新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

粋なリンクルストール|男の襟元を彩る軽やかなシルクの首巻き

粋なリンクルストール

左からブラウン×ベージュ、エンジ×うすグレー、ブルー×サックス
本誌オリジナルカラー。製造元の「財木」は昭和6年創業。伝統を活かしながら斬新な製品を発表、高級ネクタイの織元としても知られる。

一足早く春を感じる、軽やかな絹のストールである。織元の「財木」は、高級絹織物の産地として名高い京都・西陣の老舗。今回は、本誌オリジナルの新色を織り上げてもらった。

西陣の伝統技法に「風通織り」がある。これは表と裏を2層に織ることで独特の紋様を浮き出させるもの。その2層に合わせた生地に伸縮糸を織り交ぜることで、独自のシワが生まれる。品名の「リンクル」とはシワ加工のことだ。

そのリンクルの肌ざわりが、なんとも心地よい。保湿性と保温性を兼ね備え、着けた瞬間に温かさが伝わる。もとより絹織物であれば、滑らかな着用感が身上だ。絹は蒸れにくいので、年中使えるのも嬉しい。夏場は、乗り物内で冷房よけとしても活躍してくれる。

ストールは真ん中で色分けされたツートーンになっているので、無造作に巻いても意外な色の変化が楽しめる。外出時の彩りとして、一枚持っておけば役立つだろう。

粋なリンクルストール

肌ざわりよく、外出時の襟元を演出してくれる。絹は吸湿性に優れるので、汗をかいてもベトつきにくい。

商品名/粋なリンクルストール
メーカー名/『サライ』×財木(日本)
価 格(消費税8%込み)/7,992円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に
  2. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セ…
  3. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  4. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  5. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
PAGE TOP