サライ.jp

ゴールドパールのアクセサリー

上からピアスセット、イヤリングセット

今や各国で行われている真珠の養殖だが、世界で初めて産業化に成功したのは日本だった。明治26(1893)年に御木本幸吉が半円真珠の養殖に成功し、その後アコヤ貝による養殖法を創出、三重県の英虞湾を中心に発達した。

そんな“真珠のふるさと”三重県では、今も真珠の養殖が盛んだ。

日本産の真珠は世界的にも高い評価を受けているが、特にアコヤ貝から採る「アコヤ真珠(和玉)」は、日本が世界に誇る最高の真珠だ。そしてごく稀に、ゴールドパールと呼ばれる黄金色の真珠が採れる。白蝶貝から採る外国産の「南洋真珠」からもゴールドパールは多く産出するが、世界に出回っているゴールドパールの大半は人工染色。国産のゴールドパールとなれば、なおのこと人工染色が多い。

そんな産出量が極めて少ない和玉の自然発色ゴールドパールを、20年前から集めてきたのが、志摩市にある滝田真珠。ようやくアクセサリーにするまでの数になり製品化されたのが本品だ。

南洋産に比べて粒が小さいものの、落ち着いた控えめな色合いが特徴である。自然発色特有の淡い黄金色は、正装・略装どちらにも合う。

ゴールドパールのアクセサリー

派手な南洋真珠に比べて小粒で落ち着いた黄金色なので、ふだん使いにもおすすめ。

【今日の逸品】
ゴールドパールのアクセサリー

滝田真珠
42,120円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア