『水仙』額装

植物学者・牧野富太郎に通ずる鑑識眼をもち、名もなき植物を描き続けた孤高の日本画家を知る

牧野富太郎と堀文子。生きた時代も背景も異なるふたりだが、実は「植物」と「ホルトノキ」で繋がっていた。手記や植物図譜、絵画を通して、共通する思いを探る。

軽井沢(長野県)の林で、スケッチ中の堀文子さん(82歳頃)。堀さんは「見れば見るほど不思議だ」と草花を好んでスケッチした。
協力/一般財団法人堀文子記念館
写真/飯島幸永

牧野富太郎が調査したホルトノキを堀文子が守り通した

4年前、100歳で亡くなるまで『サライ』で画と文による「命といふもの」の連載を続けた日本画家の堀文子さん。
最晩年を過ごした大磯(神奈川県)のアトリエには、堀さんが読み込んでいた『原色牧野植物大図鑑』が置かれる。
その著者こそ、「日本の植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎(1862~1957)。NHKの連続テレビ小説『らんまん』の主人公のモデルとなった人物である。
牧野は、植物学者であると同時に、「植物画家」の顔も持っていた。その観察力と描写の緻密さは、牧野の植物図鑑の質を上げている。

東京帝国大学理学部植物学教室助手時代の牧野。右の棚は、植物標本で溢れている。大磯をはじめ各地の採集会に積極的に出かけた。
写真/小石川植物園

堀さんは、牧野の生き方を尊敬していたという。生涯を植物に捧げ、植物を観察し続けた「牧野の目」は、同じく植物を描き続けた堀さんの目に重なる。
絵画制作の下絵にするため、枯れ葉などを集めては紙に貼り、自分流の「植物図譜」を作っていた堀さんの姿は、まさに植物標本を作る牧野そのものだ。

堀さんはさまざまな枯れ葉を集めては、紙に貼り付け絵の構図とした。虫食いの穴は、神が生み出した芸術作品だと常々口にしたという。これが堀さんにとっての「植物図譜」なのだろう。

堀文子と牧野富太郎。ふたりを結びつけているのは、それだけではない。堀さんはアトリエの前に立つ古木ホルトノキ(※)が伐られそうになった際、土地を購入することで救った。実はこの木を、54歳の頃の牧野が採集に来ているのだ。日記に書かれた「高麗山」はホルトノキの辺りの地名で、元は徳川家敷があったという。
大磯のホルトノキで、ふたりは繋がっていたのである。

※千葉県以西の本州、四国、九州および沖縄に分布する常緑樹。

堀さんのアトリエに立つ、樹高20mのホルトノキ。樹齢300年のこの古木を守るため、堀さんは多額の借金をして敷地を購入した。大磯町指定史跡名勝天然記念物。
撮影/高橋 曻
牧野富太郎の日記(大正5年4月16日)に、「横浜植物会、大磯行/徳川邸ヨリ高麗山行」とある。
写真/大磯町郷土資料館
所蔵/高知県立牧野植物園
この時採取した植物一覧には「ホルトノキ」の名が。当時の標本が残る。
写真/東京都立大学・牧野標本館

雑草の美しさ

「雑草という草はない」
牧野が残したとされる言葉だ。
「どんな草にだって、ちゃんと名前がついている」というのが理由だった。
堀さんなら、さらにこう付け加えるに違いない。雑草それぞれに、美しさがある、と。
踏みつけられても、雨風に打たれても、なお堂々と生き抜く雑草に、堀さんは感動し、その姿をたたえるべく、絵に残した。

秋は、植物にとっての晩年だ。葉は枯れ落ち、終わりを待つ。だが堀さんはここに、命を燃やす輝きを見つけ、筆をとった。『華やぐ終焉』2004年、49.8×64.2cm。韮崎大村美術館蔵
牧野の植物図鑑を思わせる、精緻な植物のスケッチ。堀さんは、自身の感動を真っ先にスケッチで写し取った。スケッチ帳は、堀さんが心を動かされた記録ともいえる。

牧野富太郎も、堀文子も、植物の生き様に心打たれたともいえる。
《自己主張や、自己表現ではない絵を描きたい、気に入った植物や美しいと思う風景があれば、ただそれに近づくためだけに絵を描きたい》(『私流に現在を生きる』)
ふたりはただひたすらに植物と向き合ったのだった。

堀文子 略年譜

珠玉の植物画作品を版画としてお手元に

堀さんは、まるで植物学者のように植物を観察することから始め、どこから枝が出ているのかなどを見極めた。枝一本の曲がり具合の違いや、名もなき草花の花弁の形を絵に残そうとしたのだ。
版画として蘇った『ふしぐろせんのう』や『桔梗』などの植物画も、そのようにして生まれた。
《自然を師として学んだ私の絵は、人に見せるためでなく、刻々に移ろう命の不思議を描きとめたい一心から生まれたものです。その瞬間、瞬間の感動と私との一騎打ちの痕跡でしかありません》(『ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ』)
植物画は、堀さんの感動の痕跡なのである。

堀文子 名作版画『水仙』額装

「水仙の葉が、剣のように鋭くとがらず、しとやかな姿である」ことに、堀さんは感動した。決して威張らず、それでいて気品がある、水仙の特徴が葉にも出ていると堀さんは思った。

堀文子 名作版画
『水仙』額装

ナカジマアート(日本)
11万3300円(税込み)
画寸(縦×横)38.5×28.0cm
額寸(縦×横)59.8×48.8cm
用紙 ベランアルシュ
版数 26版26色
●額はアクリル。吊り下げ紐付属。日本製。
●あわせ買い不可
●特別送料900円

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店