.  

    ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル

         

    玉を連ねたようなパズルピースの形は、全部で12種類(12色)。それらをパズルボードに並べてい…

  23.  

    亀田縞サマーベスト|伝統の縞柄で丁寧に仕立てた着心地よい和風ベスト

         

    亀田縞は、今の新潟市江南区亀田に伝わる綿織物の名である。江戸時代から有数の産地として栄えたが…

  24.  

    京念珠「延寿」|掌にきれいに収まる木目の美しい念珠

         

    法要に欠かせない念珠(数珠)を、本誌オリジナルのセットでお届けする。京都の老舗念珠店が、茶水…

  25.  

    置型風鈴「涼の音」|清水焼が奏でる涼やかな音色が心地よい自立型の風鈴

         

    窓から入るそよ風を受け、涼やかな音色を奏でる。余韻は少ないが、玉のようなコロコロとした音色が心地よい…

  26.  

    妖しくも美しき画家・金子國義の「モナリザ」は猫を抱いた謎の少女像

         

    文/編集部書籍や雑誌やレコードの装画で、駅張りのポスターで、きっとどこかで見たことがあるだろ…

  27.  

    袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

         

    これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

  28.  

    牛革ショルダーバッグ|熟練の鞄職人が作ったちょうどいいサイズの本革バッグ

         

    日本の鞄の一大産地、兵庫県豊岡市から、街歩きにちょうどいい革製ショルダーが届いた。製造元のウ…

  29.  

    市松柄の雪駄|底にコルクを使った軽く履き心地のよい雪駄

         

    夏祭りの浴衣姿などに合う雪駄は、サライ世代なら既にお持ちかもしれない。その履き心地はいかがだ…

  30.  

    シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

         

    旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

PAGE TOP