新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

  1. ありそうでなかった!肉も野菜も極旨に焼き上がる「極厚鉄板」

    ステーキを焼くとき、自宅やバーベキューとステーキハウスなどのプロとの大きな違いは、鉄板の“厚さ”だ。この鉄板の厚さは9mm。ずっしり重いが、予熱を長めにして十分に鉄板を熱し、肉の表面を瞬時に焼き締めることで、外側はカリッと香…

  2. 両手が使えるメガネ型ルーペのロングセラー!「ハズキルーペ ラージ」

    両手が使える、メガネ型のルーペのロングセラーである。読書時や細かな作業をするときにこれをかけ…

  3. 刃の形状に秘訣あり!押しても引いてもよく切れる富田刃物の「波刃ナイフ」

    パン切りナイフなどによく使われるのが「波刃」である。通常、波刃ナイフの場合は、刃の付け具合に…

  4. 京都・大徳寺聚光院監修の作務衣が登場!実際に同寺院でも使われる逸品

    サライ世代に人気の作務衣は、元々は禅寺の修行僧が着た日用の作業着に由来する。作業着であれば、…

  5. 四季折々に姿を変える極小の庭園!ちょこっと盆栽「ちょこぼん ウェーブ」

    盆栽とは「盆」(鉢)と「栽」(植物)が一体となった状態を指す。ここにご紹介するのは、その名も…

  6. 外出先で疲れたときに便利!杖から椅子へワンタッチで変身する「Ta-Daチェア」

  7. 暮らしに合わせた丁度いいサイズのグリルパン!及源鋳造の「焼き焼きグリル スリム」

  8. 極薄の本革で仕立てた超軽量の旅行バッグ!「荷物を入れても軽い牛革ボストンバッグ」

  9. 京友禅の彫刻師が彫り上げた本革の携帯電話入れ!西村友禅彫刻店の「携帯マルチケース」

  10. ネクタイの名産地でうまれた紳士傘!槙田商店の「先染織物の長傘Tie」

  11. 消臭効果が永続する驚きの新素材タオル!今治産の「消臭バスタオル」

  12. 豪雪地帯の知恵が生みだした快適素材のシーツ!水田の「小千谷縮の雪晒しシーツ」

  13. 秀逸な発想と構造が人気の木製折り畳みベッド!中居木工の「折り畳めるヒノキすのこベッド」

  14. 木のよさを実感できる簡素で頑丈な踏み台!豊岡クラフトの「美しい踏み台」

  15. 革新的な技術が実現させた北欧の巨匠による曲線美!天童木工のハイバックチェア

  16. 歴史ある下駄作りの技が生きるモダンな履き物!うらつか工房の「日田杉のウッドスリッパ」

  17. 雨の日でも快適に歩ける新定番シューズ!アサヒの防水シューズ「トップドライ」

  18. 酒の味もまろやかになる純錫・手成形のぐい呑み!能作の「錫のぐい呑み」

  19. 高度な職人技が求められる精巧な磁器の酒器セット!清山の「Ri・ピート」と「キーポグラス」

  20. 異なる技法で焼かれた2つのビール専用カップ!五郎辺衛窯の「備前焼ビアカップ」

  21. 国際会議で世界の首脳を驚かせた金属加工技術の粋!真空二重チタンのタンブラー

  22. 精巧の限界に挑んだ木の器!飯椀から小皿まで全ての食器がぴったり重なる「欅ひとりぶん」

  23. 程よい長さと縁の薄さで愛される木の匙!おかや木芸の「欅のカレースプーン」

  24. 木地職人の至芸「ねじ挽き」で作られた二段茶筒!浅田漆器工芸の「二段茶筒」

  25. 作り手の技の跡が味わえる清楚な磁器の片口!長谷川武雄さんの「白磁の片口ボウル」

  26. 煮る、蒸す、焼くが全部できる一器多様な伊賀の土鍋!長谷園の「ビストロ蒸し鍋」

  27. 土や潮の香りがしてきそうな野趣あふれる小刀!ふくべ鍛冶の「能登マキリ」

  28. 専用包丁三本分の働きを一本でこなす万能包丁!トヨクニの「男の三徳包丁」

  29. 南部鉄器の老舗が作った魚がおいしく焼けるグリル!及源鋳造の「焼き焼きグリル」

  30. 奥州藤原氏ゆかりの質実剛健な美しい鋳物!水沢鍛造工芸社の「鉄瓶」

PAGE TOP