新着記事

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

総桜皮の茶筒|ヤマザクラの樹皮で作った「樺細工」の名品

総桜皮茶筒

左から大、中
中蓋、外蓋ともに気密性を高めた精緻な作り。

みちのくの小京都と呼ばれる、秋田県の角館は、ヤマザクラの樹皮を用いる伝統工芸「樺細工」が盛んな土地。その技法は18世紀末に角館に伝えられ、今日まで技術が継承されてきた。

その代表格が樺細工の茶筒だ。この品は筒の表面はもとより、内側から蓋までヤマザクラの樹皮で作った「総皮づくり」の名品である。ヤマザクラは適度な通気性により、湿気を防ぎながら過度な乾燥も防ぐ。実用と美しさを兼ね備えた一生ものの工芸品である。

総桜皮茶筒

木型を使い、薄く削った樹皮に熱したコテを押しつけて根気よく貼り付けていく。「樺細工」は秋田県だけに残る工芸品である。

【今日の逸品】
総桜皮茶筒

冨岡商店(日本)
9,180円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの…
  2. 帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッ…
  3. ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル
  4. 本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”…
  5. 綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣
PAGE TOP