新着記事

ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承する菓子職人 素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 胸がきゅんとした!素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう! オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

リネン使いのグラデーション中折れハット

左からブルー系、チャコール系
創業は昭和2年(1927)の老舗帽子メーカー製。色のグラデーション(濃淡)が涼しい雰囲気を演出する。

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った帽子を選ぶのは愉しい。

さて、今回お届けするのはリネン(亜麻)を使い、シャリシャリの感触が心地よい中折れ帽である。編み目が美しい鹿の子編みの仕上げで、外光を遮りながら通気性に富み、快適な被り心地が持続する。

型崩れしにくく復元性がある。短時間であれば折りたたんで収納ができるので、不要なときにかさばらない。

リネン使いのグラデーション中折れハット

シャツやジャケットにも合う、小粋な夏用ハット。

【今日の逸品】
リネン使いのグラデーション中折れハット

ドン ベルモード(日本)
10,800円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポッ…
  2. 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニ…
  3. 鯖江のバングルウォッチ|眼鏡職人と漆器職人が作った驚きの時計
  4. クロコダイルレザーの財布|日本の老舗革工房謹製の高級鰐革財布
  5. WAZABIコレクション 市松2WAYバッグ|絶妙な凹凸感が美し…
PAGE TOP