新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

粋なリンクルストール|男の襟元を彩る軽やかなシルクの首巻き

粋なリンクルストール

左からブラウン×ベージュ、エンジ×うすグレー、ブルー×サックス
本誌オリジナルカラー。製造元の「財木」は昭和6年創業。伝統を活かしながら斬新な製品を発表、高級ネクタイの織元としても知られる。

一足早く春を感じる、軽やかな絹のストールである。織元の「財木」は、高級絹織物の産地として名高い京都・西陣の老舗。今回は、本誌オリジナルの新色を織り上げてもらった。

西陣の伝統技法に「風通織り」がある。これは表と裏を2層に織ることで独特の紋様を浮き出させるもの。その2層に合わせた生地に伸縮糸を織り交ぜることで、独自のシワが生まれる。品名の「リンクル」とはシワ加工のことだ。

そのリンクルの肌ざわりが、なんとも心地よい。保湿性と保温性を兼ね備え、着けた瞬間に温かさが伝わる。もとより絹織物であれば、滑らかな着用感が身上だ。絹は蒸れにくいので、年中使えるのも嬉しい。夏場は、乗り物内で冷房よけとしても活躍してくれる。

ストールは真ん中で色分けされたツートーンになっているので、無造作に巻いても意外な色の変化が楽しめる。外出時の彩りとして、一枚持っておけば役立つだろう。

粋なリンクルストール

肌ざわりよく、外出時の襟元を演出してくれる。絹は吸湿性に優れるので、汗をかいてもベトつきにくい。

商品名/粋なリンクルストール
メーカー名/『サライ』×財木(日本)
価 格(消費税8%込み)/7,992円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP