新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

粋なリンクルストール|男の襟元を彩る軽やかなシルクの首巻き

粋なリンクルストール

左からブラウン×ベージュ、エンジ×うすグレー、ブルー×サックス
本誌オリジナルカラー。製造元の「財木」は昭和6年創業。伝統を活かしながら斬新な製品を発表、高級ネクタイの織元としても知られる。

一足早く春を感じる、軽やかな絹のストールである。織元の「財木」は、高級絹織物の産地として名高い京都・西陣の老舗。今回は、本誌オリジナルの新色を織り上げてもらった。

西陣の伝統技法に「風通織り」がある。これは表と裏を2層に織ることで独特の紋様を浮き出させるもの。その2層に合わせた生地に伸縮糸を織り交ぜることで、独自のシワが生まれる。品名の「リンクル」とはシワ加工のことだ。

そのリンクルの肌ざわりが、なんとも心地よい。保湿性と保温性を兼ね備え、着けた瞬間に温かさが伝わる。もとより絹織物であれば、滑らかな着用感が身上だ。絹は蒸れにくいので、年中使えるのも嬉しい。夏場は、乗り物内で冷房よけとしても活躍してくれる。

ストールは真ん中で色分けされたツートーンになっているので、無造作に巻いても意外な色の変化が楽しめる。外出時の彩りとして、一枚持っておけば役立つだろう。

粋なリンクルストール

肌ざわりよく、外出時の襟元を演出してくれる。絹は吸湿性に優れるので、汗をかいてもベトつきにくい。

商品名/粋なリンクルストール
メーカー名/『サライ』×財木(日本)
価 格(消費税8%込み)/7,992円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き…
  2. 純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃
  3. 籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ…
  4. 多機能らくあきワンタックチノパンツ|ゆったりはけて動きやすい“深…
  5. けやきの薬箱|薬の量が増えても安心、1週間分を仕分けて収納
PAGE TOP